霊能者シリーズ⑨私、失敗作?

 <前回から続く>

新しい住まいは、着実に
エネルギーに敏感な先生にとって
居心地が良い環境を

セッティングできました。

後は、私のヒーリングのやり直し
だけですね!

 

わっふぉ~楽しみっす。

スクールに入って、3年位経った頃、

どうも、
私だけヒーリングに失敗している
との話を聞いて、

 

だから、変わらないのか。

 

ちぇっ! しゃあね~な~。

 

そのうちタイミングをみて、やり直して
くれることに決まりました。

 

そもそも、何百人もの生徒をヒーリング
して、私だけ失敗したって、どうよ

本当に名誉なことだわ。

超、恥ずかしい

 

そして、やっと約束の時が来たの
でした。

うれちぃ。うっふん

 

薄明かりの中、

 

先生の長い指が、

 

私のアソコを、あ~~~ん。


(今回も悶えるおつもりっすか?)

 

 

アソコの正解は・後頭部からで~す。

 

 

生徒さんがヒーリングされているのを
見ていると、

皆さんリラックスされて
殆どの方が意識を失っています。

 

私もそうなりたいが、
何故に緊張するのか

 

要するに、気を使っちゃうのか、
退屈なのか

その両方でございます。

 

1時間ほどした頃でした。

 

先生が突然・・・。

 

先生:「ゴメン!那旺ちゃん、
やっぱり無理
だわ。私には出来ない。。」

って。

私:「先生、なんで?なんでなの?」

 

先生:「何だか分からないけど、
出来ないの。このまま続けてたら、
私、死んじゃう」

 

私:「えっ!そんなことってあるの?
何が因果でそうなるの?」 

 

先生:「那旺ちゃんの転生は余りにも
多くて、こんなに多くの転生をして
来た人は見たことがないの」 

 

私:「ちゅうことは、私があまりにも
カルマが多すぎて、手に余るっちゅう
ことですか?」

 

先生:「そうとも言える。
悪いけど、他の人を探してくれる?
それとも、自分でやるしかないんじゃ
ないかな?」 

 

ショックなあまり、

しーーーーーーーん

です、わたし。

 

誰が、私を方向づけてくれる人なの?

誰が、私を癒してくれるの?

誰が私にパワーを授けてくれるの?

 

でも、これ以上先生にお願いする
ことは出来ないことが、

その後ハッキリわかりました。

その後、先生は夜中じゅう、
咳き込んでいました。

先生、ごめんなさい。

頑張ってくれたんやろ

しょぼん遠くを見る

 

(たそがれて・遠くを観る眼のはかなさよ)

 

一句できました~先生!

 

 

あ~~~あ。。

 

 

<目的を少し失いかけている・
私ですぅ・続く>