,

クリスタルさん達との会話・⑦


 

友人のチャネラー:

「那旺さん!

言いにくいんだけど、
那旺さんのハイヤーセルフが伝える様に
仰っているから言わせて貰うのですが、

ハッキリ言って那旺さんの能力は、
今のところ、

10パーセントしか出てないって
言ってますよ〜。

 

images-24

 

(まさか!あと、90%出せるの?わたし。。)

 

 私も個人的にそう思います。

那旺さん!も〜いい加減に気付いて
くださいよ〜。 
ハイヤーセルフは、今までに

何度も諦めかけた
って・・。

でも、諦めきれずにパワーを送り続けたら
やっと今日という日を

迎える事ができました。

今あなたが、
ようやっと私(ハイヤーセルフ)の声を
聞き入れてくれてとっても嬉しい」って。

ホッとしているってさ!

那旺さん、もう手放しましょう。

この部屋のお宝達が、

那旺さんの為に全力を尽くして
役に立つって言ってくれている。

それが私達の喜びだから、
どうか私達の存在を認めて下さい。」って。

 

それを聞いて、
私はなんだか、うるうるして来た。

 

どら温かい目

(ありがたいことドラ。。)

 

 

今まで、むやみやたらにスピリチュアルを
手に入れようと頑張って来た事が、
既に、この手の中に有ったんだ〜。
完璧なほどに。。

 

ここにいるお喋りが得意でない、
鉱物や植物やあらゆる静かな存在たちが、

みんな私に協力してくれるんだって〜?

 

何で私はずぅ〜っと、
外に関心を求め続けていたんやろか?
私には無い!無い!無い!って

言い続けていたんやろか?

 

お宝ちゃん達、ごめんなさい。

私、何も気付いてなかった。

あなた達の無条件の愛に・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

長い間、お待たせしやしたー
私と一緒に働いてくださいまし。

 

お部屋のお宝たちは、
「わっしょい!わっしょい!
きゃっきゃ!きゃっきゃ!

宴会風にお喋りしだした。

 

な〜んだ、口が聞けないんじゃ、
なかったんだね?

うるさいくらいじゃん

 

私の思い込みだったんだね。

今頃、やっと気がついた

 

皆さん、見かけによらず、
お喋りさんだったんだ〜

私はお礼を言わなくてはなりませぬ。

 

そして、さっきからここで、
じっと静かに見守ってくれている

そこにいらっしゃるあなた様。

本当は、私、あなたの存在を
知っていました。

 

ずっと、いにしえより遠く昔から私を
観ていてくれた方。

 

白鳥様(しらとりさま)。。

あなたでしたか〜。

 

<続く>