携帯スマホ禁止の鰻屋さん

 

青物横丁にある、
携帯スマホ禁止の鰻屋さんは、
10席ほどのカウンターがあるだけ。

 

見た目は、
仕事帰りサラリーマンが
ちょいと一杯寄る立ち呑み屋と、

何も変わらない、たたずまいです。

IMG_1809

 

私は京急青物横丁にある歯医者さんに
行く道すがら、

間違っても綺麗とは言えない
鰻屋さんが、

何故にいつも
満席なのか気になっていた。

昼からビールなんぞ飲んでいるお客の
姿が、

こうやって
ウインドウ越しに見えるんだな~。

 

ビール

(おっ、お客さん
紳士な姿勢がいいっすね

 

鰻の匂いは、欲情をそそる

えっ!欲情????

 

ちゃいまんねん。
それは食欲・・・では、ありませぬか??

 

ううん、
私はどっちもそそられるのよん。

 

興奮

(あ~ん、おいちい)

 

20代から80代の老若男女が、
欲情しながら黙々と、

 

くねくねしたものを〜〜〜、
ウハウハと〜〜食べとる。
(ウナギの匂いに興奮して過剰表現を
お許しください)


 

今日は、
わたくし那旺の欲情記念日。

 

あ〜〜ん、本当のこというと、

歯に麻酔を掛けられる前に、
歯茎さんが可哀想だから、

元気づけに
鰻を食べさせてあげましょうね~と顔
(ただの言い訳です)

 

3本のブリッジ歯科治療なので、
きゃ~~~、194,400円ざます。

 

といっても、歯に不備がある訳では
なく、金属を取り外して、
セラミックにする為の贅沢?治療です。
(わたし、静電気帯電のビリビリ女女性なんです)

 

このブリッジ治療をした歯には深い
思い入れがありましてね、
もう30年も前のことになりますが・・・。

(おっとっとっと〜また話がそれるので、
これについてはまた今度)

 

おっ!

 

 

 

鰻屋に入って気づいた

「携帯スマホ禁止」

の張り紙。

 

スマホは絶対に、見ても、覗いても、
手に持ってもなりませぬ。

すまほ

(もしもし、お客さん!携帯見ないでね)

 

なるほど、それなりに理に適った
店の法律を作ったものだ。

 

さて、場所は変わって、

大船駅近くにある居酒屋「新海」は、
友人の双子のお兄ちゃんが構えている、
そりゃあもう、めちゃウマのお店。

実は、お店がさらに混んじゃうと
私が行けなくなるので、
誰にも教えたくないのだ。

 

でも、ブログ購読の皆さんには、
つい言っちゃいました。

聞かなかったことにしてください。

「なるべく行かないでください。
(ちゅうのはうっそ~)
お刺身が美味しすぎる

 

友達から聞いた話だが、
その「新海」の兄ちゃんは、

日本全国の居酒屋で初めて、

「居酒屋・新海」を禁煙したらしい。

これは、
当時では画期的な事でした。

居酒屋=酒飲み=喫煙

が、ふつうじゃ~、ありませんか!

それが世間の常識だから、
禁煙にしたら客足は遠のくはず
・・・・・・・なんです。

だが、しかし・・・・・、

 

その常識は覆されたのね。

かえってその発想がお客さんの
欲情をそそり(ここも欲情ってか?)
さらにお店は繁盛したのだった。

 

仕事に自信があるんだよね。

仕事を愛しているんだよね。

こだわりを持っているんだよね~。

 

話は戻って、
青物横丁の鰻屋さんのうな丼は、
普通盛りが2,000円。

鰻の値段が高騰している昨今では
リーズナブルなお値段になるので
しょうが、

器も、駅構内にある立ち食いソバのものと
なんの変りもなく、プラスチックっぽい。

 

お吸いものが付く訳でもなく、
小皿にきゅうりと大根の糠漬けが、
ちろっとある。

老舗の鰻屋さんみたいに、
「飛び切り美味しい!」
と言えるほどでもないのだ。

 

中くらいの中上くらいです。
(評価が細かいっすね)

 

気になるのは、10席しかない
お店なのに、
働いている人が4人もいる。

税理士事務所で長年決算を
担当してきた私は、

原価計算やキャッシュフロー
ついつい気にしてしまう。

 

客に携帯・スマホを見させないで、
鰻に集中して、

さっさと食べちゃってもらい、

客足の回転を素早くせにゃ~
ならぬのか。

実際私がお店に入って出るまでの
時間は20分も掛かっていない。

間違ってもゆっくりしたい気分では
ないのだ。
(ちぇっ!してやられたぜぃ) 

 

 

さてさて、
私が一人、鰻を食べているとですよ、

カウンターの隣に座った3人組の
おばちゃんから、

 

「あなた良いわね、このお店が
近くにあって!」

って、声を掛けられた。

私を鰻屋の近所に住む常連さんだと
勘違いしたのだろう。

このご婦人は、鰻屋さんに高い評価を
もっているんだな~と、
普通にわかるコメントでした~。

 

いずれにしても、経営者のスタンスは、
学ぶところがあるよな~。

個人事業主の私としては、
その心意気が
大いに気になるところであります。

 

 

セラピストとして、さらにもうひとこと。。

 

30分でセッション料金が32,400円で、
しかも3年待ちのチャネラーさんがいます。
新規の顧客はもう取れないと言う話しで、

クライアントさんを2年でも3年でも
待たせちゃう、

その人気と、これまた誠実な佇まい。
そしてその実力は、私のあこがれです。

 

すごい
(きゃ~、尊敬しとります。
私も後を追いかけますぅ)

 

 

こうやって、目標になる人が
私にはいるので、

本当に有り難いことでありま~~す。

 

 

(では、また、ごきげんよう)