ハワイ島にて・フィボナッチ音叉その2

 

海外に出ると、毎度ワイルドな
体験をしてしまう私ですが、

 

今回は皆さんの心配をよそに、
割とスムーズに帰ってこれました。

どうよ

(だよね〜。。普通だったよね〜

 

と言っても、ハワイ島のKALANIに
宿泊したお部屋は、

網戸はあるけれど、
なぜかガラス戸がついてない

(なぜに窓ガラスがないんやろか?)

 

宿泊したハワイ島では、
寝静まった頃になると、

家が吹き飛ぶんじゃないかと思う
ほどの強風と豪雨が、

毎晩毎晩、降り出すものですから・・・、

 

 

お部屋の中に雨風がビュービューと
入ってきて、とっても寒かったです。
(寝具はタオルケットみたいな薄い
毛布1枚だけだった。)

 

ここでは雨季なんですって

 

びちょ

(うっきぃ〜だと?ワシはびしょ濡れ)

 

 

私が泊まったお部屋(3人住まい)と
セミナー会場と食事をする場所は、
それぞれが徒歩15分ほど離れていて・・、

 

夜の移動になると、
ミニミニ懐中電灯を照らしながら、

ジャングルのような道を歩くことになります。

街灯は全くないくせに、
何故にミニミニ懐中電灯を
渡されているのか?

暗くて足元があんまり見えないっす。

 

猫や野ブタとかは共存しているので、
通りすがりに親子連れで歩いていました。

(黒豚ちん達。集団でバクついています)
ブヒブヒ

 

昼間でも、ジャングル道であることに
変わりはありませぬが(当たり前)
うっかり違う道に曲がっちゃうと
大変な事態に陥ります。

 

いつも通り、昼食を食べ終わった後に、
15分歩くセミナー会場へ向かおうと
していたところ、
近道を知っているという同胞2人に
(その時は名前も知らない同士
の受講者でありました)

ついつい親しみを持って
くっついて行ってしまった
方向音痴の私は、

なんとジャングルの中で
迷子になり、

炎天下の中
日焼け止めも塗らずに
溶岩石の凸凹地面を1時間も

さまよい歩く羽目になってしまった。
(お陰でめちゃグランディング力
がつきました)

同胞2人は、

「私は直感力があるから大丈夫よ」
とか言って連れて行って
くれたのはいいが、
本当に人間の直感というものは
あてになりません。

そういう私が、
一番あてにならないが・・(-。-;

 

ジャングルをぐるぐるとさまよい
歩いていると、

さっきまで東側に聞こえていた
海の音が、

いつの間にか西の方向から
聞こえてくるじゃないか顔

 

「ハレホレヒレ。。っと、
なんじゃ??顔

 

どうやら海の位置が、
変わっているじゃあ~りませんか!!

 

いえ、正確にいうと、

私達の位置が変わっているのでしょう。

 

やばいっす。(~_~;)

 

 

歩けど、歩けど、
似たような風景ばかりです。
みずほ銀行とかセブンイレブン・・

スターバックスetc。。
なんちゅう目印なんかあるわけもなく・・・。
(都会っ子発想)

 

直感は既にあてにならないと
分り、反省している同胞は、
東大出(と誰かから聞いた)の賢い頭で

携帯を取り出し、GPSを検索し出した。

お~、GPS。。ありがたや~。
こんな場所なのに機能しとります。

しかし、地図上には
(水色)と陸(緑色)しか
載っておりましぇーん!

 

「うぇっ、やばい顔真っ青と、
心がジタバタしていたところ、

 

遠く向こうに人の気配が。。

 

東大出は、お嬢ちゃんバシリを
しながら(偉いぞ〜:応援の姿勢顔)

それでも全力疾走で、
車でその場を走り去ろうと
している第一発見人物の
おっさんの後を追いかけた。

(ウイ奴よのぅ。と眺めているだけの
無責任な私顔)

 

おっさんを引き止めて道を聞いてみた。

おっさんの情報によると、

「あっち!」っと指を一本右
向けただけだった。

 

私たちは、右に曲がった。

そのあと、

 

「何でそうなるの?」・・・か
未だによく分からないのだが、

 

でも、あらら不思議、

気付いてみたら出発点の
食堂の前に戻っていたのです。
「なぜに私たちはここにいるの
じゃろうか???
今までの事は夢だったのか?」

 

と3人で顔を見あわせたあとは、
腹を抱えて笑うしかなかった。

 

どうやら遭難事件からやっと脱出
したのは理解したので、

安堵のあまりに気が緩んだせいか、

 

私は「ウンコ💩をもよおしたぜぃ。
3分待ってくれ!」

と言ったら、

東大出(今も名前は知らない)も、
「私もだ〜!私は2分でOKっていい、

もう一人のツレは、
「私はおしっこしたい!」とそれぞれ
オシモの状態を宣言した後、

野外にある三連トイレに
入る事になった。

 

結局、3人一緒にお揃いで、
「大君💩」の方を済ませた様で、

出すものを出したら、
3人全く同時にトイレのドア
開けて、

「あ~スキッリした~」
互いの解放の顔を顔見合わせた顔。。

 

この現象は、
腸内共鳴運動というか、

ミュージカルを演じているかの如く
でございます。
やっぱり音叉を学びに来ているだけ
あって、共振感がちゃいますネェ〜。

 

ということで、私たちのコンビ名を、

「迷い人・うんこシスターズ」
名付けました〜〜。
image

「これが迷い人・うんこシスターズ」
どぅぇ〜す。

 

ぎぃゃ〜〜〜〜

 

⤴︎(疲労で小顔のはずの私が浮腫んで
顔がデカイでおります。
通常はここまで不細工ではないはず
です。。多分。。そうありたい。。)

 

すでに、授業開始時間から、
1時間は経過しております。

右側に見渡せる、
ヌーディストプールを横目に、

私は、「せっかく遅刻しているんだから
素っ裸でプールに入っちゃおうか?」

と言ったら・・、

にっこり笑って・・却下された。
(やっぱりいい人たちだ

 

 

で、ランチ後の講座に私たちは
1時間ほど遅刻し、

 

これじゃぁ、
ちょいとかっちょ悪いので、

 

自分で自分を拍手しながら、
悪びれも無く生還ポーズ
で戻ってみたら、

みんなも、

 

「ワォ〜

 

っと言って、
歓迎の拍手をしてくれ
ました〜。

images-2

(よくぞご無事で〜)

 

拍手が鳴り止んで・・・、
なんだかわからないけど・・・、
いい加減恥ずかしくなってきた私は、

調子こいて、もう一度
拍手をしちゃいました。
ここまでくると、拍手を覚えたての
アホな動物と変わりないかもしれん。

 

Unknown-2

(無事でよかったね〜

 

そうしたら、みんなもまた

 

「わ〜ぃ

 

っと拍手をしてくれました。

 

IMG_2236

(無条件に、ただのいい人たちだ〜)

 

本当にご迷惑をお掛けしていますぅ。

 

今回の旅ではちっこいアクシデント

他にも色々とあった。(バカンスで)

 

大量ゴキブリ事件とか・・・。

温泉と言われたのに、
海だった事件とか、

絶対に見えるはずの星空探索ツアーは、
190ドルも取られたのに、
星なしツアー
になっていた事件とか、

グレイドの高いと聞いていたホテルが、
工事中でグジャグジャ、

通常なら営業は出来んだろう。。
だって、エレベーターは12分待ち
状態なのに、泊らせられちまった
事件とか・・・。。

 

とは言っても、

今回の旅は、
比較的平和でした。

 

IMG_2185

 

次回のブログは、

フィボナッチ音叉セッションを
受けていただいたお客様の感想でも
載せてみます。。(どっこいしょ)