霊能者シリーズの私の迷い(中国大連事件)⑨


 

<前回から続く>

クライアントさん:
「那旺先生!私は霊さん達にこんな
提案をしたんです。」
と話してくれた。

クライアントさん:
「提案って、こんな感じね!」

     ⇩
 
「那旺さんの乗っていたバスに
乗り損ねてしまい、
日本に帰って来れなかった皆さんに
私が今からお声掛けを致します。

どうぞ某の港にお集まり下さい。
港は、3つ用意してありますから、
お好きな港を選んでお集まり下さい。
私がお迎えに参りま〜す」
images


と募ったそうだ。

成る程、彼女らしい
気の利いた提案だと思った。
クライアントさん:
「そうしたらね!
びっくりなんです。
那旺先生聞いて下さいよ。
 
3つの港のうち、
最初の港に行ってみたら(意識だけでですよ)、
 
そりゃぁも〜、凄い人数で黒山の人だかり。
 
数えられる人数じゃないんです。」
 
私:
「へー、そんなに多人数だったんだ。
 
だから、バスに全員乗り切れなかった
んだね。かわいそうに顔
よく考えてみると、
戦後から居残り組になった霊達は、
じっ〜と助けを待ち続け、
これからどう生きていったらいいか
 (実は肉体は亡くなっているけど、
魂は生きているのだ)
分からなくなっていたと思うのよ。
Unknown
(猫バス、満員です〜。)
そンな時、私達のバスがやって来て、
やっと故郷に帰れると思ったのに、
そのバスに乗り損ねちゃった顔真っ青時は
 どんなに口惜しかっただろう。
今更ながら改めて気付いたのでした。
日本へ戻ってから、
ヒーリングスクールのヒーラー達の
殆どが、
友人だった霊能者から浄霊を受けて、
 元気を取り戻したのですが、
霊能者は、中国に残してきた霊達の
存在に気付かなかったのだろうか?
改めて疑問がわいてきた。
気付いても気がつかないフリをしたの?
ボランティアなんてお金にならない
から無視したの?
それとも、自分の力では到底浄霊は
無理と判断したのかしら?
あくまでも私の想像だが、
彼は気が付いていたのだと思う。そんな気がする。
その後、1年くらい経ってから、
霊能者は私から自然に離れて行った。
そして、ついにはテレビ
ワイドショーで  世間を騒がせして、
警察のお縄になってしまったのだ。
霊能力を色と名誉欲とお金と引き換えに
した結果なのかな〜。
さて、話を戻らにゃなりませぬ。
霊能者シリーズでも書いた様に、
野ションからバスに戻り、
私の隣の席の女性が霊に
乗っ取られて直ぐに、
ヒーリングスクールの先生は、
バスの窓に張り付いて覗いている
霊達の数に驚き、
「みんな、カーテンを直ぐに閉めなさい。
目を見てはいけない!」
と叫んでいました。
その緊張感と言ったら、まるで
バスジャックにあった様でした。
あの時、窓の外にいた霊達と目を
合わせていたら、私たちは
いったいどうなっちゃったんだろうか?
隣の席のSさんの様に、
出すものもなくなる程の嘔吐を起こし、
医者も手が付けられないほど衰弱した
ヒーラーが続出していたかもしれません。
そうなったら私一人では対応出来
なかっただろう。
私達の実力では、
あれくらいで(バスで逃げるのが)
精一杯だったのだ。
<もう少しだけ続いちゃいます>