やっとわかった!・スピな疑問・23・

<前回からの続き>

 お待たせいたしました。
えんまん様から出された
宿題の答え合わせです。 

「神社に行くと、
誰がいるんでしょうか?」

「あなたは神社で、
誰に会っていると思いますか?」

 

3猫鏡

それは、あんさん。。猫です。
うっそ~ 猫じゃにゃいです。

 

じゃ~なくって、
いったいどなたさんでっしゃろか?

 

それは・・・、

 

過去と未来の自分

 

に、会いに行っているのです。

 

ところで、
靈氣セミナーの開催を予定してますが、

かつて、直傳靈氣をするにおいて、

元祖、臼井先生は、
靈氣をする前に明治天皇
御製の句を詠むように教えて
いらっしゃいました。

 

御製の句を詠まないと、
靈氣が出来ないというわけでは無い
のですが・・・。

 

 

3明治天皇

 美しき明治天皇さま

 

それは、施術側の心を中心に
整える為の準備として、

御製の句が唱えられていました。

 

その中で、私の一番好きな句を
ご紹介いたしましょう。

 

榊葉に かくる鏡をかがみにて

人もこころを磨けとぞ思ふ

 

 

3籠神社

元伊勢・籠神社の御神宝の鏡

 

わたし、なぜか縁あってこの鏡を、
宮司さんに直接見せて頂いちゃいました。

御神宝の鏡
は、

日本では唯一、土に埋もれて無い
状態で発見された古代鏡で、

邊津鏡は前漢時代(2050年前)のもので、
紀元前からの由緒です。

 

御製の句の解説:

「榊の葉にかくれる」とは神社の神殿に
御神体として奉られている丸い鏡の
ことです。

磨きに磨かれたその鏡を見る時、

人は自分の心もそのように透明で
無垢な姿でありたいと願うものです。

神に手を併せる時には、そのことに
思いをはせ、

日々心を磨いていきましょう。

という解説です。

 

明治天皇は、それはそれは
後光の射していらした御方と
聞いています。

私が推察するに、
この解説の範疇を超えた御考えを

もしや表現されていたのではないかと
勝手に想像しちゃっているのです。

 

鏡に映ったのは、
いったい誰だったのでしょうか?

後ろの正面だ~ぁれ?
(か~ごめ、かごめ)

 

ちょっと今回は難しかったね!

次回は時空を超えた自分に
会うお話しをしましょうね~。

ではまた。。

<この続きは明日ですわい>

 

<お知らせ>

直伝霊気セミナー
年末年始にも開催することに
なりました~。

日程:

前期:12月30日 10:00~20:00
後期: 1月 5日 10:00~17:00

前期を集中して1日でやります。
けっこうハードです。

残席1名になりました。

****************

直傳靈氣セミナー開催します

靈氣セミナーいよいよ開催。
今回は後期も予定していますので
前期しか受けていない方は、
お見逃しなく!!

<前期>
日時:1月24日(土) 10時~17時
1月25日(日) 10時~13時
<後期>
日時:2月14日(土) 10時~17時

詳しくは
こちらをクリックしてね!