投稿

お客様の感想から:大事な話⑨

(前回からの続き)

長崎県にある、マジック喫茶アンデルセンでの終盤は、観客を巻き込んで
不思議なパフォーマンスがなされる。
その観客のモデルに選ばれて「運がいい!」と調子こいていた私は、

その後、宮崎県の森深いところをうろつき、
女3人とワイワイ馬鹿話に花を咲かせて偶然にも神社に辿り着いた。

神社の周辺の森を探索したら、
神様が祀られている穴が大きく掘られた木があり、
木の中はご神殿だ。

運が良いと調子こいている私は、神様に何の挨拶もせずに、
神殿となっている木の中に首を突っ込んだ。

「へ〜〜〜〜、おもろいじゃん」・・・的な言葉を発して、
いい加減な態度でお参りをした。

ココまでが前回のあらすじです。

要するに、前回お話しした芸能界を追われた超売れっ子大物芸能人
の様に、神様のいらっしゃる神聖な場所に挨拶もなしに、
土足で踏み入れたらしい。

その祀られていた神様はお稲荷さん系だった。

この後、ジャジャジャン!私の旅は、大変な事になった。

と言ったら面白いのだが、私の運は相変わらずまだまだ続き、
「私、持ってるなぁ」なんて言いながら最後まで調子こいて
その旅は終わった。

九州の旅から帰ってから直ぐにママのところに行かなくてはならない
用事ができて、ママのお店を訪ねる事になった。

何度行っても、昭和匂いのする床が落ちているあの居酒屋は
魔女とゾンビが行き交う感じがして好きになれない。
ついでにそこに来る人は愛煙家が多く、
ボロ小さくて屋根が低い居酒屋にタバコの煙が充満するのだ。
(愚痴はこの辺にして)

ママ;
「あ〜〜ら豊岡ちゃん、お久しぶりね。
もう1年も来てないんじゃないの?

元気だった?・・・・った・・・ったった。。

あれれれ、わ〜〜、頭が痛い、首も痛い、うぅぅぅっつ!

何よ豊岡ちゃん。お〜いててて。。一体どこ行って来たのよ!」


「特に変わりはないですよ!」
と私は言った。
しかも体調は良かったし。

すると、ママはポラロイドカメラを持って来た。

私は何度かママのところへ行ったことがあるが、
ママは毎度ポラロイドカメラを人に向ける訳ではないが、
この時はそうだった。

(ママ、・・集中。。そこの犯人を捕まえてやるで〜)

ママ;
「豊岡ちゃん、行くよ〜〜〜。」


撮るよ〜カシャ”

・・・すると・・、


ママ;

「ほら見てみなよ。コレ!凄いでしょ〜」


Oh,いるいるいる。。確かにいる。

(おのれ〜、私の領分を犯した奴め。成敗してくれる)

マズイじゃんか

こんな顔したのが私の頭の上にいるじゃんか!

ココから先は前回のブログに掲載した通りでございます。

私もママに首を絞められました。
その儀式の前にお寺で祈祷された薄い和紙で作られたお札を飲ませられました。

最近、憑依霊をとると影響をうけてママは体調を壊すらしい。
で、この祈祷されたお札でだいぶ助けられると言っていた。

トイレの鏡で首を見たら、私もミミズ腫れになっていた。

ママに言わせると、ママが首を締めているのではなく、
霊を引っ張ろうとすると、霊がなかなか離れたがらなくて、
しがみ付くからだと言っていた。

実際、キツネどんを取ってもらったからといって、
私的には体調は変わらなかった。

そもそも肩が重くもならなかったから、軽くもならなかったということです。

そして、アフターのポラロイド写真を見せてくれたママは、

ママ;
「ほ〜ら、見なさい!居なくなったでしょう?楽になった?」

と言われたので、申し訳ない気がして、

「はい、スッキリしました。ありがとうございます。」
とお礼を言った。


やっぱり私は運が良いのだ。

以前、テーマ「ニューヨーク物語」を投稿しました。
良かったら読んでくださいませ。

簡単過ぎるくらいにまとめると、
ニューヨークに2週間ほど、IHキネシオロジー の勉強に行った私は、
かつて強制労働を強いられていた黒人の成仏されていない霊を、
それも凄い大人数を引き連れて日本に帰って来てしまった事がある。

ニューヨークから帰った翌日に、
通常ではなかなかお会いする事ができないくらい多忙らしい
陰陽師(おんみょうじ)さんが宿泊されているホテルを
尋ねる約束になっていた。

約束の理由は、
陰陽師さんに石笛を注文していたので、ここ数ヶ月の間の中で、
この日しか陰陽師さんの日程が空いていなかったから
取りに伺っただけなのである。

高級ホテルのお部屋に入って、私が会釈をすると、陰陽師さんは
ママとは違ってお品よく「もしやどちらかへ行かれましたか?」
似たような事を尋ねられた。

「大変なことになっている、このまま放っておいたら、
あなたはやられてしまう」

と血相を変えて仰った。

で、憑依されまくっていたらしい私は、
運よく浄霊して貰えることになったのだ。
そりゃ、放って置けなかったのだろう。

陰陽師さんはかつてこんなにもの大人数の霊を上げたことはなく、
浄霊するのに苦心しておられた。
見てみるとゲップと涙と鼻水だらけの真っ赤な顔になっていた。

そもそも、こんなにもの大人数の霊に憑かれたら、
普通の人はとっくに死んでいるだろうとも言われたが。

昔、アロマの先生にも同じことを言われた。
私は霊を入れる貯蔵庫がめちゃんこ大きいらしく、
そっち方面はタフみたいなのだ。

そこら辺は、ブログのテーマ「霊能者物語」「ニューヨークにて」
なんかをテーマ検索してご覧いただけたらわかると思います。

普通で言ったら、陰陽師さんに浄霊を頼んだら、
100万円掛かる所を、今回は石笛代だけで済んじまいました。

報われない黒人の魂を上げれた事は尊い事だと思ってくれた
んじゃないかなぁ。

多分3,000体だか30,000体だとか、どっちだか完全に忘れたが、
莫大な人数を引き連れて来たらしく、
そんな大人数を浄霊出来る人とは滅多に出会えないと思います。

つまり何を言いたいかというと、
霊が憑いてから間もない時期(帰って翌日)に、
浄霊出来る敏腕陰陽師さんのところに私はいざなって貰えたのだ。

それは私の守護霊様のお徳の高さのお陰だと思うのだ。

だって、ニューヨークに行く前に、
陰陽師さんとは石笛引き渡しのお約束をしていた訳で、
守護霊様は、ニューヨークで私がそうなることをお見通しなのであ〜る。

<次回まで続く>

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

お客様の感想から:大事な話⑧

人ごとみたいに言っていながら、
白状するとワシもキツネに憑かれたことがあったのだ〜〜〜。

(前回からの続きで〜〜す。)

これ、誰にも話した事がないのだが、
ここまで話したら、シェアするっきゃないから白状すると・・。

ちゅうか、こういうコトはしてはなりませぬ!!
という見せしめ?イヤ注意事項としてお話しします。

もう5〜6年くらい前(もっと前かも)になるでしょうか、
キネシオロジーセラピスト仲間と九州に行く事になりました。

その時に誘われたのが、長崎にあるアンデルセンという
マジックを売り物にしているマズイ料理を出す喫茶店です。

料理はマズくても仕方ないのだ。マジックのついでだから。。
でも食べなきゃならないシステム。

ごめん。その話はどうでも良かった。
昔のブログにその記事を書いてあるかもしれないが、
その時に不思議な事がありました。
もし、掲載されていたら見てくださいまし。

かいつまんで言うと、私の名前も何にも知らないマジシャンが、
私の生年月日を電卓をたたいただけで当ててしまった事でした。
いまだにアレがマジックとは思えない。

まぁ、マジックとは思わせないのがマジックなのかもしれないが、
いつまでもお客が絶えないのは、マジックとサイキックとの中間を
やっているのではないかと想像する。

先日友だちのフェイスブックに、「アンデルセンに行って来ました〜」
てな投稿がありましたので、
まだ現役でやっている様なので興味があれば行って見ても良いかもしれない。

私はこんな事が言いたいのではない。

最初から脱線したのは、
アンデルセンでは運が良くないとなかなか指名はしてもらえない、
数少ない当選者となった私が、
しかもマジックらしきもので生年月日を当てられて、
テンションが上がっておりました。

そこで調子こいていた私は、その後、宮崎を観光して女性3人で
キャッキャとふざけながら神社に行ったのであります。
そこはなかなか神秘的な環境でございます。

神社の周りをうろついていると、大きな木がありました。

『木にこんな細工って出来るんやろか???』

と思えるほどに、木を深くえぐり掘って、
大きな穴が開いたそこには神様をお祀りしてあったのだ。

なんか神聖な感じがした。

なのに調子こいている最中の私ですから、
その神様を祀られている木に対して、何の挨拶も会釈もせずに、
木の中に首を突っ込んで、

「へ〜〜〜〜、おもろいじゃん」的な言葉を発して、
いい加減な態度でお参りをしたのを覚えています。

話は全然飛んじゃうのですが・・・、(いつもすんません)

沖縄の神様と、ほどよく交信が出来る友人が教えてくれたお話です。

彼女は関東圏内の方でして、沖縄にはよく訪れるそうです。
沖縄のある神聖な場所に導かれ体の赴くままに動いたそうです。
しかし、そこの境界線を一歩踏み出した途端に、
神様からどやされて、動けなくなった。

「そなたは何者だ!!」

そう尋ねられた彼女は、
自分の名前・何処から来たのか、
どんな素性のもので、
ここに入りたい目的を丁寧にお話しされたと言います。

「ここに入らせていただいていいでしょうか?」

(神様、ここを通りゃんしてくださいまし)

すると、途端に神様から許可が降りて、
重厚に掛けられていた南京錠がとかれて、
扉がスーーと開かれたそうだ。

しかし、その鍵も扉も彼女の様に霊的に見える人しか見えないものである。

彼女が言うには、沖縄はそういった場所が多く、
お国柄からか、土地を守っておられる神様の気質が、
厳しいのではないかと想像する。

ちょっと名前を言うのは控えたいが、(勝手に想像してください)
10年くらい前に暴力団との関係があるとの報道で、
お笑いや司会などで引っ張りだこの芸能人が引退を強いられました。

彼女の話によると、その芸能人は沖縄のある場所に入ってはいけないと
何度も「苦言」されていたのにも関わらず、
その禁断の地に強引に踏み入れたことに対する神様の怒りにふれたのが、
芸能界引退の原因だと言っていた。

「苦言」というのは、人の言葉を借りて神様は言わせるのだが、
それをそのお笑いタレントは聞かなかったという事になる。

(俺は元ヤンキーさ。なんか文句あるか??)

ギョギョギョ!

話はそれに逸れてはおりますが順調に行っています。

<次回まで続く>

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

お客様の感想から:大事な話⑦

なんと、写真の〇〇ちゃんの頭の上に、
キツネが目を赤くしてこっちを見ているじゃないか!

(前回からの続きで〜〜す。)

ママ;
「これは私の持っている特殊能力なのよ。他の人が撮っても映らない。
それにしても、これは〇〇ちゃん、かなり危ないねぇ。
早く来れて良かったじゃない。」

と、ママは言う。

私も目をしっかり見開いて、写真を観察すると、
キツネの上半身(尻尾は見えなかった)、特に顔がはっきり見える。
輪郭も耳も尖った半開きな口先も。

そのキツネの映像はうる覚えだが白黒じゃなかった気がする。
だって目が赤かったもんね(^◇^;)

ママ;
「〇〇ちゃん、ほら、こっちへ来て!」

〇〇ちゃんは既に慣れっこになっているかのように、
いつもの通りにママに背中を向けて正座した。

ママは〇〇ちゃんの首に手を掛けた。
親指を首の後ろに当てて、四本の指は喉に当てて、グググっと喉から後ろに
指を引っ張りながらかなり力を入れてズラしていく。

普通に見たら、首を締めているおばちゃんと、「締められてもいいよ〜」
って言っている女性同士の変態プレーである。

(これ、ヤバイでしょ??っと唾を飲むワシ)

〇〇ちゃんは安楽死を待つような仕草で首を締められる。

コトは終わった・・。。。。(じゃじゃじゃじゃん)

〇〇ちゃんの首は、ママの指の跡が川のように4本がしっかりみみず腫れになり、真っ赤に浮いていた。(これがミミズ腫れって奴か。あっぱれ)

まさに桃色変態プレイ

(びっくりたまげて・・キンタ、、ほにゃらら・・)

〇〇ちゃんは、何も無かったかのように、また元に居た席に戻った。

ママ;
「どう、スッキリした?結構しぶとかったわね?
どこで憑けて来たのかしらねぇ」

〇〇ちゃんは思いあたるフシはないが、よくあるパターンで諦めているらしい。
今日の様に頭が痛くなり、肩が異様に重くなり、イライラして来ると、
ママの所に来て憑き物を取ってもらうのが習慣の様だ。

〇〇ちゃん;
「はい、お陰様で嘘の様に軽くなりました〜。ありがとうございます。」

そのあと、ママはもう一回ポラロイド写真を撮った。
(何で携帯で取らないのかはわかんない)

撮った写真の〇〇ちゃんの頭上には何も無かった。
キツネが消えていた。

ママ;
「ほらね!」

ってママは写真を私に見せて、ドヤ顔した。

(こんなもんよ、ママの実力!)

それにしても、頭の上のキツネが消えた事も凄いが、
よくよく見ると、キツネを取る前の〇〇ちゃんの顔と、後では
全然違っている。

まさしく、キツネがいた時の〇〇ちゃんの顔は、
目がつり上がっているキツネ顔だったのだ。

アフター顔は、柔らかくなって目も大きく見開いて、
どちらかと言うとタヌキ顔になっとる。

那旺;
「こんなコト、どのくらいの頻度であるの?大変だねぇ」

と〇〇ちゃんにインタビューした。


〇〇ちゃん;

「最近は魔除けのクリスタルを付けて、頻度は少し変わっては来たけど、
前回なんて、ここで取ってもらって、この家を出て通りの角を曲がったら、
直ぐに憑いちゃった事もありました。
いたちごっこです。でも、ここにこれるだけ有難いです。」

そうなんだ〜。。
お金と時間ばかりかかって、根本解決にはなっていないんだ。
と心の中で呟いた。

根本解決するには一体どうしたら良いんだろうか?

と、人ごとみたいに言っていながら、
白状するとワシもキツネに憑かれたことがあったのだ〜〜〜。

<次回まで続く>

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

お客様の感想から:大事な話⑥

前回からの続きでございます。

さぁ〜、
ココからが私の一番言いたいことなのら〜〜〜。

とかなんとか前回に言っちゃって、・・でも、
その前に思い出した事がある。(勝手に先延ばし・・すまぬ)

キツネといえば、前にも書いたかしらん、この話??

ある所に、いかにも昭和の水商売チックなおばちゃんがおられまして、
そのイメージは、付けまつ毛バサバサ、しっかりと塗られた青いアイシャドー。
低いガラガラ声で、真っ赤な口紅とネイル、
大きな指輪とやネックレス&ブレスレットをジャラリとはめて、
タバコの煙を鼻から出して、ガハハハっと笑っています。

そこは妖怪クラブのような居場所で、傾きかけた居酒屋を日中に借りて、
占いみたいな悩み相談をそのおばちゃん(ママ)はしています。

傾きかけた居酒屋の壁には、
昭和全盛の俳優のポスターがあちこちに貼られていて、
棚上の置かれた古ぼけたテレビから大きな音でワイドショーが流れています。
まるで時代が変わっちゃったみたいに思います。

  

(こんなのとか・・・・・・  こんなのとかさ〜)

そこへ友人に誘われて初めて連れて行かれたときは、
タバコの匂いと畳の床が抜け落ちたその居酒屋から「早よ脱出したいよ〜」
と思った次第。

そんな所に集まる方達なので、心に陰りを持ちつつも魔女性も秘めて居る
人が多いように感じたのは私だけだろうか。

ママは、簡単な憑依霊も取れる人です。
簡単じゃないときは能力のある僧侶に頼むと言っていました。

で、私の隣にいた30代前半の女性はおなじみさんらしく、
ママは、「あ〜〜〜ら〇〇ちゃん、また変なの憑けてきて〜、
あっ!イタタタタ!頭が痛い。」

〇〇ちゃん;
「そうなんです。頭も痛いし首も重くて、また乗っかられたみたい」

ママ;
「も〜しょうがないわね〜。こっちへ来て!」

と、〇〇ちゃんを座り直させた。

何をしたかと言うと、
ママはポラロイドカメラで〇〇ちゃんの写真を2枚撮った。

ママ;
「ほらほらほら、これよ〜。見て御覧なさい、〇〇ちゃん。」
と、写真を指差したママは、私にもそれを見せた。

うわっ!ヤバイっしょ、kore。

(那旺、唾を飲む)ゴクリ(^◇^;))

なんと、写真の〇〇ちゃんの頭の上に、
キツネが目を赤くしてこっちを見ているじゃないか!

ママ;
「これは私の持っている特殊能力なのよ。他の人が撮っても映らない。
なんだか分からないけど私には出来るのね。
それにしても、これは〇〇ちゃん、かなり危ないねぇ。
早く来れて良かったじゃない。」

と、ママは言う。

<次回まで続く>

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

お客様の感想から:大事な話⑤

前回は、ITさんとのチョイと怖〜いお話をしました。

先輩のITさんとは、常日頃からより効果のある施術方法や
霊的な話をシェアする機会が多く、濃い話が出来る仲間であります。

とても経験と知識が豊富な方なので、体験型の私としては
セッションで起きたことや気付いた事を検証するのに有難い存在です。

ここからは前回の続きになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前回は、
ITさんの浄化施術をされてしまった奥さん(キツネ)は、
とうとう目的を断念せざるを得なくなった。

(奥さんがキツネなんじゃなくて、奥さんに憑いて居たキツネですからね)

『ちぇ、バレたかぁ、あともう少しだったのに。。』
と、にゃりと笑った・・・←ってな話しでしたね!

一体キツネは何を断念したのでしょうか?

ココからがITさんの知識が裏付けになりますので、
よ〜〜く聞いて下さいね!

那旺;
「キツネが『ニヤリ』と目を光らせて笑いながら『ちぇ、バレちまったか〜』って言い放った本音は、目的をしくじって開き直ったって事でしょ?」

ITさん;
「おっしゃる通りです。
しかしなぜこういう場面になると笑うんですかね?キツネって・・・。
10年前にカミさんに憑いた時も同じだった。今回とは違うキツネなのに。
ゾゾゾっとするほど意味深くキツネは『ニヤリ』とする。」

那旺;
「なんか分かる気がするな〜。
私がキツネだったら同じ様な仕草をすると思うからさ〜。
人をあざむいて、あともうちょっとのところだったのにしくじったってことは、
ショックで笑うっきゃ・・ないもんね。

キツネなりの利益が入らなくなっちゃったんだもんね〜〜。」

ITさん;
「ハイ。。どうも人をおとしいれるということをなりわいとしている・・
つまり彼らなりの報酬があるみたいですね。」

那旺;

「それにしてもこのキツネは、現世界の生きている動物では
ないでしょ?つまり霊界的なキツネの話だもんね?
・・・となるとですよ、お稲荷さんで祀られているキツネさんとは
だいぶちゃうよね?

奥さんに憑いた奴は、人間をおとしいれるのがお仕事なんだから。

神様のお手伝いをしているのが神社のキツネさん。
豊穣を司る神様の役割とは、仕事内容が正反対じゃないねぇ」

ITさん;
「やはり霊界もこっちの世界も似たようなものらしく、
神様のおそばで働けるエリートのキツネと、
そこから外れてしまったやさぐれたキツネとふた通りあるみたいです。

エリートから外れると、なんとか生き延びなくてはならないから、
誰かの下に就かねばならない。とどのつまりは、
人間を堕落させる事を目的としているキツネのボスの手下になるんです。

そのボスから報酬を貰うためには、人間に憑いて、人間をそそのかしてエゴだらけの悪意のある人間に仕立てなくてはならない。」

(ボス、わたくしの忠誠心、如何程ですか?・・とおべっか)

那旺;
「キツネの世界も生き延びるのに大変なんだね。
生き延びるっていっても、霊の世界なんだからご飯を食べなくても
死なないのに・・・何故やろか・・・。

でも、自分が居るべき場所に居させて貰えなくて、
はみ出しっ子になったら辛いし、それにボスに逆らうと殺されちゃうとしたら、
可愛がって貰うためには、言う事を聞かなきゃならないだろうし。。

その前に、素行が悪いことが大好きな奴だって居るもんね。
その方が楽やん。
類ともの法則で、「手下」には成るべくしてなるのかな〜。

それにしても奥さんは、災難だったね。
ITさんみたいな浄化が出来る旦那さんが居ない人はどうなっちゃうんだろうね?
キツネどんの目的を果たされてしまうじゃんか!
どの程度落ちるかはその人の魂の曇りに比例するかもしれんが・・・」

ITさん;
「本当にその通りですねぇ。その人の運にもよるし・・。」

さぁ〜、
ココからが私の一番言いたいことなのら〜〜〜。

(じっと、遠くを見る那旺きち)

<次回お楽しみに>

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************