投稿

毒親→改め→ポコ親(その5)

 

(前回からの続きです)

セッションをやっていてつくづく思う事がある。
自分より先に生まれた順番はどうも尊重した方が良い様である。
上のものを尊重しない=バカにすると言う行為は、
むりくり自分が上を飛び越えて行かねばならない。

となると、どんな不味い事が起きちまうのか???

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もう1ヶ月も前になるこの話題。
大晦日に奮発したお節と友人に貰った美味しい日本酒を頂きながら、
次男に伝えなくてはならない話をする所からこのテーマは
始まっています。

カウンセラーになって、自分を見つめ、徐々に気づいてしまった。
小さな心の鍵のかけ違いが、その人の生き方を難しくし、
人間関係がねじ曲がり、大きく本質から外れて行ってしまう事を。

沢山のセッションをさせて貰って、その法則を垣間見た次第です。

 

(なるほどでゲス。オイラ家政婦は人間の生態を見ちまった。)

 

ポコ親那旺がポコ親那旺を振り返り、心の中で話しかけている。

    
自分で自分をバカにしているみたいに聞こえるかもしれないけど、
そもそも親って立派なんてシロモノじゃないのよ。
大抵の人は自分がどう言う人間なのだかさえもよくわかっていない。

人間として未熟なのは言うまでもないが、そんなのが親になる訳で、
だいたいは、親として「ど」が3つくらい付くド素人で、

子供を産んだ時点で、とりあえず形だけは「親」となる称号が貰えるが、
大多数の親がポコ親なのだ。

私なんか22歳で結婚して、
それまでに食事を作ったことなんか1回も無かったし、
後片付けも洗濯もしたことなんてなかった。
み〜〜んな母親がやってくれていたもんね。

綺麗に洗濯されたパジャマに着替えて親が干してくれたお布団で寝て、
お手伝いなんかしないでテレビを観て、
当たり前の様にテーブルに出てくるご飯を食べた。

その大人になりきっていないパーポー娘がだよ、

(パーポー娘ございます)

結婚した途端にそれとは真逆な立場に突然なる訳で、
わかっちゃいたが、練習したことがなかったから、
わしゃ〜半端なく辛かった。
小学生低学年が子供を産んだ様なもんさ。

そんな私が結婚した途端に妊娠し、長男が生まれて直ぐに
頼りになるはずの母親が脳梗塞で倒れ、
こちらが親を面倒見なくてはならないと言う三重苦。

理想の旦那様と結婚したまでは良かったが、
両親みたいな夫婦仲が悪い家庭にはしたくなかったから、
旦那さんにとっての理想の奥さんになろうと思い込んで、
必死こいて良い奥さんを演じてた。

毎日料亭の様な料理を出して、
出産の前日まで、旦那さんの髪の毛をシャンプーしてあげて、
大好きだったドラマなんて一切見ずに、NHKやスポーツ観戦。
お姑さんの前でも従順な嫁もしていたな〜。

これも、私の理想の仲の良い夫婦を描く為に、
自分を抑えきった完璧に間違った方法をとってしまった。

ばっかだよな〜。わし。

(勝手に穴を掘って、穴に落ちたがっていたオイラ)

で、ここからが言いたい事だけど、
親としての訓練を誰からも学んだことがない私が、
一人の人格を持った子供を育てるなんて、よくよく考えると
とんでもない大役をしていると思う訳よ。

世の中の親に言いたいね。
私ら親はド素人なんだから偉そうにしなくて良いのだと。
親になった途端に、「親」の仮面を被り、弱点を持つ生身の
人間である事を忘れてしまっている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大嫌いだった姉を私が産んだ長男に投影しまくっていた私は、
見えない毒蛾の掛かった鍵を次男に押し付けてしまった話は
前々回にしたかと思います。

ものわかりの良い次男に私は非言語の言葉で
「あなただけはあんな風にならないでね!
私の気持ちがわかるなら、
お兄ちゃんを一緒に嫌いになろうね!」

ちょっとオーバーめにわかりやすく言うとそんな感じです。。

「私は一生懸命やっているのに・・・」と、
被害者に見せかけておきながら、「あなたも共感してね!」って言うのは、
「ただの脅迫」なのであ〜る。

親は知らず知らずにこれをやっている。
こんな恐ろしい事を思っていたなんて心理の勉強をするまで気づかなかった。
姉に対する我慢や憎しみが幼い頃からずっと癒えていなかったから、
同じ様な場面に遭遇すると、どう対処して良いかわからなくなって
感情だけが先走って動くのだ。で、次男を巻き添いにしていた。

小さい次男は、「自分は甘えてはいけない。
兄貴は手が掛かるしお母さんを苦しめているんだから、
僕は手が掛からない様に
しよう。それがお母さんを喜ばせる方法だ!」

と、心に決めたのかと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ポコ親那旺が次男に白状した所から入りましょう。

ポコ親;
「あなたが一生懸命にお仕事をやっているのに、
最終的には目上の人と上手くいかなくなるのを繰り返しているでしょう?
その理由、私、数年前から気づいてたんだけど、聞いてくれる? さらに読む

毒親→改め→ポコ親(その4)

 

(前回からの続きです)

私と次男は子供の頃からの経験により、
「我慢する」「私は賢い」(目上のもの=社会をバカにする)
と言う報酬を得る事になった。

前回に話しましたが、

夫婦間仲が悪い場合、母親が夫を悪者に仕立てて、
父親の悪口や愚痴を言ったりバカにしたりして、
子供を自分の味方に付けるパターンはよくある作戦です。
(この反対の例、『つまり父親が母親の悪口を言いつける』の事例は少ない)

子供はそれを真に受けることが多々あるのだ。
私も例外なくそれにハマっていたので、父親を嫌っていたしバカにしていた。

驚いたのは去年末に人生で初めて8歳上の姉(長女)と
二人で2泊の旅をした。
その時判明したのは、姉は父親の事を嫌っていなかったし、
悪くなんてちっとも思ってやしない事だった。
しかも可愛がってもらっていたとも言っていた。

(うっそ〜〜〜〜〜。あの父親が〜〜〜)

 

何で、同じ家庭にいて、これほどまでに見方が違うのだろうか?
多分私が子育てされた頃は、夫婦仲が極端に悪かったのだろう。
そして私は母親の愚痴を聞いてあげやすかったのかもしれない。

あいつは卑怯な男。男としての仕事が出来ない。
酒や賭け事に溺れ、強いものにへつらって、ヒステリー男。
などなど、恨み節は続いていた。

でも母親は明るい性格だったからそれ程悲壮感は無かったが、
長女はそう言う母親に対して、私とは真逆な見方をして、
母親はワガママだ!と反抗的な姿勢を示した。

しかしこう言う騒動に巻き込まれなかったものが家族に一人いた。
それは次女だった。

マイペースで我が道を行くと言う姿勢は、
言い換えるとワガママでもあるが、
ある意味、人の影響を受けず、期待もされず、
自分を守る為には有益な事じゃないかと最近思うのだ。

あてにされないポジションって、案外悪くない。

(自由奔放、のらりくらりで良いんだもんね〜だ)

で、話は戻るが、私は両親の夫婦仲が悪い状態をずっと知っていたので、
結婚したら、絶対に夫の悪口を言う母親にはならないと決めていた。
夫婦は仲良くありたいと常に心がけていた。

なので子供たちはお父さんをバカにする事は一切なかったが、
私の姉に対する投影のせいで次男が長男をバカにする様になったのは、
彼の今後の人生にとってはマイナスとなったのだ。

これはセッションをやっていてつくづく思う事がある。
宇宙の法則になっているのかは知らないが、
水の流れの如く、上から下へと流れるものを堰き止めると、
負荷が掛かるのは当然なことです。

つまり、自分より先に生まれた順番はどうも尊重した方が良い様である。
上のものを尊重しない=バカにすると言う行為は、
むりくり自分が上を飛び越えて行かねばならない。

となると、どんな不味い事が起きちまうのか???

 

(次回でおしまいに出来るかな〜)

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

毒親→改め→ポコ親(その3)

 

前前回から続ているお話です。

親は無意識に子供に見えない毒蛾の掛かった鍵を手渡してしまっている。

 

って、どういう事っすか????

(あは〜ん❤︎お母さん、それはどういう事だべ??)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

未熟なポコ親が子供に手渡した鍵によって、
大人になっても見えない鍵を持ち続ける子供は、
人生を生きづらくしている。

心の問題を探求している私は、これに気づいてしまったから、
その原因を白状する事にした。

本来ならば鍛錬したセラピストに息子を委ねたいが、
察知能力の高い彼の性質を頃合良く受け止めつつも解決してくれそうな
セラピストがずっと見つからなかった。

そもそも論だが、
本人がこの問題を悩みとして認識して、解決したいと思っていなければ
論外なのだ。

でも、タイミングさえあえば・・・

きっと・・と、

何年も私はその時を待っていた。

(片目を瞑って片目を開けて〜〜っと、こりゃこりゃ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「一生懸命頑張っているのに何で自分は能力以上の評価を受けないんだろう。
感謝されるどころか頑張れば頑張るほど、痛い目に遭うのは何なん??」

このパターンが毎度続く。
自分は出来る限りの努力をしているのに、
無能で怠けている人の方が評価をされたりしていませんか?

(何だと?ワシが無能とおっしゃるんでゲスか?あんさん)

突然ですが、

私は姉(次女)が嫌いだ!

小さい頃からずうっと我慢していて、
つい数年ほど前まで、私は彼女を嫌っていた。
そして大いに馬鹿にしていた。

私から見たら、姉は意味不明の存在だった。
意味不明とは彼女が自分勝手で理解不能と感じていた。

だから私は嫌いな姉と関わる事をやめました。
自分の安住を求めるためです。
彼女の一つ一つが私をがっかりさせるので、
姉妹だと思う事自体をやめて、会わなければ何も問題は起こらない。

しかし自分の終末を迎えた時、
もし、後悔が残るとしたら、姉を嫌ったまま死ぬことだった。
縁あって姉妹として生まれたものを理解し得ないままで終わらせて
良いものなのか?

親が存命中は、形ばかりは仲良くしているかに見せておいたが、
例え、他界した親の目が無くなったとしても、
親にしてみたら姉妹が仲良くしていたらきっと嬉しいん
じゃないだろうか?と想像してみたのだ。

で、私は姉との交流を一生持つまいと決めていたのを、
とうとう撤回する行動をした。
(ここら辺のエピソードは以前どこかの記事に書いたと思います)

私は自分が産んだ長男が苦手だった。

とにかく嫌だったのだ。
その嫌なところが姉にそっくりだった。

感情的だったり、かと言って自分を守るための正当論は天才的で、
自分勝手なところが苦手で、

私が小さい頃に姉に対して苦情を母親に言うと、
決まって母はいう。

「あの子は気に入らないとかんしゃくを起こすけど、
感情を発散させたら、後まで引かなくて直ぐに忘れて、
さっぱりしているところが良いのよ〜」と。

しかしこちらに何の不備もないのに突然感情をぶつけられた時は、
唖然とするしかないし、
バカと狂気は我慢すべしと言われている様なものだった。

(この人、バカじゃないの〜。あったま悪!)

この時から、姉をバカにして自分はお利口さんだと言う報酬
を得る代わりに、私は姉の身勝手な行動を横目に見ながら、
我慢しなくてはならない鍵を持つ様になった。

で、最終的には身体中、手術で切り傷だらけなのにも関わらず、
病院内で酒をやめない父親と、
脳に血栓があり、狭心症や糖尿病で足が壊死していても、
病院で禁じられているお菓子を買い込んでいる母の介護を、

23歳くらいから一人でする事になってしまった。

何故ならば、私は賢いから一人で我慢しなくてはならない鍵を
持ってしまったからだ。

姉に対する恨みを持ちつつ、理解不能で何の解決策も持たないまま、
姉にそっくりな長男を産んでしまった私は、
やっと姉から逃れたはずなのに、・・・またしも!
これがこの世の学びなんだろうかね〜〜。

私が学ぶだけなら問題はないが、
それをいつの間にか次男に押し付けて鍵を渡してしまった事に、
子育ての時は気づかなかった。

次男は手が掛からなかった。
健康だったし、体も大きく生まれた。

私が長男に手を焼いてイライラしている姿を毎日次男は目撃していた。
時には、愚痴を聞かせていた。

あの子は、姉の産んだ子みたいだ。まるでそっくり。
自分勝手で思いやりがない。
それなのに愛想も良いし、顔も可愛いから、
外ではまるで良い子に思われるだろうが、
そもそも嘘つきだ!

てなニュアンスをかもし出し、長男に姉を投影しまくっていた私は、
そうやってため息をついていた。

きっと口に出さなくてもわかるはずだ。
非言語の私の言葉はあなただけはあんな風にならないでね!

もっと言うなれば、「私の気持ちがわかるなら、
優しいあなたはお兄ちゃんを一緒に嫌いになってね!」

です。。

自分を被害者にして弱々しく見せておきながら、
実はこれを「脅迫」と言います。

親は知らず知らずにこれをやっている。
自分の不満を子供にも荷物として持たすのだ。

そうなると次男は、「自分は甘えてはいけない。
兄貴は手が掛かるしお母さんを苦しめているんだから、
僕は手が掛からない様に
しよう。それがお母さんを喜ばせる方法だ!」

その決断の代わりに彼も私と同様、
我慢して立ち向かわない代わりに、「僕は賢い」
兄貴(目上のもの=社会)をバカにすると言う報酬を得る事になった。

さすがに私も親だから、長男が嫌いなわけじゃない。
可愛くない訳がない。
要するに、自分の思う通りになる時は好きなわけで、
状況や日により、気持ちはコロコロ変わる。

そうなると次男は翻弄されて、
どこへ自分の立ち位置を置いたら良いか分からなくなってしまう。

ビリーフ=信念(苦しい持ち鍵)を掴むプロセスは、
こんな事から始まるのだ。

これは夫婦間の仲が悪い時に、母親が夫を悪者に仕立てて、
子供を味方に付ける為に、よ〜〜く使用する作戦でもあ〜〜る。

 

(今回も、暗いっすね・・。)

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

毒親→改め→やっぱりポコ親(その2)

(前回からの続きが驚くほどに遅れてしまった。いつものことですが・・)

毒親=ポコ親=ポカ親
無知なものだから、無意識にも、良かれと思ってポカをしてしまう
・・て〜のは・・ポカ親なのだ。

と言っておきながら、やっぱり「ポカ」は響きが良くない。
オウム真理教をほうふつとしてまう。
やっぱり私的に可愛い言語を選んで「ポコ」ちゃんに戻します。
(読者的にはどうでも良い話かもしれぬ)

で、前回の続きになりますが、

親は無意識に子供に見えない毒蛾の掛かった鍵を渡してしまう。

・・という話でしたね?
ポコ親那旺の次男に対する打ち明け話・・そのさきに進みましょう!

ちなみに、大前提として、

息子は悩みとか愚痴とか、
心の問題は殆ど喋る事は無いので、彼がどういう考えを持っているのか、
どういう悩みを抱えているのか、もしや抱えていないかもしれぬが、

そんな状況の中で、ここ数年の間、彼をじっくりと観察した結果、
ほぼ推測から成る、
ポコ親のカンだけを頼りに話している内容である。

ポコ親那旺;
「前からずっと気になっていたんだけどね、
お仕事であなたが一生懸命頑張っているのはわかるんだ。
気が利くし、サクサク動けるし、感じもいいし、全体も見れていると思う。
つまり能力はあると思うのね。
それにある意味、あなたに向いている仕事だとも思う。
(ここまでは相手を認めているつもり)

でも、今、また前と同じ様な内容で、
あなた自身をイラつかせているんじゃないかなってさ。

「一生懸命頑張って、能力もあるのに何でうまく行かないんだろう。
自分は能力以上の評価はされない!」

って思っている人はちまたでもいるはず。
そうなると、ジレンマになり誰だって苛つくよね。

例えば、「無能な上司め!何でこんなこともわからないんだ!」
って思いながら、何とか上司に自分を認めさせようと頑張り続けるけど、
頑張れば頑張るほど、裏目に出てどんどん過酷になってしまうってあるじゃん。

でもね、そういったパターンが毎度続くとしたら・・・どうだろう。

相手はどうやったって変わってくれる訳じゃないから、
やはり何らかの手がかり=メッセージに気付くことも必要かなって。

何かもっと成長するチャンスがあるかもしれないし、
自分を見直す
時期が来たのかもしれない。

 

(辛い今がチャンスなのさ〜。)

うちのクライアントさんは、そんな時には何が原因なのかを知りたくて、
苦しみから逃れたくて相談しに来てくれるわけだけど、

数年前にあなたに勧めたよね。
あなたの人生を阻んでいる気になる問題が一つだけあるから、
セッションを受けた方が良いって。

もちろんその原因は母親になってしまう可能性が大きいから、
原因を作った犯人の私からはカウンセリングは受けられないもんね。
(で、彼は私の勧めで1度だけ私の友人のキネシオロジーは受けた事があるが
解決には至らなかったし、その後は受けることは無かった)

原因の根源を解決できなかった場合、またいつか同じパターンの
悩みにぶち当たってしまうんだよね。

だから私はここでその原因を白状する事にしたんだ。
あなたがセッションをしなくても、私の話を聞いて納得さえすれば、
この問題は解決するんじゃないかって、ちょっと賭けてみようと思うんだ。

そう思える様になったのは、最近クラインアントさん(魂が高い人)がいらして、潜在意識に働きかける様なセラピーをしなくても、
問題の原因を話しただけで深い理解を示した人がいたのね。

つまり、理解しただけで、物を見る目が変わったって事。

 

(あら、まっ!!気付きがあったんどすね〜!)

そうしたら見違える様にクライアントさんの環境も人生も変わったの。
だからあなたを誰か他のセラピストさんに委ねなくても、
何とかなるかもしれないって
思えたの。」

その後、きっと愚痴は聞きたくないだろうと思い、
この話は敢えて言わなかったが、

自分は産後鬱だったと最近気づいたので、それだけは伝えたのだった。

産後鬱と思ったのは、次男を産んでから更年期障害とか、
自律神経失調とかの症状となっているもの全てを私は所有していた
からだ。

微熱で体は常に寒く、不眠による怠さ、毎晩恐ろしい夢を見続け、
下痢や坐骨神経痛による足の痺れ、動悸や目まい、
婦人科系の病気など、産後にはあらゆる症状に悩まされていた。

しかし両親はどちらかが必ず入院していて頼れない。
それどころか、逆に親の看病をする状態だった。

私は早く結婚をしたので、同級生たちは、ハワイに行ったり、毛皮を着て、
恋愛や遊びの人生をおうかしている頃だった。

そんな状況の中、私はどうしても受け入れられないことがあった。
それが今尚、次男に影響を及ぼしている原因となる事を
未熟な私は知らなかった。

 

(今回の投稿、暗いっす・・。)

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

毒親→改め→ポコ親→更に→ポカ親(その1)

毒親=(もうこの言葉を使いたくないから・・ポコ親と書きます)

私はこの言葉が単純に嫌いだ。

セッションをするのなら、
その方の命の本流がドバッと流れて、
紆余曲折しながらも最終的には親と繋がるセッションが出来ないと、
私としてはやり終えた感がない。

だから親が毒のままでは繋がれないのだ。

親と繋がるって〜〜のは、命の根本と繋がる訳でござんして、
そのさきに何があるかってか??

いったいどこなんっすか???


(えっ?どこだべさ〜)

答えはヘソの緒(お)がつながった先の、

・・・デ・ベ・ソ・・なんかじゃなくて〜〜〜〜〜、

宇宙の果てしない先の先のその先の・・先に行き過ぎて・・
戻っち来まって、グルグル螺旋の様に宇宙をめぐっているうちに、

結局は神のお膝元にいっちまうんだで。
いずれは神様との分離がない状態に行き着くはずだ。。

そんなところを目指しながらセッションをしている訳で、
それが私の憧れですね〜〜。


大晦日は高級割烹の店主に無理くり頼んで創ってもらった
お節料理を次男と一緒に食べちゃった。

(このお重箱、父方の昭和9年に制作されたものだった)

その中身は〜〜〜〜。

(お重箱には、中身がぎゅうぎゅう詰めだった)


次男とテレビを見ながら、酒を交わし、
とりとめのない話をしつつ・・、

彼にとって自称ポコ親である私は、
彼に今まで言えなかったある事を、この際言ってしまおうと企んでいた。

本当はテレビを見ながら、しかも酔っ払い次いでに、
大切な打ち明け話なんかしたくはない!!

でも、互いを追い詰めないで、ゆったりとした隙間のある中で、
話をした方が程良いかと思ったわし(ポコ親)であります。

(『うわ〜、このお節、薄味で最高っすね!』
・・とかなんとか言っちゃって)

ポコ親;
「ねぇ〜ぇ、前にも話したことあるけどさ〜、
子供が生きづらさを感じているとしてね・・、
その原因の全部が親が問題ってわけではないんだけど、

でも、沢山のセッションをしていると、変わるからさ。
親との問題を解決すると、その人をはばんでいる人生が
ガラッと好転するわけよ。

で、残念なのはさ〜ぁ。。
やっぱその大半が母親なんだよね。・・犯人が。
子供の人生を操ってしまった裏の犯人って、
父親はそれ程影響していない。

となるとですよ・・、前にも言った様に、
あなたの人生で、毎度同じ様な局面(失敗)を
繰り返している事ってあるでしょ?

どうしてそういうパターンにまた行き着いてしまうのか!
それにそろそろ気づかなくてはならない時が来てる気がするんだ〜。」

と、お節料理を前にして、二人がけのソファーに並びながら、
集中力を削がれて雑音にしか聴こえない紅白歌合戦に目をやりつつも、

でも、心は息子にエネルギーを注いでいるポコ親の私。

(ポコの心はあんさんを見つめているで〜〜)

息子に生きづらさの鍵を渡してしまったポコ親は、
その鍵が何を意味していたのか!
その鍵をもう捨ててしまっても良いんだと、
ポコ親は伝えなくてはならない。

鍵の正体は、全ては無意識が引き起こしたことではあるが、
未熟なポコ親の毒蛾が侵食している。

毒親=ポコ親=ポカ親だ。
無知だからポカをしてしまう・・だから・・ポカ親なのだ。

(次回告白します)

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************