繰り返される、クリスタル殺人事件⑪

 

(前回の続き)

 

仮に自分が死んだ事に気付かない霊が
7割いるという話を信じたとして、

 

その7割の霊体って〜のは、
成仏出来てないっちゅう意味なんか?

 

うーん、どうもそうらしい。
(と、何気に一瞬、
どなた様かと電話交換してもうたわ)

 

電話

(次郎君。何人の彼女と電話を
しとるの〜?)

 

 

と、なるとじゃよ、

7割の霊さん達は、
この現界に残っていらっしゃるってか?

 

て

(霊さん!貴方の進退は、
いったいどないすんねん

 

そう言えば、うちのアシスタント君と
駅近くを歩いていた時、

彼、相変わらず変な事を言っていたなぁ。

 

御嶽山駅から10秒の所に、
スーパーオオゼキがあるのだけど、

 

アシスタント君:
「那旺さん、店舗から外にはみ出して
売っている食品は、買わない方が良いよ。

エネルギーが無くなっているからね」

 

私:
「またー、アシスタント君、
唐突に変な事を言うねぇ。

何言っとるか、意味が分かんないわー。

でも、なんで?
野菜に日が当たっちゃっているから?」

アシスタント君:
「いえいえ、店の外に陳列された

野菜はね、

浮遊霊が野菜のエキスを吸ってはるから
野菜のエネルギーがスカスカなんや」

 

私:
「えっ?それじゃあ、
バレない事をよそに無銭飲食やん。
ズル

 

アシスタント君:
「浮遊霊を浮浪者と似ていると
捉えれば、

那旺さん、何となく雰囲気を
掴めるかな?」

 

私:
「確かに私が浮浪者だったら、いくら
誰にも気がつかれなかったとしても

お店の中に入ってまでは、
ちと食べ難いかもな。

やっぱり、サササッと店頭に
並べられている物を、

拝借しちゃうと思うなぁ。」

 

 

こんな話を聞いちゃってから、
私は店内にある品物しか
買わなくなったのだ。

言い掛かりかもしれないが、
何となくこの話が妙にしっくり
来てしまいました。

 

アレ
(何気に僕、にゃっとくでちゅ)

<続く>