霊能者シリーズ・13・なんでこうなるの↗

<前回から続く>

前回は
霊能者に助けられたお話をすると、
言っていたのに、いつのまにか

霊的にセクシーな人の話に行ってしまった。

 

相変わらず、突然つまずいたり
Uターンしたりと、

行き先がわからないまま
ブログを書いています。

 

最近クライアントさんにアスペルガーが
ちょろっと入っちゃったかも・・・風な
脳みその人が増えていますが、

人の行動を見て、初めて
「私も、もしや・・・近い?」って

感じ出している今日この頃です。

 

まぁ、いいっか!!

っと、開き直るわたし。

 

え~と

 

(気にしない気にしない)

 

さて、話が逸れないうちに、
霊能者に助けられた話だったわね!

このストーリーでは、「助けられた話」
まで行きつくのに、

結構長くなるかも・・、です。

***********

 

ヒーリングスクールで、中国に行く話が
浮上しました。

何故に中国?

それは、アロマの販売会社、
タイムメリディアンという会社の社長
による人脈の流れで、

中国の大連という市に行くことに
なったのです。

 

大連

 

 

ヒーリングスクールのアロママッサージ
を大連の病院に取り入れて貰える
プロデュースがなされたのと、

あるアメリカ人の先生をお呼びして、
心理学の勉強をするプログラムが
組まれました。

ですから今回の中国の旅は、

大連の中でも一番大きい病院で
そのプロジェクトが発展するかどうか
の大事なイベントでした。

ヒーリングスクールのメンバーは、
20~30人位だったでしょうか、

結構大人数で中国に行くことに
なりました。

私はと言うと、面倒くさがり屋な
ものだから、

中国に行くなんて面どっちい事は
したくはありません。

そもそも、寒いところは嫌いだしね。

その時の私はアシスタントはしていな
かったので、いち生徒でした。

つまり立場上は、
行くも行かぬも問題ありませんでした。

だから、私は行かないことに決めて
いた。

だけど~、私の同期のYちゃんが、
やけに誘うんです。

私は「絶対に行きたくないから
行かないからね!と、
Yちゃんに何度も言っているのに、

何が何でも
行かせようとする雰囲気。

「那旺ちゃん、なんで行かないの?」

「那旺ちゃん行かないとつまんない。」

「みんな行くんだから、那旺ちゃんも
行かなきゃダメだよ!」

っと、顔を見れば言ってくる。

 

私は、「どうせ行ったってロクな事
無い気がするから、嫌だ!」

っと、やけに抵抗し、
かたくなに断っていた。

Yちゃんはいつもさっぱりしている
子なのに、

「しつこいな~」と思っていたら、

あとで分かった事だが、
真面目で優しいYちゃんは、

私を中国に行かせる様に、
先生に頼まれていたので、
一生懸命だったのだ。

結局、仲良しのYちゃんの頼みを
断りきれず、大連に行くことを承諾
してしまった。

ここからが、

も~~大変なストーリーに
巻き込まれていく序章になったのだ。

あ~~~~あ真っ青

 なんでこ~なるの

 

キムヨナ

逆・欽ちゃん

なんでこうなるの

逆・キムヨナ

陰陽のバランス、バッチリっす。

 

<続く>