繰り返される、クリスタル殺人事件③

 

前回の話によると、

靈が憑いていると、
自分自身に自覚が有り、
それを取ってくれる人、

つまり霊能者に
巡り会えた人は運が良いと言える
のかもしれないです

 

私の尊敬する師は、
「鬱病の殆どは霊の仕業。つまり、
その数95%位になるんじゃないかな?」

 

 

と仰っていました。
これまた、すごい確率ざんす。

 

猫

(それを聞いて、じぃ〜〜〜と考える僕。)

 

かつての時間を走馬灯の様
思い出すわちき。

 
確かに私は能力のある霊能者に
何人か出会ってきた。

 

その迫力や現象を目の前で見てきた。

憑かれた人が、
浄霊される前とされた後では、

顔つきや行動、環境が変わっている
じゃ〜あ〜りませんかという・

その姿を。。

 

でもこの経験の中で、私には二つの
疑問が残った。

 

霊能者の能力がいつの間にか衰退して、
それこそ、

 

「霊能者本人が霊に憑かれている
んじゃないの?

 

としか思えない顔つきや言動に変貌して
行く姿を見ていた。

みた

(ありゃりゃ、おっとっと〜。
そういう事ニャのね〜)

 

その人の潮時を見極めなくてはならない時が
あると思ったのだ。

 

 

それと、何度浄霊をされてもまた憑かれてしまう
問題はどう解決すれば良いのだろうか?

 

 

この世に起こることを良い悪いで判断する
のではなく、

その人の価値ある経験として捉えたならば、

宇宙は何を経験させようと示唆しているの
でしょうか?

 

を通して私たちは宇宙の意思
学ばなければならない様だ。

それは、何なんじゃ?

 

 

難しい

(半沢直樹が真実に迫る!!近日公開)
←嘘で〜〜す。

 

う〜〜ん、だんだん難しくなってきちゃった
な〜このお話。

 

これから、どうなっていくんやろか?
この続き。。私、知りません

 

あっ!一言、注意っす。

このお話、皆さんこのまんま信じないで
くださいね。

例えば、師が仰られたお話は、
内緒内緒で聞いた話をちとここで
話しただけのことで、

それが事実なんていう証拠は
ありませんので・・・。

そして、怖がらせている訳でも決してないし、
ふざけている訳でもないのだ。
もし、私の話にしっくりくればそれはそれで
受け取っていただき、

しっくり来なければ、
この人、変なこと言っているな〜、

くらいで止めておいてね。

 

おねげ〜しますだ。。