アーユルヴェーダ:インドにて③

 

インド・シュリダリアムホスピタル。

(ここは、宿泊するお部屋へ行く門です)

18日間のマハリシアーユルヴェーダツアー。

朝5時にベルが鳴り、
男性二人がにこやかに現れ、

毎日土色の粘液状の薬草を渡され(苦い)
血圧を測りにくる。

ここでは男性のスタッフの笑顔も
私の心をホッとさせる。(何言ってるかわかんないけど)

 

1日のスケジュールは、
マノハ先生の脈診が早朝6時から始まり、

その後ヨガに移動し、

(何故がヨガ部屋の入り口にいるおじちゃん)

 

朝食を食べて、
後はお部屋にテクニシャンが来てくれる。

全身のトリートメントを2回、
他には5分程度の部分的な施術を2回くらいする。

 

 

(ここがお部屋に設置されている施術ルーム)

 

沢山のあるトリートメントの中から、
平均すると3日に1度、メニューが変わる。

(今日の施術メニューを脈診時に渡される)

 

お昼は13時、夕飯を19時から食べ始め、
(ずっと食べていて腹いっぱい)
20時半くらいにマノハ先生のミーティングが始まる。

 

私たち日本人の他にロシア人も
シュリダリアムホスピタルへ施術をしに
来ているので、

ロシア人で英語のわかる人は
ミーティングに参加します。

(お勉強熱心さん・20人は集まるのだ〜)

 

お題は日々変わり、

「脈診の取り方」とか
「5つの元素と感覚器官の関係」」とか、
「人間を惑わす6つの敵」とか。

でも聞いていても専門用語が飛び交い、
深いところがわからん。

な〜んとなく雰囲気だけわかれば
よろしいかと思いつつ、

とにかく後半は眠くなる😝

 

(勘弁してケロ:ベロベロば〜)

 

ミーティングが終わるのが10時。

その後、10時半くらいにスタッフが薬草と
頭に塗るオイルを持ってくるので、
それまでは眠れないのです。

 

さ〜て、

昨日のテーマは、
「感謝」についてだった。

 

マノハ先生:
「感謝とは・・、<感謝>を説明すると
どんな表現になりますか?」

と言って、20人程いる日本人と
ロシア人の一人ずつ答えを求めた。

急に指された大学院生の男の子は、
「えっ!あ、あ、ありがとう」です。

マノハ先生は和かに相づちをして、
次の人を指した。

なかなか一言で「感謝とは」
伝えるのは難しく、
皆さんはそれ相当に長々と説明した。

ここは、覚者マハリシ師事の元である
アーユルヴェーダらしく、

殆どの人がTM瞑想を長年続けていて、
真我の探求をするのは当たり前の人ばかりが
集まっていた。

だから回答も・・「それなり」ではある。

全員の答えを聞いた後、
マノハ先生

「感謝とは記憶です」と答えたのだった。

 

私的には意外な回答だったので
興味深く耳を傾けた。
(いつもはあんまり聞いていない。すみません)

 

マノハ先生:
「感謝とは記憶と関係がある。
私たちは地球が私たちを生んでくれた事を
忘れている。

だから地球を破壊する行動を取るのだ。
そうしていると意識の成長が止まってしまう。」

 

ある時、覚者は地球へこんな質問をした。


覚者:

「地球さん、あなたには色んな重いものが
乗っかっているけれど、
あなたにとって何が一番重いですか?

大きな木や象や山や海・・
沢山の重いものがあなたに乗っかっていますよね?」

地球:
「私は高いビルディングも重荷にはならない。
象も全く重荷にはならない。
山はちっとも重くありません。

私にとって、何が重荷かというと、
感謝を忘れている人が重荷です。

と答えた。

つまり・・、那旺的には、
こんな解釈になるのでしょうか?

 

『私たちはあたり前の様に地球に暮らしている。

というより、「暮らさせてもらっている」
事を思い出してはいかがでしょう

なんで、
感謝なく産みの親を破壊する行動を
取るのでしょうか?』

 

 

「感謝とは記憶」・・・。な〜るほど。

 

感謝って、日頃当たり前のように手を
掛けてもらっている事に、
気がつかないことがある。

 

マノハ先生は
「記憶があるから、私達は感謝出来るのだ」
と仰った。

「昔、あんなことをしてもらった。
本当に嬉しかったし有り難かった!」

と思えるのは、記憶がないと出来ない事だと・・。

 

それも然りだが、
記憶する前に、もう一つ大切なことがあると
私は思う。

 

感謝とは、

「与えてもらっている事に、
先ず、気づかなければならない」

誰かに親切にしてもらって、

Aさんは、
その親切に感動し、感謝の想いが溢れ、
いつかその恩をどなたかに返せる事が
出来たのなら幸せだと感じている。

Bさんは、Aさんと全く同じことをされても、
その行為を当たり前だと思っている。
だから、感謝なんて事は、頭に過らない。

Cさんは、「こんなことを一々しくさって、
マジでイライラする」と、
感謝どころか、
足りない足りないと思っている。

全く同じことをされて、この違いは
どこから来るのだろうか!

 

感謝とは、「気づく感性」である。

 

究極は、
「自分が存在するだけで十分に愛されている
ことを知り、
ここに生かされている全てのものに頭を垂れ、
微笑み・・涙するだろう。」

 

それに気づく事が、記憶なのかもしれないね。

 

(深いで〜、この話・・)

 

(続く)・・ちょい真面目バージョンでした。

 
*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************