投稿

隠し場所は鳩尾(みぞおち)だもんね/その9

 

前回からの続きです。

本当のことを言うと、
初めに考えていたこのテーマ・
「隠し場所はみぞおちだもんね」

 

で、言いたかった事とはかなり内容が
離れちゃっているみたいです。

と言うか、最初に何を言いたかったのか
さえ忘れてしまいまして、
どうしよ・・もう元に戻れないっす。

読者の皆様は私のこの様な認知外れっぱなし
ブログを気長に読んでくださり、
許してくださり、

許してくれない方はとっくに離れてくれて、

どちらにしてもありがとさんです。

・・・・・・・・・・・・

さてさて、生き霊の話は続いています。

「生き霊」となると回避するには、

飛ばしている側が気づくか、
飛ばされている側が気づくしか手段はない。

ただし・・、

飛ばしている人が気づくことは
99.9パーセント・・ないかと思います。

 

(お〜い、僕ちん、生き霊で飛んできたで〜)

 

 

また話は飛ぶけれど、
こんな事もありました。

私が凄く大事にしていたクライアント
さんの事です。

私がまだ駆け出しで、(もう20年経つかな)
初めて継続で付いてくれたお客様だった。

あの頃はアロマトリートメントを
させてもらっていて、

その方の家族中にヒーリングや
アロママッサージをさせて貰っていました。

何か特別なことをして差し上げた
記憶も無いのですが、
とても家族中に歓迎され、

感謝され、那旺さんに足元を
向けて寝られないとまで言ってくれた
方でした。

そうこうしていると、
クライアントさんの娘さんは霊的能力や
ヒーリング能力にどんどん目覚めていき、

ヒーラーとして活動していくことに
なりました。

霊的な事を教えるスクールにも積極的
に通いだし、他にも尊敬する師匠もでき、
本来持っていた能力はどんどん開花された。

ところが、クライアントさんが体調を
崩したことから、
彼女は霊能力のある師匠に原因を観て
貰ったそうです。

これが、また私にとって災難😣でして、

その霊能者が霊視したところ、

私が「クライアントさんに生き霊として
付き纏っていて悪さをしている」
言われちゃいました。

その霊視によって、
私の継続セッションは即刻解除される
羽目になり、二度と会うことは
なくなりました。

その霊能者は、
クライアントさんに生き霊を飛ばしている
らしい私との間に結界を張ったのかは知らないが、

その後すぐに
クライアントさんの体調が良くなった
らしいのだ。

それじゃぁフツーは信じますね〜。

この事件の真相は、3年くらいして、
ひょんなことから、
友人がわざわざ教えてくれました。

私にとって大事なクライアントさんに
生き霊を飛ばし、
具合を悪くさせた犯人になっていたのに、

そのことを私だけ知らないっていうのは、
やっぱり・・空しいですね。

これに関しては濡れ衣だと、
今でも思っています。(かな〜??)

 

(僕ちんには、霊能者の言うことなんて、
わからへんで〜)

 

この事件から更に、霊的なものに対する
権威に違和感を感じざる得なくなった。

 

スピリチュアルが問題なのでなく、

それを扱う人間のエゴが問題なのだ!

 

クライアントさんとの信頼関係を築き上げて、
これからも家族みたいにやっていこうと
思っていた人から、

突然、現れた霊能者の話を聞いて、
「犯罪者扱い」され、

全ての信頼を失うどころか、
「嫌われ者」に変身するんですから、

本当にオゾマシイし、悲しい話です。

 

この霊能者さんは、
いつの間に消えちゃいましたが。

見えないもの・・、

「霊」をネタ・・に、

人をコントロールするパワーは強力です。

「霊」をネタに多大な収入を得るのも
比較的簡単です。

詐欺師の極意を知っていれば良いだけ
ですから、心理を研究している人なら、
容易な事です。

今までに「霊」を扱わないまでも、
人の心をうま〜く扱う
心理系の人を何人も観てきました。

(問題のある)宗教も似たものがあるのね。

教義では、素晴らしい事を
伝えているんだけど、その中で

たった5パーセント前後の
闇が入っていたくらいでは、その微妙な毒は
わからないものです。

だから、いつの間にか騙されちゃう。

それがうまいやり方です。

私もかつて色々と騙されもしたし、
だからこそ、それを教訓に心理に
興味を持ち、

そのパターンを紐解き、

そのお陰で、
闇を読み取る能力がつきました。

 

ただですよ〜〜〜

ここで言いたい事があるんじゃ。。

 

何らかの介入があり、
私と距離を置くことによって
クライアントさんが幸せな道を選べたの
なら、それは大いに嬉しいことです。

一見、理不尽だったり、
悲しい結末になったとしても
人生を長い目で見たとしたら、

意外とハッピー&順調なものなのだと、
私はちゃんと知っとりますので、

その時は暫くはショックだったけど、
ちゃんと立ち直りました。(偉いぞ那旺はん)

こんな経験を色々しても、
人を信じる心は捨てていないんじゃ。

本当にしつこい人間です。

 

(何があってもちゃんと愛してるからのぅ)

 

長々と話して参りましたが、

恩師の時の様に、

「それって濡れ衣じゃん!」

っと、マジで憤っていたけれども、

その後になって

実は「濡れ衣じゃなく真実だったかも?」
と振り返る経験もしてきたし、

「どう見てもこりゃぁ濡れ衣だよね!」という
経験もしてきました。

やった VS  やられたの戦いは、
もうたくさんなのだ。

(あ〜長かった。まだ続くね〜)

*********************

 

セミナーのお知らせです

【直伝霊気(じきでんれいき)前期】

日時:
5月21日(月)10時から17時
5月22日(火)10時から13時

場所:クオーレテラピーアソシエイツ 
最寄駅(JR大崎駅/池上線・戸越銀座駅/
都営地下鉄浅草線・戸越駅/ 大井町線・戸越公園駅)

料金:48,600円(税・テキスト代・修了書代込み)

☆裏技お伝えいたします。

お問い合わせは、

cuore.nao@gmail.com

*****************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録
*********************

隠し場所は鳩尾(みぞおち)だもんね/その8

 

セミナーのお知らせです

【直伝霊気(じきでんれいき)前期】

日時:
5月21日(月)10時から17時
5月22日(火)10時から13時

場所:クオーレテラピーアソシエイツ 
最寄駅(JR大崎駅/池上線・戸越銀座駅/
都営地下鉄浅草線・戸越駅/ 大井町線・戸越公園駅)

料金:48,600円(税・テキスト代・修了書代込み)

☆裏技お伝えいたします。

*****************

前回からの続きです。

4月8日から続いているこのテーマ、
前回の話の流れは、

15年くらい前のこと、
恩師から、

私が「生き霊」をある人に飛ばしている!
というレッテルを貼られてしまい、

悲しくて悔しくて情けなくて・・

「そんなあなたを・・恨みま〜す😡

・・😢だったはずなのだけど、

何年か経過してみて、それがあながち
嘘じゃなかったかもしれないと
思うようになった。

 

どうでもいい話だけど、

例えばAさんに私が「生き霊」を飛ばし
ていたとして、

他にもBさんという人もAさんに
「生き霊」を飛ばしていたとしたら、

一体どうなるんか?

「生き霊同士」が戦うんかな?

ホラー映画ならそういうストーリー
になるだろうから、
意外にも良くある修羅場なのかもしれない。

 

あんた、何なんねん〜。
私から離れられへんのよ一生涯な)

 

で、話は戻って、

恩師が言っていた事があながち
嘘じゃないと思えたのは、

セッションでそういうケースが出てくる
様になったからなのだ。

例えば、

クライアントさんがある時から
体調が悪くなって、鬱症状が出て、
何をやっても運気が悪かったのに、

あるセッションをしてからというもの、
クライアントさん状況が一新されたこと
があった。

どんなセッションかというと、
ただ普通のセッションをしているだけ
なのですが、

「生き霊」の存在が明らかになっちまった。

何で明らかになったかと聞かれても、
自動的にクライアントさんと私とで、
気づいてしまったからしゃあないんだけど、

これが災いの元だ!

何故か根拠はないんだけど、
下手人(げしゅにん)がわかってしまう。

(下手人!顔隠してもわかっとるのよ。)

 

読者の皆様、

誤解しないで欲しいのは、
私は「霊」は見えません!
浄霊も積極的に出来るとも言えません。

でも、必要な時にはセッション中に、
見えない方がお出ましになられる様で、

かと言って、
特別に「浄霊の為のセッション」をして
いる訳ではないんです。

何度もいいますけど、
勝手に、そういうセッションになるんです。

私にとって、人間肉体を持たない者
たいして違いはない様に思っているので、

出来る事なら理解はしてあげたいし、
幸せになって欲しい気持ちは、
霊さんにおいても変わりないし、

差別する気持ちは全くないのね。

 

ただし〜、

 

「生き霊」となると話は別で、

回避するには、

飛ばしている側が気づくか、
飛ばされている側が気づくしか手段はない。

飛ばしている人が気づくことは
99.9パーセントないかと思います。

何故なら・・あの頃の私みたいに、

正義ある私がそんな事をするのは、
絶対にありえない!と思っているからです。

つまり、飛ばしている側の自分が
被害者であって、

飛ばされている人の方に問題がある!

と、バリ・・確信しているからです。

そうなると、飛ばされている人は
運気が下がっていく一方です。
だから誰かに気づいてもらうしかない。

(まだ続く:私は何を訴えたいのか・・
忘れちまいまして・・・)

 

 

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録
*********************

隠し場所は鳩尾(みぞおち)だもんね/その7

 

前回からの続きです。

4月8日から続いているこのテーマ、
前回の話の流れは、
20年くらい前に恩師
から、

「那旺ちゃん、生き霊を飛ばしているのよ」
と指摘をされ・・、
数年が経ち・・・、

落ち着いてその時の事を考えられる心境に
なった時、

もしや、恩師の言われたことは本当だった
んじゃないだろうか!

って思う様になってきた。

あの時は、予想外のことを言われ、

「そんなの証拠もないのに・・」と、

紛れもなく「濡れ衣」であると思っていたし、

尊敬する恩師を信じて、家庭を顧みず、
ここまで付いてきたのに、

「何で私のことを信じてくれないのだろうか!」
「何で私の本心をわかってくれないのか!」と、

悔しさを通り越して憎らしくなったものだ。

「生き霊」を私に飛ばされたとされる相手に、
わざわざ「気をつけてね!」と伝えに行った・・
のを知った時は、さらにショックだった。

それによってその人との関係は、
完全に終わってしまった

 

もう、過去のことです。
全ては完璧な事だったと、
今は心から先生に感謝しています。

この時、先生は私を否定したのでは
無かったはずなのに、
私が勝手に全否定されたと思ってしまった。

 

で、何を言いたいのかというと、
「生き霊」を飛ばしている本人は大抵は
無意識だからわかりません。

でも、その人の事をずぅっと執着し続けて
いるのって、

見えないテレビ電話をその人の家に仕掛けて、
盗撮しているみたいなものなのね。

盗撮しながらも、そこに色んな感情を
べったりとくっつけて置いてくるのだ。

雄犬の電信柱おションションみたいな
ものね。

 

 

(ナイスおションション、くっつけたる

 

綺麗な言葉でいうと、
「魂の置き忘れ」ともいうけど・・。

 

それから私は暫くして、
ある霊能者の浄霊する所に一緒に
付き合っていた時期があり、

「生き霊」の怖さに遭遇したものだ。

霊能者は、「生き霊」は「死に霊」
と違って、始末に負えない。

何故なら成仏させて、天に上げる事ができない。

本人に帰るように言っても、
無意識だからわからないし、
絶対に離れる気なんてないんだから。

だからプロテクトをするしか方法は
ないらしく、
しかも強力に作ったプロテクトさえも
外されてしまう場合もあると言っていた。

 

怖がりの人は信じないでくだせ〜

(ううっ!あんたの後ろに生き霊が〜)

 

・・・「盗撮している」だけじゃない。

相手を病気にしたり、
狂わせたり、
自殺に追い込んだりする事もあるそうな・・。

どんどん暗〜い話になってるね。
すみませぬ。

(続く)

 

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録
*********************

隠し場所は鳩尾(みぞおち)だもんね/その6


前回からの続きです。

4月8日から続いているこのテーマ、
前回の話の流れは、
20年くらい前に
アロマの先生と一緒に
生徒さんのヒーリングをしていた時の事。

私が目撃したのは「蛇退治?」を先生が
やっていたところの話からです。

蛇退治とは、

母親の娘に対する執着が蛇となり、
その蛇の様なエネルギー体を先生は
ヒーリングでもって
解き放っていたのです。

そもそも、なんでその執着のエネルギー体
は蛇になるんやろか?

または、蛇の様に見えるんやろか?

(これ、縄なん?蛇なん?
あんたらお返事しよし!)

 

でね、前回さらに途中で終わっちゃった
お話ですが、

体に巻き付いている蛇と、
お腹(みぞおち)の中にいて、
出られないで苦しがっている蛇とは

ちと、種類が違う様な感じがします。

とお伝えしました。

体に巻き付いている「蛇」の場合は、
あくまでも人から付けられてしまったもので、

縄みたいな縛りのものです。

(あんた、わしの許可なく来ないでよ!)

 

何度も言いますが私の話は仮説なので
信じないでくださいね。
長年の経験から紐解いて来ただけなのですから。

 

・・・・・・・・・・・・・・

で〜、話の続きね。。

人から付けられてしまった執着って、
「生き霊」なんです。

本人は意識をしている訳ではないんです。
〇〇を呪ってやろう!」
「私をこんなに傷つけた〇〇を不幸にしてやる!」

とか、明確に意識している訳じゃないのね。

だから全く無意識なもんだから、

例えば、
生き霊を飛ばしているのがわかる(見える)
霊能者に、

「あなた、〇〇さんに生き霊を飛ばしているよ!

そんな事は、しない方がいいと思うわ!

気をつけなさい!」

な〜んて、唐突に言われて、
あなたは信じられますか?

証拠も無いのに、腹がたちませんか?

しかも、飛ばしているとされる相手が、

愛すべきはずの娘に対してとか、
好きなはずの恋人に対してに、

そんな事をするはずがないじゃ無いですか!

 

(この蛇、ブン回したるで〜)

 

「いわれの無い事を、何で自信を持って
あんさん言うんか???」

っと、意識上ではね

そんな酷い事を霊能者につっ突かれて、

素直に「その通りです」って、

理解できる人なんて、先ずはいないでしょう。

 

何故なら爆弾発言ですが、
私もかつて、15年くらい前だったかなぁ、

私はアロマの先生に、

「生き霊をある人に飛ばしている」

と指摘されたことがあったからです。

その時は、本当に悔しかったし辛かった。

相手は先生だから言い返せないし、
あんまりにも確固たる自信を持って
決めつけられたので、反抗もできなかった。

この時から、
見えないものを見えると言い張る人が、
嫌いになった。

「何を証拠に、あなたはそれを言うの?」

って言いたかった。

でもその頃の私は、
ポーカーフェイスがお得意だったから、
何のダメージも感じない素振りをしたものだった。

ただ、言えることは、憎しみや、嫉妬、
自己価値の低さからくる執着もあるけれど、

愛し過ぎる=執着=蛇=縄=生き霊

と言うパターンもあるのを覚えていて
欲しいのだ。

何でも、「過ぎる」のは、
バランスを省き、しわ寄せがどこかに
出るものです。

 

私は、かつて、他にも違う霊能者から、
有り得ない様な酷い事を言われたことが
有った。

 

この霊能者は、先生が尊敬しているとても
権威ある霊能力者だった。

私はあんまり乗り気では無かったが、
先生が勧めてくれたのでその霊能者に
霊視をしてもらった事がある。

この時も驚きとともに大きな痛手を
背負った。

例えば、私の子供達の将来についても、
買ったばかりのマンションについても、
未来が無いように言われたし、

豊岡家の男はみんなダメになるとか、
病気になるとか、etc

さらに、
「私には能力はないから身分をわきまえろ!」

とか、まだまだ他にも有ったが、もう忘れた。

いずれにせよ、何もかもボロクソだった。

先生の紹介だったので、
安心して行ったせいか、
その落差でダメージは大きかった。

傷ついた挙句、暫くしてから
この話を信じたところで自分が幸せに
ならないだろうと思えて来たので、

結果的に信じない事で、
自分で自分を救うことを選んだ。

自分で自分を救うことは出来たのだけど、
その権威ある霊能者の言った私の評価を
先生が信じた事がとても悲しかった。

しかし、そんなこんなを経験して来た私だが、

先生から
「那旺ちゃん、生き霊を飛ばしているのよ」
と指摘をされ・・、
数年が経ち・・・、

落ち着いてその時の事を考えられる心境に
なった時、

もしや、先生の言われたことは本当の事だった
んじゃないだろうかって思う様になった。

(注意※)
私の名誉のために言っておくけれど、
先生の紹介の権威ある霊能者の言っていた
ことは一切当たってはいなかった。

愛のかけらもない、酷い濡れ衣霊視に
すぎなかったのだ。

(続く)

 

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録
*********************

隠し場所は鳩尾(みぞおち)だもんね/その5

前回からの続きです。

今日からご覧になった方は、
このテーマの最初、4月8日のブログから
見るとわかりやすいかと思います。

 

前回は、お母さん執着の意識が、
「蛇」となって娘の体に巻き付いていて、

自分の娘から蛇が絶対に離れない様に
がんじがらめにしているパターンがある
お話をしましたね。

これは娘に対する嫉妬のエネルギー体です。
ある意味、無意識の意地悪なのだ〜。

で、さらに執着のエネルギーは、
まだ他のパターンがあって、

先生:
「これも娘を絶対に離さないという執着
なのだけれど、

娘に離れられたら誰も自分を構ってくれない
と、生きていけないふりをしたり、

体とか心とか経済力が弱いとして、
娘に自分を守って貰おうとしたり、

夫が大事に扱ってくれないからと、
不幸の
ふりをして見せたりとか、

要するに自立できていない母親・・・、
自分を生きていない母親が・・・、


娘に執着するのね」

那旺:
「ひえ〜、母親って面倒くさい生き物

なんですね〜」

先生:
「そうね、上手に娘をコントロール
するものよ。勿論息子にもだけどね」

那旺:
「そもそも夫婦仲が良ければ、
そんな事態にはならないんじゃないかしら?」

先生:
「仮面夫婦みたいに、そと見は良くても
家庭内では冷たい夫婦も多いし、
そんな中で生活していると、

やっぱり立場が弱く見える母親の味方をしたり、
母親の味方をしないと、
日常、母親と一緒にいる時間が長いから、

生き延びるためには、嫌でも母親の味方を
せざるを得ない場合もあるし、

子供からしたら、生き延びるための知恵を
ここで学ぶのよね。」

那旺:
「なるほど。それで、
蛇の生殺しを自ら選ぶように
なっていくんだ。

見えないエネルギーの世界では、
執着の意識が蛇の形となって体の中に宿り、
自分の人生を人にあげちゃっているのね!

意識の形状化か〜」

 

お〜こわ😣

 

(お母たん、勘弁しておくれやすぅ)

 

那旺:
「蛇になってしまった
エネルギー体を先生はヒーリングでもって
体から離してあげているんですね〜。

すっごい!
だからみんなヒーリングを受けると
変わるんだ

自由になるんですね!

私はそんなことは全然わからないで
ヒーリングしていました」

 

先生:
「わからなくても大丈夫なのよ、
ちゃんと那旺ちゃんは上手に出来ている
のだから。

パワーがあるから本当に助かっているわ。」

 

・・・・・・・・・・・・

さあ、ここまで思いつくままに、
魔法学校の先輩の変なセッションと
アロマの先生のヒーリングの話をして
参りました。

魔法学校は15年くらい前の話、
アロマの先生の話は20年くらい前の話。

それから私もだいぶ色々と経験して成長したし、
これらの話がよく理解できる様になってきました。

経験って、本当に無駄になることってないですね。
全てが私の糧となっているし、
これらの実体験が無ければ、

私は今クオーレテラピーアソシエイツ
でさせて貰っている稀有なセッション
出来なかったでしょうね〜。

 

さて、話は戻って、

この両者の共通点は、
二人とも、踊りの様な手つきをした事と、
体にある蛇を解放した事ですね。

 

ただ、私の見解では、

体に巻き付いている蛇と、
お腹(みぞおち)の中にいて、
出られないで苦しがっている蛇とは

ちと、種類が違う様な感じがします。

体に巻き付いている蛇の場合は、
あくまでも人から付けられてしまったもので、

縄みたいな縛りのものです。

時には縄なのか、

蛇なのか、

見分けが付かない
くらいにしっかり喰いついているものです。

 

見た事もないくせに、
なんで知っているんやろか・・わたし。。

(自分が話しているくせに変だよな〜。)

 

(那旺はん。いくら目を瞑っても、
👅べろが出ておまんがな〜。レロレロ)

 

(ちょいもう続く。結論がないよね?)

 

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録
*********************