私に影響を与えた人⑤

 

自分を知るなら、ルーツを知れ!

 

セッションをしていると、
今悩ませている問題の原因は、
親との関係性を見ない事には、とても解決できない。

特に母親との問題が殆どです。

母親との問題は、人間関係や安心感に
影響を及ぼすことが多い。

父親との問題は、仕事や経済に関係することが多々ある。

しかしその度合いは、母親とは比べものにならない。

 

親との関係を見ていくにあたって、
さらにハードルを越えなくてはならないものがある。

それは、ルーツだ。
先祖の問題は外せないのです。

先祖関係をやることになると、
かなりスピリチュアルなセッションに発展する。

この話はまたの機会にお伝えするとして、
(前にもどこかで書いた気もするが、真っ赤な嘘かもしれぬ)

 

3

(うそ・嘘・くそ?・。。かもしれぬ)

 

で、ルーツにおいて何を言いたいかというと、

ちょっと考えたのね。
今の人間関係のルーツを。

Aさんと知り合ったのって、誰からの紹介だったっけ?

Aさんを紹介してくれたBさんは、
誰からのお導き?
Bさんを会わせてくれたのってCさんじゃん。

Cさんと出会えたのは、セミナーだったよな。
そのセミナーって誰に教えて貰ったっけ?

 

ダウンロード

(Aさん=Bさん×Cさん⇒ご縁は繋がって行く)

 

ってな具合に、遡っていくと
私の場合は一つのパターンがあった。

その繋がりの殆どが次男の方に行き着いた。
私から次男へルーツを辿れば、

夫との出会い~最終的には私の両親に
行き着くのは当たり前なわけだが

 

不思議なことに、最近になって、
今現在の私の人間関係を次男に繋ぎ戻して
いるのだ。

無意識にご縁の巻き戻しをしているようで、
人間の行動とは興味深い。

要するに、

最近次男に会わせた友人Mさんをピックアップして、
Mさんとの人間関係のルーツを一人ひとり遡ってみると、
その間に16人も人が介在し、次男にたどり着くのだ。

 

16人を経由している間には、
多くの人に影響力を及ぼす人が4人いらした。
その人は当然私にも大きく影響を与えてくれた訳だが、
(悲しい目顔にあった人のことも当然含まれている)

今書いているブログにおいては、
凄~く地味なんだけど、でも、
私の心をほっこりさせてくれたという意味で、

私の人間形成に影響を与えてくれた人顔
いうべきなのだろう。

 

前回と前々回のブログで登場した、
痛いほどに大好きで、
そして私の人生に影響(彩りともいう)を与えてくれた
友人顔も次男の存在なくしては知り得なかった。

 

これから書こうとしている人は、
次男の小学校時代の同級生の母、
Kちゃんのことです。

 

前回のブログで出てきた女性は、
次男の幼稚園時代の友だちの母でした。

その人との深い関係性を伝えるには、
その方が味わった深い傷や経験や喜びも含めて書きたいところだが、

シリアスなプライベートについては
それなくしては書けないので、
奥の奥にあるエッセンスをお伝えするのは、かなり難しい。

でも、10分の1でも、感じたものをお話しできたらいいなぁ、って思ってる。

 

で、話はKちゃんに戻りましょうかね。

Kちゃんはハッキリ言って変顔でした。
家族からも誰からも彼女は理解されない人だった。

私も理解しがたい所は有ったが、
理解したいと思った。

何故なら、もしかしたら彼女は
誰も気づいていない真実を知っているのではないか??

もしそうならば、
その可能性を消したくなかったからだ。

 

ダウンロード (1)

(理解したいの。何だかわからないあなたを)

 

(すんませんねん。次回に続きます)

 

PS:皆さんも、縁の深い友人や、
好きな人、嫌いな人などのルーツ
辿ってみてくださいまし~