なんでこんなにメニューが多いのか!③(フィボナッチ音叉・感想)

 

今日は、フォボナッチ音叉を
受けてくださった方の感想を
2つ載せますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

① <40代 OL 女性>

先日はありがとうございました。
あれから感覚が鋭くなったのか、
誰かがいつも隣に居るような感じがします。

朝はちゃんと起こしてくれるし、
仕事の段取り教えてくれるし。

みたいな不思議な感じで、
気功の練習している間は離れていますが、
また戻ってきます。

先日、増上寺のお茶会に行った時も
ずっと隣に居た気がしました。あなた誰➰?

 もうひとつ補足すると、
今週何年かぶりに電話で弟と話しました。
雪解け間近かも。

 

3白熊きこえる

(あれれ?直ぐそばに誰かいるような??)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

② <40代 セラピスト仲間 女性>

この方はご自分のFacebookにも
感想を掲載してくれた友人です。

感想はすご〜い長かったので、
とても興味深い感想ではありますが、
1/2くらいに省略してみました。

 

私には敏感な方たちのような感性はないので
最初はただ倍音を感じるだけでしたが、

奇経八脈を使って対角線状に
音のバイブレーションを当てられて行き、

長方形を作られているような
感じになっていると、

閃光の残像のような物が見えてきて、
それが頭蓋骨の形になり、

頭蓋の輪郭、縫合部分に沿ってニューロン発火を
起こしているようにところどころで

バチバチと光っているのが見えました
(というヴィジョンがみえました)。

 

脳の滞っていたところが動き出す
象徴的なものだったようです。

非常に面白かったのは、
セッションの最初の方と最後の方に足に
触れられるのですが、

最初に足を触れられた時にベッドが右に傾斜する
感覚があり、あわや滑り落ちるかと思ったときです。

そんなことがある訳が無いので、
何コレ!と騒ぐと、
「ピラミッド作ったんだよー」と那旺ちゃん。

なんだかわからないけどこの感覚は
合っているらしい。

とりあえず感じるものを楽しもうと、
そのまま感じ続けていました。

足をまた最後に触られた時、
今度は左に傾斜しズリ落ちそうな感覚があって、
思わず笑ってしまいました。

おいおい!とツッコミたくなるような
(何につっこむのかわかりませんが)
動かないマッサージテーブル上での
ちょっとしたアトラクション気分。

ズリ落ち感が落ち着いて、
床と平行になったかなーと思ったら今度は、
足から腰に向かって波が来て、
縦にゆらゆらとなりました。

まるで浮いているイカか、
波にたなびく海草みたいな。

その後は、とてもクリアーに水面の底が見えて、
ハッキリしているのにそれが
何なのだかわからないうちに、

くるくると高速回転する小さな長細い
コマ状のものがいくつも見えてきました。

そのうちにそのコマは、竹とんぼが回るように、
ひとりの人間が両手を横に広げて
くるくると高速回転しているようでした。

私でさえこんなにキャッチしたので、
感性の高い方が那旺ちゃんから受けると
もっとすごいんだろうなあ。

他に受けてみた方のお話を聞いてみたいです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いただいた感想に対する
私のお返し感想を申しますと、

この体験談を書いてくださった方は、
めちゃ敏感体質だと思いますよ。

羨ましくなっちゃいます。

 

①番目の女性は、この後
さらにスピリチュアルな
精度が上がり、・・・・、

この件については、またブログで
ご紹介しますね。

 

②番目の友人に関しては、
これを敏感と本気で感じていないのなら、

自分の能力を正当に理解出来る
ようなカウンセリングセッションを
しないと勿体無いかと思います。

でも、
間も無く彼女の本来の能力は
花開くことでしょう。

 

どき

(わたちは感性の豊かな子なのら〜)

 

さてと〜、この感想を元に
「フィボナッチ音叉に対する私の
考えをお話し致しますと、

前回のブログでお約束しましたが、
その前に魔法学校で学んだ

あるヒーリングのお話しをしてからに
しましょう。
このお話しは、長くなったので
次回にね〜。