投稿

大田区御嶽山への思い入れ:地上げ屋ですぅ⑤

 

管理会社と名乗っている地上げ屋さん:

「ピンポ~ン、

この家の管理会社が変わりましたんや~。

ちょっとご挨拶に来ました。

ところでお宅さん、

10月に出て行ってくれまへんやろか・・」

 

っと、管理会社✖︎✖︎とは名ばかりの
名刺を出して、

見た目は、横山やすしみたいな風貌の
地上げ屋が来た。

 

 

その1ヶ月前の那旺:
「外からの柔軟剤臭が辛すぎる!

この家にいるのも、とうとう潮時だわ、
出って行ったる

 

と啖呵を切っちゃった翌月に、
ほんまもんの地上げ屋が出現してしまった。

またもや現実化!
そんなに私って真剣に宇宙におねだりしたかな??

 

地上げ屋の兄ちゃん:
「大変にお気の毒なんですがねぇ、
決まったことなんで・・・スンマセン。
10月に出て行く約束をしてくれまへんやろか?

今日、ハンコついてくれたら、いいことありまっせ」

 

那旺:
「はぁ?それって、へんくなぁい。
今日来て、今すぐハンコつけって?

それってヤクザさんが言う事じゃんか!
もしかして、本物のヤクザさんですのん?」

 

地上げ屋さん:
「そんな、滅相もないですわ〜、
ヤクザなんて。
管理会社でスゥ。

・・というのは建前で、
ホントは地上げ屋なんですわ。顔

 

那旺:
「わ〜〜〜(あの悪名高き←と心の中で思っている私)
地上げ屋さんを、
ナマで見られるなんて、

超ビックリ!

で、私、テレビみたいに怖いこと
されるんだっけ?」

 

地上げ屋:
「イエイエ。。
昔ならともかく、今そんな酷いことを

したらすぐにコレですわ〜」

 

っと、お縄(手錠をはめられた)ポーズを
して見せた。
さすがは大阪人、ポーズが決まってる。

ケツを突き出しながら、
両腕を出している。

 

お尻

(ケツ突き出してお縄でござるワンシーン)

 

 

私も、せっかくだから同じように
心理カウンセラーとしておなじみの
ミラーリング法で、
ケツ出しお縄ポーズをやり返して見せた。

 

(でも思ったほど、
地上げ屋はウケてはくれなかった顔

こんなに面白い事してあげたのに、
この地上げ屋さん、余裕がないのかな?
また、リベンジしたると心で思いつつ。。)

 

地上げ屋:
「奥さん、そうなんですわ〜。
住んでいる人が法律で守れるようになって、

昔のようには脅しでは簡単に
ハンコついてくれへんから、

すっかりなんぎしてますわ〜。

ところで、どうですかね〜・・・」

 

っと、地上げ屋は、玄関の半分開いた
ドアから顔を乗り出すように
近づいてきた。

 

次のポーズはコレでした。

 

黙れ

(内緒の話でっせ。シー)

↑(あっ!指が間違った。
地上げ屋が立てたのは中指じゃなくて、
人差し指でした

 

那旺:
「なにそれ?

シー!って言っとるの?」

 

地上げ屋は向こう隣に聞こえないように
こそこそ話しに声のトーンを変えた。
(さすが、なかなか演技がよくできとる)

 

「こういう話はですねぇ、
個人交渉なんですわ。
地上げ屋の胸先三寸って感じでしてね。

奥さんが優位になるかは、私次第。。ってな」

 

那旺:
「へ〜〜、だからシーなのね〜。
きゃ〜大人の世界って感じ。」

 

 

そうこうやりとりが続きながら・・、

 

私はここからが本番交渉に突入か!
ってなモードの時に、
ちょっと、時間を取ってやろうと思って
こういった。

 

那旺:
「・・地上げ屋さん、悪いけどさ〜
今から
お客さんが来るのね。
今日はありがと。。

ほんじゃぁ、またね」

 

っと、帰ってもらった。

 

 

実を言うと、
この大阪人地上げ屋との話中、
私はウケにウケまくって
ずっと笑っていた。顔

 

 

大阪人が話すごとに、
何故だかいちいちツボにはまっているから、

 

途中で大阪人を馬鹿にしている
んじゃないかと、勘違いされて

 

「ごめんなさい。ただ、笑っちゃうだけで、
全然馬鹿にしてないから・・」

 

と謝りながらまた笑っちゃうのだった。

 

地上げ屋:
「スンマセン。東京弁は私も憧れなんですが、
よう喋れませんわ〜。

東京の人って、かっこいいですもんねぇ。

そんなに、私の話し方って変ですか?」

 

那旺:
「そんなことないよ。
でもね、無料で吉本新喜劇を見させて
もらっているみたいでさ〜、

ありがたいなぁって笑っているだけだからさ、
気にしないでね!」

 

大阪弁って、たとえ脅迫されていようとも、
迫力が有るようで無さそうな、

時には泣き落としがあっても
情緒豊かで、お芝居をやっているみたいな、

そんな「遊びの間」があるから、
爽快なのだ。

大阪ならではのルールが、
文化となって血液にしっかり
染み付いているような、

そんなエネルギーを感じると、
嬉しくて、笑いが止まらなくなって
しまった。

お江戸にしか住んだことのない私のDNAは、
この交流に、心は沸き立ち喜んでいるのだ〜。

 

でも、この地上げ屋さんはハートレベルで
悪い人じゃないんだろうな〜。

 

こんなに真面目で、あるいはヤバイな話なのに、
私ってどうして不真面目になっちまうのか。

 

(続く)

 

 

 

大田区御嶽山への思い入れ:地上げ屋ですぅ④


(前回からの続き)

たかが柔軟剤の入りすぎた洗濯物の
匂いくらいのことで、

都会ながらも、ちっちゃな自然の恩恵を
楽しんでいた環境を一変させられて、
窓を閉めないと辛くなったのじゃ~。

ベランダには、
ウッドデッキを敷き詰めて、

プランターにはハーブを植えて、
ロッキングチェアに横になり、

お日様を浴びて、
読書をするのを楽しみにしていた。

 

が〜〜〜〜〜、すべて水の泡っす。

 

泡

(アワアワあわわわわ。ゲロうまくね〜っす)

 

だって、今のベランダは、私にとって、
咳する場所に変貌してしまいました〜。

 

この様なストーリーを背景に、

私は3月に、

「も~嫌だ、引っ越ししたい!」っと
宇宙に文句を垂れたら、

ななな~んと翌月の4月に、
ほんまもんの地上げ屋が来たのでした~。

 

「ピンポ~ン、

この家の管理会社が変わりましたんや~。

地上げ屋ですぅ。

お宅さん、10月に出て行ってくれまへんやろか・・」

 

ってな調子で黒服を着た、
かつて吉本興業の花形だった

「やすきよ」の横山やすしみたいな
細身の大阪人が目の前に現れたのだった。

 

 

やすし

(地上げ屋ですぅ。わしは気が短いんや!
ちゃっちゃと出て行ってな!)

 

「うっ!早すぎる。

宇宙に告げ口した途端に、
またもや現実化させてしまいました~!」

 

そんなこんなで、
脅されて(へへへ〜)どうやら10月には、

「出て行かないぜ!」って頑張って、
ブルドーザーに敷かれて死んじゃうか、
おとなしく引っ越すか!の運命になりそうです。

 

一生のうちに地上げ屋さん
(本場もんの大阪ヤクザさんやろか?)

出会えるチャンスなんて滅多にないのだから、
ちょっと人生勉強をさせてもらおう~~っと!

 

今後の成り行きを
ワクワクしている私でございます。

 

なんてったって、私は人間の生体観察が
趣味でんねん。

 

家政婦

(あら!まぁ!あんなことしくさってるわ!)

 

家政婦2

(最近の人は、こっちの家政婦ですかね)

 

まだ、5分位しか話してないが、
ちょっと見た感じだけど、

地上げ屋の兄ちゃん、古い時代の大阪人っぽい感じ。
相当の海千山千で、腰が据わっている。

吉本新喜劇を一人芝居している風にも
見えてくる。

 

風変わりな人間を見ることは、私の大好物なのね。

なぜなら、人間の奥の奥を解明することは、
セッションのヒントになるからじゃい。

 

な〜んか、妙なものが飛び込んできた感覚です。

 

また今後の展開は・・・

「地上げ屋あんちゃんの続報」として
お知らせいたしま~す。

 

(このテーマって・続くかなぁ?)

大田区御嶽山への思い入れ:③


(前回からの続き)

 

気学の学びのおかげで、

私は今いる御嶽山のセッションルームに
吉方で来させてもらいました。

 

そんな御嶽山セッションルームも
10月を最後に去ることになります。

だんだん環境の変化で住みづらく
なってきてね~。。
前々回に書きましたが、

毎晩夜遅くに上の階の人が洗濯機を
グワ~ングワ~ンと鳴らし始め、

 

洗濯機

(チャッピー。。お水ドドドど〜)

 

それくらいは自分の中では許容範囲(嫌だけど)
だった。

その後、ベランダに洗濯物を干すわけで、
それが・・柔軟剤の匂いが半端なくにおってきて、

家中が柔軟剤臭くなっちゃうんです。

どれほどの柔軟剤の量を入れて
いるんだろか!って思うけど、

その前に私の鼻が犬のように良すぎて、
普通の人より辛くさせているのかもしれん・・。
「科学的なニオイは頭を次第におかしく
させるんだけどな~。」

 

と独り言。
私はこの御嶽山ルームに引っ越してきて
一番嬉しかったのは、

朝は鳥の声で目が覚め、

夜は虫の音を聴きながら眠れることでした。

ベランダから太陽の日差しを感じ、
空を見上げると広~~~い
(わ~~~ぃ)

 

マブイ

(ぐひゃ〜、マブイっす)

 

昼間は、近くにある保育園の
園児たちの躍動する声が、

この地のエネルギーを上げてくれている。
ニュースで、保育園建設反対運動を
している人たちの声を聞いたことがある。

 

「子供達がいると静かな街が
うるさくなるから嫌だ!建設反対!」

と言っていた。
わからなくもないが、
そのうるさい声を「雑音」と聞くか、

 

「躍動する声がこの地のエネルギーを
上げてくれている」
と聞くかでは、

 

大きな違いだよな~って思っていた。

 

表面上だけのものしか見えない人間

 

物質界だけにしかとどまれない人間顔

 

さらに話を戻すと、

私は御嶽山の南むきの部屋から
見える大きな樹たちが緑豊かに風になびき、
ダンスしている姿を眺めているのが嬉しかった。

 

き

(ちんちんぶらぶら。。
ダンス ダンス ダンス

 

それが、たかが柔軟剤くらいで
私の楽しむ環境を一変させ顔
窓を閉めないと辛くなったのじゃ~。

 

 

それだけじゃない!
(今日は愚痴を言う日でしょうか?
あれれ??→ちゃいますで~)

 

きっと私よりずっと先輩の樹木たちは、
目の前に新居を建てることになった人の苦情から、
20本も伐採され、

その中の1本は3階に届くくらいの
背の高さだった。

すでに何年生きてきてくれたんやろか?

切られた後は悲しくて、悲しくて、

「ごめんなさい顔真っ青と、
手を併せてしまいました。。。

 

 

それから・・・、
「後から来たくせに、
お前の方が偉いんか
って、プンプンしてた。

 

 

地球も宇宙も全てのものは
陰陽・裏表でバランスを取って
変化しています。

ずっと遠くのアマゾンの植物さんたちと
日本に住む植物さんたちは、

ちゃんとコミュニケーションを
取って繋がっているといいます。

それが植物の能力の一つなのね。

もしも、20本の木が伐採されたら、
アマゾンでも直ぐに噂話になっている
ことでしょう。

「おいおい、また、死んだよ・・。。みたいに。

 

想像してみてください。

20本の御嶽山の木が大地と繋がっているわけで、

彼らは、私たちが出す排気ガスや汚物を
処理してくれているのは承知の通りですが。。

 

それは私たちの中で当たり前のことに
なっていて、

当たり前が当たり前過ぎて、
植物がそんな働きをしてくれている
ことさえも忘れて・・気づかずに・・

 

 

せいぜい暑い夏の日に、
木陰の下に居させてもらった時くらいに、
やっと存在に気づくかもしれんが。。

 

 

何てったって、彼らが偉いのは
私たちのネガティブな感情や意識さえも
吸い取ってくれている縁の下の力持ち
ということなのだ。

 

 

20本もの私たちを支えてくれる樹木が
なくなるってどんなことになると思いますか?

 

 

大地からしたら・・・、

「また私のサポートが消えたな。

邪気を吸う役目を20本ぶん自分が
受け持つしかないな。

そろそろガス抜きしようっと!」
と言って、大地がガス抜きオナラをして
地震を起こすのも自然の摂理なのかなぁ。。

 

 

だって、陰陽のバランスは常にあり、
誰かが肩代わりするように出来ている。

 

そういう私も、物質界バリバリ、
感謝無しの人間でした。

 

観葉植物殺人事件顔は何度も繰り返し
(水のあげすぎ&あげなさすぎ)

柔軟剤の匂いも、結構好きでした。
中学生の頃は、花王石鹸の「ホワイト」
という銘柄の石鹸の匂いを枕元に
置いて嗅いでいました。
(初恋の匂いがすると勘違いしていたから)

 

 

味の素も本物のダシと勘違いして、
漬物が真っ白になる程かけていました。
(それは、お母さんが・・だけど顔

 

味の素

(漬物味の素が真っ白しろくまだよ〜)

 

御嶽山をなんで10月に去ることになったか?
というと〜、

またもや私は、思考を現実化させちまい
やした〜。

(続く)

大田区御嶽山への思い入れ:お盆夏休み②

(前回からの続き)

家というものは、

お日様が入ってきて静かだったら満足なんかな?
と思っていたのだけど、

そうでもなかったと気がついたのは、
高層マンションを買った、ずっと後だった。

 

ゴジラ

(ゴジさん、日当たりが悪くなるからどいとくれ)

 

購入したマンションは、
最上階・15階間取りは100平米以上の広さで、
ルーフバルコニーが贅沢な程大きかった。
大田区の多摩川をのぞむことができるリバーサイドだ。

ずうっと頑張って節約して、
貯金をはたいて買ったマンションなのに、
住んでみるとな〜んだか嬉しくない。

落ち着かない。

ついうろうろしちゃう

 

お昼寝をしてもスッキリしない。
ドキドキしちゃうのだ。

ふにゃ

(ふにゃ〜、なんか中途半端な脱力きゃん)

 

犬のメリーは、吠えることは殆どなくなった。
やることがないから寝ていることが増えた。
周囲の環境を感じることができないからだろう。

 

そうなると、
家族の動きくらいしかメリーは
興味がなくなっている。

これで散歩もしてもらえなかったら、
囚人みたいなものだ。

 

今年1月から、セラピールームを
大崎駅・五反田駅から5分のところにある
高層ビルの18階に借りた。

 

友人とシェアしたのね。
ちゅうか、途中で仲間に入れてもらった。

家賃は高額だが、
とっても綺麗なマンションだった。

立地もいいのでクライアントさんが
来てもらいやすいだろうと、

セッションを週に1〜2回そこでやって、
セミナーを月に1〜2回はやろうと考えて
貸してもらった。

だけど、3回くらいセッションを試みて、
何かが違う!って感じた。

セッションを
やっていてどうも落ち着かない。

直感も閃かないし、
気持ちの躍動感、パワーが湧いてこないのだ。

セッションの結果もイマイチ、
ピンと来なかった。

だから、セッションはやめて、
月1度のセミナーのためだけに
借りることになった。

 

この時、やっとわかったのだ

 

多摩川のリバーサイドのマンションが
私は本当は嫌だったのだと。

メリーは実家の戸越にいた時とは違い、
とっても落ち着いていたけど、
私は落ち着かなかった。

いや、メリーが落ち着いていたのは、
ただ単に、自然の命、
エネルギーを感じられなかったから、

退屈だったのかもしれない。

 

その後、私はこのマンションを
家族を残して一人で出てしまった。
財産をほっぽり投げ捨てて。。
(今考えるとアホか狂気です)

 

だから1年もそこには居なかった。

 

超わがままな家の出方だったと思う。

「日当たりのいいマンションが欲しい!」

って、旦那様にず〜っと訴えていて、
それがやっと叶ったのにだ。

 

自分なりの理由があったにせよ・・・、

本当にごめんなさい。旦那様。

あなたの心を踏みにじってしまいました。
(でも、その時は私なりの訳はあったのよ。
被害者意識満載の私だったからね〜)

 

そして、自分の意思で動けないメリーを
置いていったことも、私の罪悪感に
追い打ちをかけた。

 

そんなことがあって、
ずっと自分を責めていたが、
大崎・五反田のセミナールームを
借りた時に、ハッと気付いたのね。

 

 

私って、

地球の恵みを感じられない生活を
していると、

心身のバランスが崩れてしまうんだと。
(超敏感体質ざます)

高層マンションは私にとって
本来の私じゃなくさせてしまう。

きっとグランディングが乏しくなるから、
落ち着かずにウロウロしてしまうのだろう。

 

少しづつ健康を取り戻した今だからこそ、
それがわかるのだ〜。

 

そして、知人とシェアさせてもらった、
大崎のセミナールームは、
7月をもってキャンセルした。

 

セミナールームをシェアしてくれた友人は、

「実は、那旺さんにはあの部屋は無理だと
最初から思っていたんだ。
微細なセッションをしているからね。

その気持ちよくわかるよ!」

 

頼んでおいて部屋を借りた挙句に、
突然のキャンセルを言い出した私に、

オーナーになる友人は、こう言ってくれた。

本当に大きくてありがたい存在です。

 

3階以上のところには、大地の気が届かない。
せいぜい、4階までが限界だと気学の先生が
教えてくれた。

私もその通りだと思う。

 

メリーもそう言いたかったんじゃないかな。

 

宇宙の栄養をもらえないことが、
私には大きな打撃になるということも、

18階の大崎ルームでセッションをしていて
よくわかった。

 

その後、品川の西大井・中延に移り、
ここは4階。

5年は過ごしたが、

干している洗濯物の匂いがどう考えても
変だと思うようになった。

戸越の工場の時のような、
ケミカルな匂いが洗濯物についている。
タオルで顔が拭けないのね、臭くって。

西大井に住んで5年過ぎた頃、
咳が出る顔様になった。

1ヶ月半、咳が止まらない日々を過ごし、

 

このままでは死んでまうじゃん!

 

この症状って風邪じゃないじゃん!

と、寝床で気づいた私は、布団から飛び起き、
地図を広げて、気学の吉方の方位を探した。

それが、六白金星の方位・イマココの
池上線の御嶽山だった。

 

door-to-door

 

布団から飛び出し、思い立ってから
2時間で決まった物件だった。

家相が何一つも問題なく素晴らしかった。
四方の環境が完璧だったのだ。

やっぱり思った通りだった。
引っ越して、咳はすぐに止まった。

 

ゼイゼイしていた胸はもう音はしなくなり
生き延びた〜顔

 

そういう意味では、今の住居は
今まで私が暮らしてきた中で、

 

私の一番のご馳走さまなんだ。

 

そんなグッドだった環境でも、まさかの柔軟剤。

騒音ならまだしも、柔軟剤となると、
まさか社会的に文句も言えないだろう。

 

私の鼻が良すぎるのか!

 

鼻

(すげ〜ど、おいらの鼻の穴穴穴。。)

 

頭がクラクラするほどの柔軟剤の
匂いは、窓を閉めれば回避できる。

 

でも・・・、

それと同時に、私の喜びの一つは消えた顔

 

虫の声と、木々の囁きを聞きながら眠り、

 

鳥の声で目が覚める顔朝がなくなった。

 

人と暮らすのは本当に大変だ。
自然と共存することも・・・。

どこかで折り合いをつけなければ
ならない。

せっかくいい環境を選んで住んでも、
後から来る破壊屋さんは、

当然悪気はないわけで、

私も知らぬうちに、人にストレスを与え、
迷惑をかけたりしているのかもしれない。

 

一番迷惑なのは自然たちだろうが、
何の文句も言えないで踏ん張っている。

 

自分や家族のライフスタイルを重要視
している知人たちはポツポツと環境を変え、
山梨や長野に移住し始めている。

 

それでも、大田区の都会だけど、

この御嶽山という場所は、
私が今まで生きてきた中で、
一番大好きな環境なんです。

 

だから〜〜〜

 

年に1度のこの喜びを、いま味わおう。
夏休みで上の住人が帰ってくるまで。

(続く)〜と言いたいところだが、

とか何とか言っちゃって。。

柔軟剤がくせえくせえ〜と
私の中で日増しに文句をつぶやくようになり、

「こんな臭いところはもう嫌だ!引っ越したる

って文句を言いまくっていたら、
何と現実になっちまいました〜。

またもや現実化。。あ〜〜〜〜。。

 

(続く)

大田区御嶽山への思い入れ:お盆休み①

 (お盆の時に書いたブログです。
サーバーが混乱していたために、
投稿が今になってしまいました)

 

あ〜、お盆やすみしているのかなぁ〜。

上の階の人が帰省しているのかしら?

年に一度、窓が開けて寝ることができた〜。

窓

(お〜、大地の匂い。爽やかな風。くんくん)

 

上の階の方が引っ越してきたのは、3年前くらい。

毎日夜10時に洗濯機を回す習慣のようだ。
その後にベランダに洗濯物を干すわけで、

その洗濯物の柔軟剤の匂いが、
すごい勢いで部屋の中に入ってくる。

1年半前くらいから柔軟剤を変えた様で、
その匂いったら、量を誤っているのか
ハンパないのです。

咳が出ちゃうのだ〜顔

 

そのちょっと前の時期には、
1階の人が引っ越してきてベランダで、
20分に1回ほどタバコを吸う様になった。

タバコの煙が寝室に入ってきて、
プーンと匂いが充満し、
まるで私がタバコを吸っているかの様に
部屋にこもった。

 

 

これで、ベランダ側の窓は開けれなくなって
しまいました。

 

辛かったけど、それでも夜中12時以降は
タバコを吸わないみたいなので、
夜は窓を開けて新鮮な空気を吸い、

眠りは確保されていた。

 

 

ありがたいことに、1年も我慢したら
(怨念入れてたかな?)どうやら
タバコをやめてくれたみたいだ。

 

で、ほっとした直後の夜干し柔軟剤事件なので・・、

 

 

なんかね〜、悲しくなっちゃうね〜顔

 

私にとって、虫の声や木々の揺れる音を
聞きながら寝るのが嬉しい人なのだ。

だから窓を開けて寝るのは大好きなのね。

大田区御嶽山。
都会の割には、ちょっとだけだが、
があるの。

ほんの束の間だけど、
猛暑の夏だけど、

昨夜は柔軟剤を嗅がずに済む
大事な時間を味わおうと窓を開けて寝た。

風で、木がさわさわとゆれる音が心地いい。

 

今日も、同じことが出来るといいなぁ。

自然

(おぉぉぉぉぉぉぉぉ〜大地よ〜)

 

私は品川区の戸越銀座というところに
実家があった。

小さい頃の住んでいた環境は、
東京タワーや富士山がベランダから見えたものだ。

もちろん日当たりも良かった。

小学校に入る少し前くらいだったか、

隣の家が7階建てのビルを建て
家の東南は塞がれて日は当たらなくなった。

さらにびっくりなのは、
ここは静かな住宅街なはずなのに、
南隣に町工場ができちゃったのだ。

 

それからというもの、

日々、金属をプレスする低い振動と、
金属の音は朝9時から夕方5時まで続き、

時には絶対に体に悪いだろうと
思える科学的な匂いもプーんとしてくる。

ドシ〜ン・ドシ〜ン。ドドド

シャリンリンリン

 

地響きと金属音の繰り返し。

 

のどかで快適な毎日から周囲の環境が一変し、
家は寒くて真っ暗けっけ

 

 

鳥はカラスだけが集団で勢い付き、
「アホカ〜アホカ〜」と身近で話ているような
生活をしてきたせいか、

 

お日様や、ささやかな自然の恩恵を
受ける環境に居られるだけで、
私は幸せを感じられる。

 

嫁に出て、川崎市の元住吉に住んだ。
一番嬉しかったのはそこの所かもしれん。

目の前は車の通る道路だったけど、
それでも朝が朝だと感じられる。
だってお日様が入って目が覚めるから。

 

お日様を十分に感じられた生活を
元住吉の社宅で10年過ごすと・・、

父が亡くなり、病気の母が独りになった
ので、私たち家族は実家の戸越に戻った。

そこで飼った犬のメリーは、
工場の金属音が大嫌いで、吠えていた。

聴導犬にもなれるほどの敏感な聴力を
持っている犬にとって、辛い環境だと思う。

気が狂ったようにメリーは吠え続けるので、
私はさらにノイローゼのようになった。

不整脈は、どんどん悪くなる。
胸もキュンとしてくる。

メリーは18歳の老衰で死んだせいかもしれないが、
最後はほとんど耳が聞こえなくなっていた。

敏感じゃない方が時には生きやすいものだ。

 

いくら快適な家を選んでも、
後から生き辛くさせる人がやってくると、
毎日の生活が不快になり、

家族の健康も危ぶまれることに
なっちゃうのだ。
共存して折り合いをつけるって大変なことだね。
(そういう私も、知らず知らずに迷惑を
かけとるんやろうな〜)

 

でもでも・・

 

お日様が入って、周りが静かな家に住めれば
私は幸せなのかな?

と思っていたが、

家の環境ってそんなものじゃなかった。

 

 

それは15階建ての高層マンション
買ったずうっと後になって、
気がついたのだ〜。

 

住居は、最上階15階。

屋内は100平米以上ある間取りで、
ルーフバルコニーが60平米はユウにあって
部屋の周りをぐるりと囲み、
畑ができるほどの贅沢な空間だった。

 

大田区の多摩川をのぞむことができる
憧れのリバーサイドだ。

 

リバー

(お〜、くまモン、チャッピーで〜)

 

(愚痴混じりのブログでした:このテーマ次回も続く)

 

<追伸>

8月28日アクセスバーズ、無事終了。
6名生徒さんたちと楽しい時間を過ごしました〜。

また写真を撮り損ねてしもうた。

で、何も記事にできまへんでした。