大田区御嶽山への思い入れ:地上げ屋ですぅ④



(前回からの続き)

たかが柔軟剤の入りすぎた洗濯物の
匂いくらいのことで、

都会ながらも、ちっちゃな自然の恩恵を
楽しんでいた環境を一変させられて、
窓を閉めないと辛くなったのじゃ~。

ベランダには、
ウッドデッキを敷き詰めて、

プランターにはハーブを植えて、
ロッキングチェアに横になり、

お日様を浴びて、
読書をするのを楽しみにしていた。

 

が〜〜〜〜〜、すべて水の泡っす。

 

泡

(アワアワあわわわわ。ゲロうまくね〜っす)

 

だって、今のベランダは、私にとって、
咳する場所に変貌してしまいました〜。

 

この様なストーリーを背景に、

私は3月に、

「も~嫌だ、引っ越ししたい!」っと
宇宙に文句を垂れたら、

ななな~んと翌月の4月に、
ほんまもんの地上げ屋が来たのでした~。

 

「ピンポ~ン、

この家の管理会社が変わりましたんや~。

地上げ屋ですぅ。

お宅さん、10月に出て行ってくれまへんやろか・・」

 

ってな調子で黒服を着た、
かつて吉本興業の花形だった

「やすきよ」の横山やすしみたいな
細身の大阪人が目の前に現れたのだった。

 

 

やすし

(地上げ屋ですぅ。わしは気が短いんや!
ちゃっちゃと出て行ってな!)

 

「うっ!早すぎる。

宇宙に告げ口した途端に、
またもや現実化させてしまいました~!」

 

そんなこんなで、
脅されて(へへへ〜)どうやら10月には、

「出て行かないぜ!」って頑張って、
ブルドーザーに敷かれて死んじゃうか、
おとなしく引っ越すか!の運命になりそうです。

 

一生のうちに地上げ屋さん
(本場もんの大阪ヤクザさんやろか?)

出会えるチャンスなんて滅多にないのだから、
ちょっと人生勉強をさせてもらおう~~っと!

 

今後の成り行きを
ワクワクしている私でございます。

 

なんてったって、私は人間の生体観察が
趣味でんねん。

 

家政婦

(あら!まぁ!あんなことしくさってるわ!)

 

家政婦2

(最近の人は、こっちの家政婦ですかね)

 

まだ、5分位しか話してないが、
ちょっと見た感じだけど、

地上げ屋の兄ちゃん、古い時代の大阪人っぽい感じ。
相当の海千山千で、腰が据わっている。

吉本新喜劇を一人芝居している風にも
見えてくる。

 

風変わりな人間を見ることは、私の大好物なのね。

なぜなら、人間の奥の奥を解明することは、
セッションのヒントになるからじゃい。

 

な〜んか、妙なものが飛び込んできた感覚です。

 

また今後の展開は・・・

「地上げ屋あんちゃんの続報」として
お知らせいたしま~す。

 

(このテーマって・続くかなぁ?)