魔法学校シリーズの私の迷い②

 

<前回の続き> 

魔法学校シリーズを
ブログを掲載して嬉しかったのは、
かつて魔法学校に通っていた方が、

私のブログを見つけて、
セッションに来てくれた事です。

お陰で私はとっても癒されました。


そして、彼女が来てくれて
本当に有り難かった。

 

なぜ癒されたかって? 

 

彼女(クライアントさん)は、
長年生き辛い思いを手放したくて、

たくさんのセラピーを学んだり、
受けてきた方です。

それでも救われなかったから、

最終手段として魔法学校を選び、
通うようになった。

 

でもその結果、
彼女に残ったのは新たに出来た苦しみと、
借金だったと話してくれました。

 

images-2
ググッケツでヘッドロックけ!

魔法学校の同輩たちも、そういう人が
多かった様に思います。

 

彼女のセッションを進めて行く度に、
奇跡みたいな事が起こりました。

彼女の言葉をそのまま伝えるなら、

「ホント!あり得ないです。

何なんですかこれって❗️」…です。
彼女は後輩になりますが、
私と同じ魔法学校の最終課程
サードステップまで進んだ人です。

嫌ってほど、スピリュアルや秘技、
心の問題を学んで来ました。

だからこそ、彼女の反応を聞いて、

私は自分の今やっている事に
心底信頼していいんだなと
太鼓判を押して貰えた気がしました。

 

「那旺さん、今まで私を悩ませていた
あらゆる苦しみから、

一つ一つ手放して行けているのが
よく分かります。

肩や、みぞおちの違和感が
緩んで来ているんです。」

 

もちろん、彼女のタイミングが
最高最善の時だったからです。

この声を聞いて、

魔法学校で、5年間の時間と
1千万以上ものお金を使った私達は
一体何を学んできたんだろうと

改めて思い返します。

 

images-5

呆然と忘却の彼方を見つめるわたち

二人の結論は、

「日常では決して味わえない、
クレイジーな経験を学べた」

はい、終わり。。です。。。

それが魔法学校の最大の教えなのか
も知れません。

それにしても、対価が莫大だのぅ。顔

でも、二人とも後悔はしていない」
という点では合致しています。

嫌味じゃなくて、
人生は、本当にユニークで面白い
ものです。顔

 

<次回は霊能者シリーズの迷いを
お話ししましょう。
結構ヘビーかも。。>