繰り返される、クリスタル殺人事件⑩

 

オ〜、ますます話が終息しない
雰囲気になっとります。

 

とうとう黄泉の国とか、
イザナギ・イザナミの話にまで
行ってしもうた。

 

でもね、なんのかんのと言っても、
私が言いたい事はただ一つ。

これだけなのじゃ〜。

 

いくら優れた霊能者が居ようと、
有能な聖職者がたくさん現れたとしても、

 
霊がドンドンと増え続けていては、
いつまで経っても解決つかない。

根本的な解決は、
自分の中にある光を見つける事なのだ。

 

黄泉の国(この地球)にいれば、
黄泉の国の食べ物(概念ともいう)
を食べなくては生きてはいけぬ。

 

だから体に蛆虫がたかっていても
仕方ない。

 

それは当たり前の事なのだ。

 

じゃ、蛆虫がたからない様にする為に、
私達はいったい何が出来るのだろうか?

 

です・・・よね?

 

しっかり

(僕、少し分かって来た気がするワン)

 

私達全員が蛆虫(浮遊霊)に侵されて
いたとしよう。
先ずは、
その事に気付いてさえしたのなら 、

かなりいいレベルに行けているん
じゃないかな?

 
心屋仁之助さん風アファメーションで
言うならば、

じんさん

 

「私って、どうせ蛆虫に侵されているわ〜」

「そうなの、蛆虫だらけなのわたし。」

「蛆虫だってウジ可愛い所あるし〜」

「も〜蛆虫に好かれちゃったわ〜」

「残念だけど、可愛いのよね〜ウジ君」

「この蛆虫っぷりがたまらなく素敵!」

「あ〜も〜いいわ〜、蛆虫でもいい」

「ごめん、ウジ可愛くて!

 

てな具合に、心屋さんならやるので
しょうかね?

 
人間である以上、自我や魔があるのが
当たり前と、先ずは認めちゃって、

 

さ〜て、

その次にやることは、なんでしょうかね〜

 

<続く>