神さまのお取り次ぎ~⑤

 

(前回から続いてます)

さ~~て、
仙人社長のチャネリングにより、

私、豊岡那旺が畏れ多くも、
白山ひめ神社に行かせて貰う
ことに決定しました。

 

 

先ずは、仙人社長の指導の下、
準備を整えに来たのは、

御嶽山駅近くの酒屋さんです。

 

IMG_1646

(この凛とした風貌のお方が、
   大吟醸「獺祭」でございます)

 

私は、もうかなり前から「獺祭」の
ファンでした。

大吟醸は未だに飲んだことが、
あ~~~~~~顔ごじゃいませぬ。
(飲んでみたいで~よだれ)

 

酒屋さんにもなかなか入ってこない
獺祭の大吟醸が、ドデンとお店で
光っておりました。

 

翌日は、朝早くから出かけました。

 

IMG_1648

(朝、早いのは大好きなのじゃ~。)

 

 

 

IMG_1649

(新幹線の前で、獺祭君とポーズ)

 

仙人社長の命令では、
絹と麻の派手ないでたちで参るように
とのこと。

赤いタンクトップは絞りの正絹です。
成人式の時に「みちゆき」を絞りで
作った生地をリフォームしたの。
(贅沢品だと思う)

今日は下着もぜ~んぶ絹と麻のみ
だい。

 

 

IMG_1650

(目的地は、ここ、ここね。)

 

「菊理姫神」って書いてあるのよ。

 

現地には11時過ぎに到着し~、

 

お酒を奉納し~、

 

お祈りさせてもらい~。。

 

20分ほど滞在。

 

 

ほな、帰りまっせ。

おっとっとっと~、大きな樹に住んで
おられる天狗様にも、

いっちょ、ご挨拶せにゃならぬ。。

あらら。
とりあえず、チューしとこ。

 

「そんなの、いらね~」ってか?

 

「わたし、美味しいもの食べないで、
帰っちゃうからね!」(って、
誰にいっとるの?
はい、それは自分に言い聞かせて
いるのどす)

今回は仙人社長から、
美味しいものは食べてはいけない
指令なのです。

見ない顔見ない見ない顔。。
美味しそうなものは、

絶対、絶対にミマシェ~~ん。

 

 

神の道にそって、今だけ
ちゃんとした私を演出しています。

 

 

 

IMG_1657

(あっという間だよね。今の時代、
時間が圧縮できる様になっとるのぅ)

 

 

 

IMG_1656

(帰りの新幹線も、一升瓶を持っとるからね。)

 

仙人社長の指令の通り、
御嶽神社奉納のお酒は純米酒。

金沢の酒屋さんのお姉さんに、

「金沢でしか買えないお酒」という
タイトルが付いていて、

ついでに瓶のシールには、
「幻の酒」と貼ってある日本酒が
あったから、

「これってどうよ。ほんと?」

って聞いてみました。

お店の店員は、
「あっ、これいい加減だと思います。
ここはたいした酒造じゃないですよ。
口ばかりで。

それより、こっちのが良いです。
値段も良心的で、良いお酒を提供
している老舗ですからね」

 

なるほどね~。

お酒も瓶から見えるエネルギーって
あるね。

店員さんから勧められる前に、
買うならこのお酒かな?って
思っていたのが大当たり。

獺祭と同じように風格が有りましたから。

 

さすが、「神の道」・・の流れ
(ちょっと的が外れている発想かしらん顔

 

 

 

IMG_1662

(5時ジャスト。。御嶽神社に到着)

 

宮司さんのところへ、
お酒を奉納させて頂き、

 

今回のミッションを終了。。
(お世話になりました)

 

IMG_1659

(神様から頂戴したもの公開)

 

白山ひめ神社からは、正面にある
お乾菓子です。

御嶽神社からは、御嶽百草丸←胃薬だい。

私は薬はもう10年は飲んだことがない。

でも、Oリング(オーリング)で確認したら、
とってもしっかりと指がくっきました。

私にとって相性が良いものなのね。

神社でちゃんと祈願されている胃薬は、
パワフルな力をお持ちなのでしょう。

 

「神さまのお取次ぎ」・・・・。。

参詣させてもらった感想は
あえて私の心の深いところでこっそりと、

「シー」しときますね。

 

「仙人(せんじん)に  告さずなつく  神の道。。」

 

 

(このお話し、おわりです。ありがとう)