もうちょっとヘビーなスピな疑問③


<前回から続く>

これまた、ちょろっとヘビーな内容
かもしれません。

images-27

未年なのに何故かヘビがお邪魔しています。

 

以下に書いたことは、
「やっとわかった!スピな疑問シリーズ」で、


すでに含みを残しながら書きました。

人間は誰でも必ず死にます。

 

どんなに生きるためにお金を投資しようが、
それは叶わない夢です。

でも、それは肉体に限ってだけのこと。

肉体が朽ちるのに反比例して、
魂は永遠に生き続けるのです。

のはず。。の予定ですが・・・。
(最近そうでもない噂がチラホラと
聞こえてきている)

 

だから肉体が死んでも、まだまだ命は
終わりませんから後悔しないでください。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここまで、お伝えしました。

赤字で書いたところの意味をお話
します。

確か、えんま様もどこかでちょろっと、
この話に触れていたかもしれません。


「魂は永遠ではなくなる」

でもこれはガセネタかもしれないし、
真実かもしれない。

 

 

例えば、

ノストラダムスの予言では、

Unknown-17

 

「1999年に空から恐怖の大王が
舞い降りて人類が滅亡する」とか言われ、

テレビ番組でも騒がれた
終末説がありました。

最近では2012年12月でマヤの
暦が終わっているとの流れで、

再度人類滅亡説が浮上し、

或いは、

アセンション(意識の次元上昇)によって
意識の階層がはっきりと区分けされ、

意識の低いものはアセンションできない。

つまり、アセンションできない人は、
争いのあるこの世に居続ける
とも言われていました。
これらをどう読み説きましょうか?

この予言の解釈がちゃんとされていたか
はわかりませんが、

現実では噂通りにはなりませんでした。

 

ただ、一つ言えることは、
①この滅亡説の不安を持つことによって、
将来起こることに落胆して生きていくか、

②不安を提起されたことによって、
その問題にしっかり取り組んで、
今何ができるかを考えるか、

二つの道があると思います。
私はどっちを選んでもお好みな方で
良いかと思います。

 

私がへなちょこ予言者だったら、
予言が当たるか当たらないかは死活問題で、
かなりビビるかもしれません。

だって、狼少年になっちゃう可能性が大で、
みんなに非難されるのは嫌ですものね。
(麻原彰晃は今どんな気持ちでおるんやろ)

 

images-29

あんさん達、俺様のいうとおりにしなはれ! 

 

でも、ホンマもんの預言者にとって、
当たるとか当たらないとかを考えて
予言しているわけではないのでしょうね。

 

じゃあ〜当たらなかったらどうなるの?

 

世間を騒がせてどう落とし前をつけるの

 

ってことになります。
良い悪いでいうと、この問題は空回りしてしまい
そうです。

 

ただ、もしノストラダムスの予言も
マヤ暦の解釈も真実だったとしたら、

 

あれ〜〜?

 

images-30

ソフトバンク父さん犬も考えてまうで〜。。

 

 

なんで、現実にならなかったの?

 

<続く>

 

 

****************

直傳靈氣セミナー開催します

靈氣セミナーいよいよ開催。
今回は後期も予定していますので
前期しか受けていない方は、
お見逃しなく!!

<前期>
日時:1月24日(土) 10時~17時
1月25日(日) 10時~13時
<後期>
日時:2月14日(土) 10時~17時

詳しくは
こちらをクリックしてね!