やっとわかった!・スピな疑問・⑩

 

 <前回から続く>

ちょっと、

想像してみてください。
あなたは、今日めでたくも、

ご臨終の時を迎えました。

 

ようこそ、

霊界の世界へお越しください。。

 

三途の川
 肉体がなくなるとやけに軽い
もんじゃのう。。

 

手も足もちゃんとついているのに、
何でこんなに軽いんかな?

肉体って、
とんでもなく重たい乗り物に
わしは乗っていたんだ。。

 

と、さっきまで肉体のあった
感覚を忍んでみる。

 

「あっちに行ってみよ!」ッと

 

思っただけで、

 

直ぐに瞬間移動できるこの感覚・・。

 

飛ぶ

試しに、ぱたぱたと羽ばたいてみちょる。。
波平さん、おパンツ一丁でお気楽に!

 

便利じゃのう~。

 

なんで、こんな便利な世界から
人間なんぞに生まれてくるのか?

意味不明じゃ。

 

おっ!
ちょっと先に、門が見える。

 

大そう面構えな門が・・・現れて、
近づくと、観音開きに門があいた。

 

ギギギギぃ~~

(なんだ、自動ドアじゃね~か)

 

恐る恐る歩いていくと、そこは
シ~ンとしている。

 

入ってみると、何にも無い世界。。

し~~~~~ん

 

無味無臭っす。
(人間界には絶対にありえない感覚)

 

何か変なの・・。

 

わたち・これからどうなります
んじゃろか?

と・・・。。

「お待んたせ

イタシヤシタ~~!」

 

閻魔様

 

 

怖い顔の割には、
とぼけた声を出すお方が現れた。

 

 

これが、噂のエンマ様。。

現実に、ほんまもんがおったわい。

これが現実??

どこが現実だか分からなくなっち
まったけど、

今ここに、わしの意識はある。

死んでも、わしはここにいる。

 

死んでも、

 

やっぱり意識ってあるんだ!!

 

結局死んでも人間って~のは、
止められないいんだ。

コレをっていうのかや?

 

と、
えんまのおっちゃんは、

「あんさん

無事に成仏

されましたんやな~。

おめでとさん!」

 

「おっちゃん、エンマ様ですよね??

「おめでとさん??無事に成仏って
それって、どういうことなんで・・・?」

 

えんま:
「最近は成仏しない靈が多くなり

はりまして、

浮遊靈がめたクソ増えているさかいに、
こっちに来れ無い人が激増して
いるんよ。。

むかしと違って、かなり靈界の
人口も減ってるがな~」

 

って、??

 

どういうこと?

 

<続く>