エネルギーが作用する現実

先ずは大前提に、 
あるもの、ないもの、見えるもの、見えないもの、
全てに、エネルギーが存在しています。

つまり、この宇宙には、エネルギーが存在しない空間や次元は、
無いと言う事です。

それが、見えなくても、感じなくも、
全ての空間・次元に、エネルギーは充満しています。

私達はバイブレーションで出来ていて、その波動にも包まれています。

ですから、全員がこのエネルギーをもらいつつ、それを集めてきて、
何らかの現実を作り出しているのだ。

人間は誰一人とも、漏れなく、このエネルギーを使いながら、
エネルギーを変化させて現実を作っている訳なのね。

でも、このことを意識している人がとても少ないのが事実です。

前フリが、堅い話になってしまい、これじゃぁ分かりづらいかな!

つまり、意識しようが意識しなかろうが、思ったことは現実になる
可能性を秘めています。
それが、ネガティブであろうとポジティブであろうと…。

ただ、通常の人が、ちょっと思うくらい程度だとまだ現実は遠いかもしれない。

ちょっこと、思っているうちは、気体がポワン温泉と、
湯気が浮いている様な状態です。
しかし、無意識でも、しつこく思い続けていると、かなり密度の濃い気体に
なっていきます。

しかし、その「思い」から、言葉に出したりすると、気体は液体に変わり、
何回もその思いを言葉にすると、
粘液上のコールタールみたいな液体に変化します。

こうやって思考と言葉が積み重なってくると、
着々と現実のが作られていきます。

最終的には固体となって、映画が上映されるがごとくに、
現実が目の前に現れます。目

続く

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す