ちゃんと死ねる(生きる)には。。⑤

 

霊的に影響を受けちゃう人に、
ふた通りのパターンがあります。

それは、

霊的にダメージを強く受けて
人生に大きな影響を及ばされる人と、

お風呂に入れば憑いていたくらいの
煙(霊)は取れちゃう人です。

 

その違いは何なのでしょうかね〜。

 

 

ごめんちゃ〜

ちょっと話は逸れるけど、

最近、セッション中に覚醒体験というか、
真我の自分に出会えるクライアントさんが

増えて来たんですよ〜。

 

セッションを受けて3〜5回目を過ぎた頃に
なると、

「宇宙との一体感を感じ、
自分の存在が無くなって宇宙と溶け合い、

それはとても静かで、
安定していて、幸せ感に満ち溢れた
世界にいることを体験出来ました」

と、目を輝かせて教えてくれます。

 

『あ〜、みんな繋がっているじゃん。
私が宇宙そのものだったんだ〜』

 

 

って〜〜〜なことで、

つまり、一瞥(いちべつ)体験ですね。

 

ひとがいい

(うひょひょ、うひょひょ。。
幸せなりん)

 

なんでこんなことがセッションによって、
最近頻繁に起きる様になって来ているのか

 

2〜3年前にスピリチュアルな人たちの
中では、※アセンション(次元上昇)に、
大いに関心がありましたね。

※アセンションとは、
三次元から五次元へ移行することです。
物質世界から意識世界へ昇華し、
物質世界の重い波動から軽やかな、
あるがままの自分に戻ることを言います。

 

かつて、ヒプノセラピーのセッションを
した時に、

何度かそういう状況になるクライアントさん
がいらっしゃいました。

 

実はヒプノセラピー仲間の
何人かに私は聞いてみました。

 

 

 

すると、そんなセッションになったことは
未だに一人もいないとの返事だった。

 

なんでそんなことが、
稀ではありますが、うちのセッション中に
起こるのでしょうか?

 

 

 

不思議なことですよね〜。

 

 

 

御嶽山セッションルームになんらかの
仕掛けでもしてあるってか
(う〜ん、そういえばしていないこともない)

 

でも、最近はヒプノセラピーの様な
変性意識の状態になるセッションで
なくても、

 

 

例えばカウンセリングセッションでも、
宇宙と繋がる体験は起こる様になって
きたんですね〜。

 

 

 

さらに、ハイヤーセルフという言葉も
ご存知ないクライアントさんが、

突然ハイアーセルフと繋がって、
リーディングができる様になったりと、

まだまだ、不思議現象が続行中。。

 

すると、こんな質問をされそうですね。

「そういうクライアントさんって、
もともとスピリチュアルなセンスが
あるんでしょう?」

 

 

って、単純に疑問が湧いてくるよね?

 

いえいえ、なんのその。
霊的レベルではごく普通の人です。

 

さらに、こんな質問もされるかな?

「もともと意識レベルが高くて、
深い悩みをもっていなかった人
なんじゃないの〜?」

 

それが、精神的には半ぶん以上
死にかかっている様な人の方が
意外にも覚醒体験は起り易いみたいです。

 

苦しすぎて感情の落ち込みがMAXに
なっているからこそ逆に、

 
反対方向にベクトルが動き易くなっているの
かもしれません。

 

私が洞察するに・・・、

今の時代、私たち人間にとって・・・、
伸るか反るか丁か半か

 

 

 

ぶいぶい

(こうなったら豚っ鼻で、判子を押すぜぃ)

 

の、霊的な分かれ道なのかもしれない。

 

セッションにお越しになる
クライアントさんに、最近

発達障害(個性なのに障害と診断されちゃったかも)
の方が増えて来られたのも、

この地球の振動数を変える役目の方たち、

つまりインディゴチルドレンの
奮起する時が、今まさに
やって来たのじゃないかな〜?と、

思うのね。

 

宇宙はこうやって変化し、
バランスをとっているのだと、

感じる今日この頃で〜す。

 

 <続く>