投稿

(前回からの続き)

だいぶ時間が経ってしまって、
前回の流れがわかんなくなっちゃったかな?

このテーマ(1)と(2)を書いていて、
気づいてしまった二つ目の考察をお伝えしましょう。

どうやら殆どの人は、
自分がやりたい仕事と正反対の仕事を
選ぶように出来ているのではないだろうか!

ということなのであ〜る。

このテーマ(その2)では、こんな事を書いた。
   ↓

思うに、セックスにしても、買い物や甘いもの、
タバコ、お酒、ギャンブル、
過食や拒食などの度を超える依存症って、

本当に欲しくて望んでいる事ではないはずだ。

頭が流行るというか、
頭に追い立てられているだけで、

深いところで感じる心の反応は速度が遅く、
大抵は掻き立てるように主張する頭を採用し、
心は後回しにしてしまう習性がある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


と書いたが、本当は心の方が早く反応して、
頭の方が後なのに、

私たちは心の声を採用するやり方を忘れるように
小さい頃から教育されてしまったから、
ちょっとしたサインに気づかなくなった。

前回の記事では、
私の頭は嬉しい!けど、体(感覚=細胞=真実)が嫌よ!
と訴えているバームクーヘンを取るか、

頭は嫌よ!だけど体(感覚=細胞=真実)
嬉しい方の梅干しを採用するか!

の、体が訴えている声に気づいた話をしましたね。

・・・ここでは、些細な事を例に挙げたけれど、

人生の重要な選択にも大抵の場合は、
頭の方を優先させるものなのだ〜。

ワシらが本音の「想い」を聞かないのは、
いったいどういうことなんだ〜!!

でもって・・・・、
自分がやりたい仕事と正反対の仕事を
選ぶように出来ているのであ〜る。。

(那旺さん、それってホントだべか??)


ちゃんとした硬い仕事をしないと、
世間に恥ずかしい。
真っ当な仕事に就かないと親戚やご近所さんから後ろ指さされる。

安定したところでないと、食べていけない。
守ってもらえない。

エリートから外れてしまう。

と、ちまたではよく聞く話ね。

ずっと点数で支配された教育を受けて来たから、
合格点を貰うことしか考えていない。
それがふつ〜・・・の人生を送ってきた

決められた線路を進むのが当たり前であって、
心の声なんて初めっからわかんない。

しかし、40歳を過ぎた頃、
仕事もオモロくないし、こんなので人生終わって
いいのだろうか?

私のやりたいことって何だろう?
そもそも何が好きなんだかさえもわからない。
毎日仕事で疲れて1日が終わる。

職場が凄い嫌な訳ではないけど、
本当にこれで、このままでいいんだろうか?

「私の好きなことを探してください!」

と、セッションで言われてもね〜。

でも、こういった悩みを掲げて
セッションにいらっしゃる方って、すご〜く多いんです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そういう私も、同じだった。

うちは、お父さんがいつ死ぬかもわからないし、
お金が無いから高校は都立しか行かせないって、
なんと受験日の3ヶ月前に突然母親に言われ、

姉と同じおバカ私立高校に行かせて貰えるものだと
思い込んでいたのに、

「えぇ!中卒は勘弁してけろ!」と、
人生で初めて勉強した。

それまでは宿題も試験勉強もしないで、
ビリから2番目でもお構いなしだった。

しかし、先生たちもびっくりするほどのマグレで、
まあまあ勉強の出来る親友と同じ高校に入れて、
やれば出来るんじゃい!

と、それから遅咲きの勉強に励んだ。

しかし、小学校の時も本当の本当におバカだったし、
中三の2学期まではそれは続行していて、
勉強の基礎がわかんない。漢字も算数も、何もかも。

ちなみに、小学校では軽い知的障害の子が一人居たから、
私はビリにならなくて済んでいたほど、
あんぽんたりんだった。


(エェッ!あんぽんたりん・・とはあまりじゃないのよ)

親からは、短大以外は行かせられない。
ウチにはお金が無いんだからと言われたが、
受かっちゃったら仕方なかろうと強行突破を決め込んだ。

なんで大学に行きたかったかというと、
東大合格率の高いエリート男子校の生徒達と音楽クラブで
混声合唱をやった時、

世の中にはこんなに勉強をしている人がいるんだと知り、
「負けてはおれぬぞよ!」と、
ただ単純に思ったのがきっかけだった。

親に逆らっての受験だから、
代々木ゼミナールの受講料も赤ちゃんの時から
貯めたお小遣いを全額叩いて通った。

ここで私は価値観を一つ変えた。

私は、もしかしたら馬鹿じゃ無いかもしれない!
やれば出来るかもしれない!!

甘いものを食べすぎたり頭を強打した幼少期で、
1日5回の下痢と視力も弱いし、頭がぼんやりと寝た状態で、
基礎も全くないまま大学受験を目指したから、
受験できる大学の選択肢がめちゃんこ少なかった。

高校で学んだ簿記と、
代々木ゼミナールで学んだ漢文古文が受験科目にある
中央大学商学部しか選べなかった。
それだけは満点を取れる自信があったから、
あとは賭けみたいなものだ。

で、ここでも奇跡は起こり、無事合格したは良いが、
大学に行ってもオモロくない。

ふと、何で私は大学に行きたかったんだろうと
考えてみたら、
「私は馬鹿じゃ無いかもしれない」
ことを確かめたかっただけなのだ。

あと、母親から「中央大学は凄いよ〜。
何てったって、六大学だからね〜。」
受験を反対していた癖に、
またいい加減な情報を渡されて、
「ヘ〜凄いんじゃ〜」って素直に受け止めてしまった。

そもそも六大学って何かわからなかったが、
とりあえず、私は六大学に入ったんだと胸を張っていたが、

六大学って野球の対抗戦で使っているだけじゃんと
改めて気づき、しかも中大は六大学に入ってもいなかった
ことが判明し、またがっかりした。

いったい私の進路は何が決め手かもよくわからないまま、
本当につまらない授業を受けてがっかりしていた。

しかし、入ってみないとがっかりも出来ないのだから、
体験としてとどめておこうと思ったが、

その時、たった一つだけ心ときめく授業があった。
それは「民法」だった。

私って、人の人生に関することにとても興味がある
みたいだなぁと気づきだしていた。

就職先は、
女性が少なくて、ブスでもモテモテの職場に、
入れてもらった。

その後、結婚もしたし子供も産んだが、
自分の心を見ないで生きてきたので、
幸せなくせに人生は不満だらけ、体はいつも体調が悪く、
そんな人生を生きてきた。

向上心だけはあったから、
母親の介護だけで人生は終わりたくないと、
税理士試験を受けたりもした。

その後、税理士事務所にも何件か勤めたが、
それしか有利にやれることが無かったから、
選択しただけだった。

この時点で、クオーレテラピーにお見えになる
クライアントさんとおなじくらいのお年頃。
40代でした。

税理士事務所に入ってはみたけど、
単調な仕事もつまらないし、また難しい仕事を
貰った時は肩が張るし、間違える度にビビる。

失敗した仕事をどう誤魔化すかとか考えたりして、
ストレス溜まりまくり。

あ〜〜〜〜〜、つまんねぇ〜〜〜〜〜〜。

(やってられね〜よ。。刺激的なことってないかな〜)

主婦もつまんね〜。
手をかけた料理をしても、
やって当たり前で報われない。

誰も褒めてくれないし。

あ〜〜〜〜、私の人生って、
つまんないつまんない。

主婦も、税理士事務所も、

も〜何なんだよ〜
私の選択は!! 

大嫌い!!

(続く)

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

ついに動画が公開されました〜。

https://youtu.be/WxjdADEl31Q

連続テーマ:「かたくなに誓ったこと!!」は、

・・・すんもはん。。m(__)m
ちと横に置いといて〜。。

今回の動画は25分にもなってしまったが、
次回からはもうちょっと短い時間でお送りしますね。

何かリクエストが有れば、
コメント欄に書いてくださいね。

そして動画の後半戦、ヒーリングモードになっています。

その気になって、
「受け取ってくださいましませ〜〜」っとくりゃ。。

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

(前回からの続き)

このテーマ(1)と(2)を書いていて、
二つの考察があることに私は気づいてしまった。

私はブログを書いている時は潜在意識と繋がってしまうので、
当然、宇宙意識や、次元の違う存在とも交信している
事を否めない。

そんな、馬鹿な!と疑い続けたが・・・。。

本を読むことは大嫌い、
頭もパー子で、勉強も出来ない私でござんした。

(頭がぱっぱらぱっぱっぱ〜〜っとくりゃ)

文字や文章を書くことも好まないはずの私が、
セッション中とか書き物をしている時に繋がって
しまうっておかしくありませんか??

さて、話は二つの考察に戻って、
前回お話しした、

母親から伝授されたジンクス

「足りないと意地が焼けるから、
満足するまで食べ尽くせば飽きるはずよ!!」

と言っておきながら、
母親は飽きる事なく食べまくり、
指先もとうとう糖尿病で壊死し、
入退院を繰り返し亡くなった。

もう20年も前のことだ。

“満足するまで食べ尽くせば飽きるはず!!”

この発想はどこから来たのか??

もしや、母は自分の母親(私のお婆ちゃん)
やって貰いたかった願望が果たされなくて、
未消化な思い(感情)を残していたんじゃないかと。

自分がやって欲しかった事を、
娘(私)にやってあげたいと思うことはとても
素敵なことなのですが、

そう思う心の裏には、
自分みたいに惨めな思いを子供にはさせたくないという
変に重い正義感であったり、

言動に過剰な反応があり、違和感を感じたとしたら、
その行為は良いことのように見えても、
何か、気づかなくてはならないメッセージが含まれている。

母は、よく自分の母親(祖母)の悪口を言っていた。
その時はこわい顔だった。
自分の母親(祖母)が亡くなってもまだ恨んでいるように見える。

先日、母の思い出話を姉とした時も、
姉の目から同じものを私は感じた。
母が死んでも、姉の心の中に未消化な思いが支配しているのだと。

セッションをしていると、
例えば、クライアントさんの職場の人間関係や、
異性問題、旦那さんや子供や親との問題、
あらゆる悩みや問題を打ち明けてくれるが、

解決するには、どうしても幼少期の母親との関係性
を見直さない限りは解決しない。
悩みの95%は母親からどう扱われたかで決まってくる。

私の母の様に、
お母さんに満足するまで与えて欲しかった片思い・・・。。
待って待って待ち続けていたのに、
得られないと知ってしまった時、
代用品を探すものなのだ。

赤ちゃんがおっぱいが足りなくて泣く時もあるが、
みんな、きっと思いを馳せれば感覚的に覚えて
いるんじゃないかと思う。

お母さんのおっぱいの膨らみに、
鼻とか口とかほっぺたを付けて、
おっぱいを飲みたい訳でもないのに、
ぎゅうぎゅうして遊んじゃう。

(これ、僕だけのも〜の)

ママのお乳の柔らかさとか匂いとか暖かさとか鼓動とか、
寝付くまでずっとゆらゆらと腕の中に居させて貰いたい
って感覚。

ママが優しい顔で見つめてくれている。

それと同じように、
少し大きくなり自分の足で立ち上がれるようになっても、
ママからはずっと安心感が欲しいものなのだ。

自分という存在を優しい眼差しで受け止めてくれて、
無防備な癖に未知の体験に突進しても、
振り返ったら、ママが手を広げて見守ってくれるから、

失敗しても怖くない。
だって、ママが命を張ってでも守ってくれるから。

(母ちゃん、ちゃんと見てるけんのぅ)

 

母は、それが欲しかったんだろうな〜って。
満足するまで、欲しかったものは、
お金で買えるものなんかじゃなかった。

自分の心の奥底にあった、
未消化な感情が必要以上に支配し、
いつも口寂しい思いを馳せていたのかもしれない。

で、決して卑しくはなりはしないと、
甘えることを振り切り、
心に決めたのかもしれない。

うちは裕福とは言えない家計ではあったが、
母は私に食べ物に関しては満足するまで与えてくれた。
それが良かったかどうかは微妙だ。

私はいつもお腹がいっぱいだった。

学校から帰って、大福やみたらし団子、
おせんべいやドーナッツ、
甘いジュースや炭酸飲料、
コーラーは食事中も飲み、
コーラー中毒までなってしまった。

水なんかは飲み物じゃないと思っていた。

そして、おやつを食べた後は、
夕飯まで眠りに入り、夕飯を食べるときは
顔が浮腫んで、だるくて頭がぼーっとしていた。

夏休みの大半の時間は寝ていた。
それじゃ、頭もアホになるだろう。

今になって思う。
私が下痢ばかりしていたのも、
いつも怠くて頭がどんよりしていたのも、
糖分の摂りすぎだったと。

母親の存在は偉大である。
しかし、良くも悪くも。

さぁもう一つの考察をお伝えしましょう

しかし、長くなったので次回にします。
(いつも思わぬところに話が進むのですまんことっす)

この続きは、

どうやら殆どの人は、
自分がやりたい仕事と正反対の仕事を
選ぶように出来ているのではないだろうか!

ということなのであ〜る。

(またね〜〜〜)

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

(前回からの続き)

「かたくなに誓ったこと!!」

私の中の決め事となっている、
買いたいのに買ってはいけないもの・・・、

「赤福」は地域ゴーツーの電子チケット
でも買えるの
だった。(紙のチケットを貰えてない私)

(これ、伊勢名物のこし餡で出来た餅菓子です)

その(買ってはならぬリストの)オキテをとうとう破る時が来て
赤福を8箱も大胆に買ってしまった。

1箱だけ友人にあげて、
2箱は当日と翌日にペロリとたいらげたが、
残りは冷凍庫に保存しておいた。

さて、
母親から伝授されたジンクスは、
私にとって有効だったのか??

母は「足りないと意地が焼けるから、
満足するまで食べ尽くせば飽きるはずよ!!」

と言っておきながら、
母親は飽きる事なく食べ、
体に悪いものも気にせず食べまくり、
成人病のオンパレードとなっていた。
足先もとうとう糖尿病で壊死していた。

「それなら、いつになったら満足して飽きるの??」

と内心、問いかける。

 

(そんなん言われても、くるときは来るで〜)

コレって、本当は母は自分の母親(私のお婆ちゃん)
にやって貰いたかった事じゃないかと、
今書きながら分かったのだ。

満足するまで、与えて欲しいという母の思い・・・
じゃないかって。
(やっぱりここに母親は降臨して私に伝えとるじゃんね)

で、話は進みますが、
いや〜、もう「赤福」は一生食べなくて
良くなりました〜。もう悔いはありません。

母親の言っていた事は、私にとっては真実だった。

途中で食べ過ぎて体調も優れず、
勿体無いけど捨てちゃおうとも思ったが、
それは出来なかったっす。

で、もう2度と食べなくて良いと思ったのは、
体が苦しい。キツイ。
糖分の摂り過ぎで調子が悪くなるのが、今回よく分かったからです。

それは名誉のために言いますが「赤福」が悪いんじゃなくて、
7箱もたいらげて十分過ぎるくらいに食べた気になり、
脳と体がとうとう飽きて拒否ったのだろう。

で、ここで言いたいことなんだけど、

ちまたでは「体の声を聞きましょう!」

てな、事を聞きますよね〜。

思うに、セックスにしても、買い物や甘いもの、
タバコ、お酒、ギャンブル、
過食や拒食などの度を超える依存症って、

本当に欲しくて望んでいる事ではないはずだ。

頭が流行るというか、
頭に追い立てられているだけで、
(副守護神がやっちゃえ!やってまえ!と誘惑しとるぞよ)

深いところで感じる心の反応は実は気づく速度が遅く、
大抵はあたかも賢そうに主張する頭の方を採用し、
心は後回しにしてしまう習性がある。
ちゅうか、心の声なんて一切聞こえなくなっている。

さらに言うなら、
体には「嘘の声」と「本当にして欲しい声」があり、
嘘の声側が支配していると、
本当の声が聞こえなくなってしまう。

本来は、ちゃ〜んと落ち着いて心や体の感覚に尋ねてあげると、
上辺だけの頭とは反対の答えが返ってくることが
往々にしてあるものだ。

 

私はアンコなどの甘い物やチーズ類やナッツとか
すご〜く食べたい人(美味しいよね!)で、

むりくりじゃないと食べないのは、
梅干しとか酢の物とか。

(ゲロ、ワシは食べたくにゃい〜のじゃ〜)

 

で、解決策として、
私にとって苦手なものは自分を助ける物であり、
私が好きなものは自分を退化させる悪魔君の
お土産もののようだ。

例えば梅干しを食べた時、
体は子供のようにワイワイと喜んでいるのを
最近の私は観察している。

では赤福を食べた時はどうだったかというと、
頭はワイワイ喜んでいたとしても、
体は裏切られたように悲しくて拗ねている。

コレを私はずっと気にせずに放ったらかして、
見逃してきた。

今回、嫌というほどまでに赤福を食べさせて
貰って分かった事だ。

それに赤福やバームクーヘンに憧れていたのは
昔の私の嗜好であることも分かった。

母親は身を以て無茶をして病気になり、
私に真実を教えてくれた。
そして今、降臨してこのブログを書かせている。

死ななきゃ分からないというのがあるけど、
死ぬ前に気付けるのならば気付いておきたいものだ。

先祖の死は、私たちに身を以て教えてくれるから、
おいそれとメッセージを見逃してはならないのじゃ〜。

 

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

私には禁止していることがある。
自分自身に硬く誓ったのだ〜。

「かたくなに誓ったこと!!」

な〜んて事をテーマにすると、
コレからかなり意識の高い心理学的な事を
この私めがのたまうと期待してくださっていたとしたら
ごめんちゃいね〜。

私がかたくなに誓った事。
その1は、
ユーハイムのバームクーヘンを決して買ってはいけない。

何故なら好きすぎるからだ。

(ユーハイムのバームクーヘンでしゅ)

食べ方としては、
まず、カットして売っているは嫌。(美味しくな〜い)
自分の好みの厚さで切りたい!!

で、年輪の層に従って、下の歯でぺっろと剥いて食べる。

それに、しっかり冷やして、硬くして食べる。
だから夏に食べるときは、奴が乗っているお皿の下に、
保冷剤を敷いて、冷却状態を保って食べる。
要するに、ふわふわのバームクーヘンは嫌なのだ〜。
(どうでも良い話をしとるのはようわかっとる)

その2は、伊勢名物の赤福もsameだ。

(伊勢名物 赤福が降臨されました〜)

 

ゲロちっちぇ〜、私的な話ですんませんねん。

今までに、私がかつてウエストが75センチの時、
妊娠8ヶ月と間違えられた事があり、
その要因と言ったらば、

その1のバームクーヘンと、
税理士試験勉強の時に、
90分答案問題を2件やり終えた真夜中に、
毎晩ハーゲンダッツのイチゴアイスを食べた時だった。

要するに、私にとって至福の依存おやつなんっす。

昔は「赤福」はそこら辺ではあまり買えなかったので、
手が出せずに腹デブ問題はなかったが、

最近は福島県の柏屋の薄皮饅頭なんて、
パルシステムでもスーパーでも売っているじゃないか!!

(柏屋の芸術的な皮とこし餡のコラボっす)

 

「あ〜、くわばらくわばら。」

何じゃこの言葉は???
くわばらくわばら→じゃと???
昔、爺ちゃんか婆ちゃんが言ってた言葉。

よくよく考えると条件反射で出てきた言葉だが、
意味がわかんない。

今は直ぐに検索できるからありがたいの〜。
意味;災難や禍事などが自分の身にふりかからないようにと唱える、まじない。

だってさ〜。
すんません、また話が逸れている。

で〜、腹が出てきて妊娠8ヶ月と間違えられた事が
数回あり、私よりずっと年上の人に電車で席を譲られたり、
妊婦に「一緒ね!!」と親しげに話しかけられたりして、

超反省して、決めたオキテを作ったのが、
「バームクーヘンと赤福を買ってはならぬ!!」だった。

イチゴのハーゲンダッツは試験が終わったら、
特に食べなくても良くなったから問題なしなのです。

で、思い出すのが、
結婚していた時、まだ母親が元気だった頃、
母親って・・・有難い事なのですが、

婿さん用に、家に来るたびに大瓶のビールを
2ケースと他にもお酒をたくさん買ってくれた。

母はこう言う。
「お酒とか、足りてないと卑しくなって意地がやけるのよ〜。」

ここでまた理解不能な言葉を思い出した。
「意地が焼ける」→とは、茨城弁。 腹が立つ、頭にくる。

まさか、茨城弁とは知らなかった。
怖いくらいに、最近は話した事がない言葉が
溢れ出てくるのは何じゃ?
(母ちゃん、ワシの近くに降臨しとるんけ??)

で、また話は戻るが、
『十分足りてないと、卑しくなり、
意地が焼けるって本当なんだ
ろうか??』

が、疑問であるのであ〜る。

母親は若い頃から、
糖尿病・脳梗塞・心臓病(典型的な成人病)になり、
食事制限をしなくてはならない人なのに、

そんな事は気にせずに、山ほど食べてはいけないものを
食べまくり、薬が増え続けていた。

元旦那さんだって、決して酒量が減る事も無く、
365日、お酒を呑みまくっていた。

結局は有っても無くても食べるものは食べるし、
飲む人は飲むんじゃないか!!

でも、私は母親のその、「意地を焼けなくさせるには、
満足するまで食べ尽くし、飲み尽くせば飽きる!!」

の、いい加減な考えを、1度も検証できずに、
ずっと気になっていた。

いずれにせよ、
ユーハイムのバームクーヘンの独り占めと、
毎夜食べるハーゲンダッツのアイスは、
私を妊娠8ヶ月体型に出来る事は立証できた。

電車の席を譲ってくれた年上の女性には、
申し訳ないと思いながら座らせてもらったり、
初めて妊娠した初々しい妊婦に親しげに話しかけて貰ったのに、
妊婦でないことを告白するのは恥をかかせてしまうのではないかと、
超超ちょ〜〜、この出っ腹を反省して止めるしかなかった。

しかしとうとう、昨年末のゴーツートラベルによって
私は母親の残した言葉を検証する事が出来たのだった。

名古屋に行った時に、
ゴーツートラベルのお陰でヒルトンホテルに
安く泊まれただけでなく(朝食おいしかった)
地域ゴーツーチケットも貰ったはよかったのだが、

チケットは、紙ベースと電子チケットの2種類あり、
私が得たものは電子チケットだった。

ノリタケの本社に行き、
お気に入りのカップを購入したのに、
現金でしか払えなかった。(ちぇ!)

私が欲しいものは紙チケットじゃないと買えないのだ。

帰り時間も間近になり、買う物が無い。

帰りの新幹線の時間もあと10分に迫り、
6,000円分のチケットから、
何を買ったら良いかわかんないじゃ〜ないか!!

で、目に触れたのが、

私の中で決め事となっている、
決して自分では買ってはいけないもの→「赤福」
ゴーツー地域電子チケットで買える商品
だった。

買ってはいけないというのはどういう事かというと、
食べちゃいけないのでは無く、
人からお土産に貰うのはアリアリなのじゃ。

つまり自分で買えちゃうと、
途方もなく買って食べ尽くす恐れがある、
好みの品物だからなのです。(こし餡大好き)

で、そのオキテをとうとう破る時が来た。

だって、
「私は仕方ないから赤福を買ってしまうのじゃ〜!!」
という口実がついたからだ。

で、とうとう私は赤福を八箱も
買って帰る事になりました〜。

家に帰ってから一個だけ近所にお裾分けして、
残りの7個は着服したのだった。

2箱までは翌日までたいらげたが、
残りは冷凍庫に保存した。

ここからが私が言いたい事っす。

だが、長くなったからまたにしても良いっすか?

 

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************