マスターとは? ①

 

おお、やっと新しい話題に入れるわ~。
今日はマスターについて。

皆さんにとって「マスター」って聞いたら
どんな人を想像するのかな?
例えば 、お店の店主?リーダー?偉い人?
飲み屋のカウンターでお酒を出してくれる人も
マスターって呼ぶのかな~?

そういえば、また話は脱線するけど、
東横線白楽駅近くに、
カクテルをつくってくれるカウンターバーがあって、
カウンター席は5人程しか座れない、
隠れ家みたいなバーがあるのだ。

カクテルコンテストで金賞をとった
バーテンダーさんがやっているよ。
年は若いけど経営者。
マスターの風格は十分あったなぁ。

青年マスターから「どんなカクテルになさいますか?」
と尋ねられて、
飲んだ途端に「ぎゃ~こりゃエロい!!ラブラブ!
って感じるカクテルカクテルグラスを作って!っと私は言った。

一緒にいた友人3人は、それぞれ彼らの雰囲気に合っている
カクテルを作ってもらうようにオーダーした。

「カシャカシャ!」とシェーカーをかっちょ良く振るマスター。
早すぎて、シェーカーと手が霞を帯びている。
手が17本あるように見える(超いい加減な数字だす)

「ひぇ~、EXILE!」
手首足首腰首、あの瞬発力と美しさはEXILEと呼ぶにふさわしい。
(すみませんオーバーでした。足首と腰首はカウンターなので
良く見えていません。想像です)

それを見て以来、私は彼のことをEXILE君と呼ぶ。

私は、人やお店の名前、顔もなかなか覚えられないから、
あだ名をつけるしか方法がないので、ついこれが日常なのだ。

飲んだ瞬間、やっぱりエロいにひひ味だった。
エロい味ってどんな味なのかと聞かれても、う~ん難しい。

エロい感覚って人それぞれだからな~。
でも、意外にもEXILE君、
私のエロさの感覚を知っているようだ。
だよね~、その見えないものを見ようとする感性、
それが金賞に値する鍛錬されたものであって、
マスターの風格といえてるのかもね。

カクテルの味はチョコレートっぽいミルキー調だった。
いや~ん、かわゆいキスマークこ~~れ、私のエ・ロ・さ❤

飲んでないのに酔っぱらってきた。
だんだん気持ち悪い話に展開していきそうなので、
この話はこれで終わりにしよっと。

さて、私がこれから言おうとしているマスターは、
スピリチュアルな意味なのだ。

 <続く>