ニューヨークにて

 

は〜〜ぃ、
お久しぶりです

 

 

ニューヨークにある教会の見える
公園でブログを書いています。

風が爽やかです。

 

IMG_1973

 

(お久しぶりです。那旺どぅぇ〜す

 

 

公園にいるスズメは、
流石にアメリカ人産ですね〜。。

ビッグサイズでお腹がコロコロ、
おケツもプルんプルんのスズメさんです。

 

ニューヨークに来て、今日で2日目。。

数年前、イギリスにカウンセリングの勉強に
行きましたが、

安い航空券を使ったおかげで、
リクライニングを一切使えない 直立不動
のシートでした。

その座席の狭さは、なんと短足の私でも
膝が前の椅子にぶつかるほど、
窮屈だった

乗り継ぎは、6時間も時間待ち。
危うくキャリーバックが他の国に
輸送されちゃうところを、

ギリちょんで、
未然に防げるようなこともありながら、
でも現地に着けば時差ぼけもなく、
イギリスでは快適に過ごせました。

 

今回はそのようなことがない様に
航空会社はANAにしたのだ。

そこまでは良かったが、
やっぱり海外では予想外のことが
色々とあるのう。

ニューヨークに着いてから、
未だに時差ぼけ状態時計

マンハッタンの眠らない夜
宿泊先周辺は、ダダ都会であり、
空気がめちゃ悪く
場所によっては生ごみの臭いがしとります。

今回も長く滞在するのでちょっと節約。

宿泊施設はホテルではなく、
比較的、日本人が集まるシェアハウスにした。

 

 

シェアハウスを選んだのはイギリスの時も
同じだったけど、料金は同じくらいでも
内容が月とすっぽん。

ニューヨークの方は、
内容は劣悪(と思う)なのに値段
高かった。

ちゅうより、

「よくこんな施設であなた・・、
これほどのお金が取れるねぇ」

と言いたくなるのは、
日本で甘やかされて育ったからでしょうか。

 

日本ほど誠実で気の利いた国は、
探しても他にないんじゃないの~っと・・・。

ニューヨークのユニクロ、無印良品、
大戸屋の清潔感や配慮をみれば一目瞭然。

 

で、シェアハウスの話に戻って~、
行き着くお部屋は4階だ~ぃ。

 

ゲロりんちょ!

 

images

 

 

 

そこは階段のみじゃ~ あ~りませんか!
階段の周りには、ほこりがうんさかたまった
ダンボールが1階から4階まで、
壁高く積まれていて、
ちょっと触ったら、下敷きになりそうだ。

ほこりでくしゃみと咳が出ます顔

 

A4CFA4A1A1A9

 

(はぁ、はぁ〜ハクショ〜ン
あほんだら〜

 

滞在2週間分の荷物が入った
大きくて重い キャリーバックを持ち上げて、

人がやっと一人通れるスペースの階段を
のぼらにゃぁ、あかんのだ。

ダンボールに触れないように 気を配って
上るのじゃ~。

(愚痴はまだつづく

 

 

シャワーも水量がお気持ち程度の
じょろじょろで、

顔についた髪の毛を1本流すだけでも、
工夫しないとなかなか流せない。

じ~っと、指についた髪の毛が流れるのを
凝視しながら待つ私。

ドアもギーギャーと床もきしみ、
隣の部屋の人が喋っている話の内容まで
聞こえるほどの安普請。

大阪人のおっさんの声は、
ほんまにうるさかったで。

 

到着してトイレが即壊れ、
洗濯機も突然動かなくなり、
私が壊しちゃったの?っと焦りつつ、

30分くらい復帰の為にアクセク
しちまいました。

でも結局のところ、 洗濯機をドンと
お相撲さんみたいにドスコイ 叩いてみたら、

洗濯機さんはやる気になったのか・・、
復活した。

前にアメリカのコメディドラマ
同じようなことをやっていたのを
見ていたので、

真似してみたら、ドラマの通りだったわ。

何といっても一番辛かったのは、
お部屋なんです。

埃がうっすらと見える、
窓が一個もない、真っ暗闇の部屋なのだ~。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あ~、ここまで書いて、
この先私はブログが書けなくなったのだ。

すんません。
飛行機の中で続きを書くとか
言って おきながら、

飛行機では、ドラマ「家政婦のミタ」
シリーズを 10時間も見続けてしもうた。

 

do_holl111208_01

(松嶋菜々子、ゾックっとしやした)

 

いい感じの演技でした。
皆さんも飛行機に乗った時は是非どうぞ〜。

 

 

しかしながら、ここまでブログを放置して
しまった 訳は、

暗闇の部屋に入った途端、
私は電池を抜かれたロボットのように
しぼんでしまいやした。

 

125482409661516104956_animals_145_000

(しょぼくなったわたすどす。。

 

ぎゃ~、電池を抜いた犯人は・・・、

 

オバケはんどすか~顔??

 

 

 

てなわけで、
~~~~~~線の上の部分までが、
ニューヨークの公園で体調を崩し
ながらも頑張って書いた所なのです。

読み返して見ると愚痴ばかりでございます。

やっぱりオバケが肩に乗ったままに
書いたブログは一目瞭然顔だよね?

超、暗いっす。

 

(今日はこんなところで、
勘弁しておくれやす・・続く)