繰り返される、クリスタル殺人事件④

 

(前回からの続きですよ〜)

私の尊敬する師は、
鬱病の95%位は霊の仕業だと仰って
おられた。

その師匠だけでなく、
他の師も同様な見解でした。

 

さらに、話を深掘りしますと、

 

私の近くにいた霊能者の話ですが、
彼は霊能力がとてもありました。

しかし、
いつの間にか力は消えてしまい、

どんどん行動や言動がおかしくなっていき、

それこそ霊能者本人が霊に憑かれている
のじゃないかと疑いたくなる場面に、
私は出くわしています。

 

家政婦

(確かに、この目で見てしもうたじゃん)

 

それと、何度浄霊をされてもまた
憑かれてしまう人の問題を、
どう解決すれば良いのだろうか?

 

なんの縁か知りませんが、
そういった体験を積んでくると、
単純に疑問が出てくるのです。

 

言いがかりと思われるかもしれんけど、

 

仮に鬱病の95%位は霊の仕業だと
思い込んでくだせ〜。
(もしかしたら、師匠は病気の95%
と言っていたかもしれません)

 

だとしたら、今現在の鬱病人口の増加
はどう解釈したらいいんでしょう?

 

ストレス社会だから?

電磁波の影響が強いから?

食べ物の添加物が悪いの?

自然が少なくなったから?

教育が良くないの?

 

 

確かに
その要因を疑ってもいいでしょう。

でも、鬱病=霊の数、
と無理くり計算式をつけたとして、

 

じゃあ何で霊が成仏できていないのか?

 

それには、二つの方向性があるかと思う
んですね。
一つは、浄霊が公然とできる職業って、
霊能者というよりか、お坊さんとか
神主さん、牧師さんとかじゃないのかな?

 

だって、お葬式でお坊さんが
本山と繋がってちゃんとお経を唱えて
くれたら、

 

普通に考えて成仏出来まへんか?
私は両親や義理の兄のお葬式の喪主を
務めましたが、

その時のお布施代ときたら、
100万円と僧侶に言われました。

 

葬儀屋さんに払う金額じゃないですよ。
戒名代でもないですよ。

たった、2時間くらいのお経を2日間
上げていただくだけで、
100万円。

 

それで、成仏させて貰えているかは
あくまでも不明です!ときたら、

 

「何なのよ〜!」っと
言いたくなります。

 

あ〜憤慨の感情が出てきてもうた。。

 

 

那旺さん、落ち着きまひょね

 

みたな

(は〜いお股隠して一発芸ストレッチ) 

 

で〜、こんな提案どうでしょう?

 

<続き>