心震える祝詞を求めて (完)

 

(前回、こう書いて終わりました。)

 

なぜ私が、神職を得たいと思ったか!

それは、あまりにも心が通わない
葬式が横行し、

お金は高いし、死者をとても成仏させて
くれているとは思えない。

だから、暖かい心ある
お弔いができないものかと思って、

神職を得てみたいと思ったのが
きっかけです。
その構想は私一人でやるものではなくて、

仲間たちで、そんなセレモニー
できるんじゃないかと思ったからです。

きっかけは、
父、母、義理の兄の葬式を出した時から

違和感を感じていました。

 

お葬式って突然やってくることが
ありますよね。

仮に突然ではなくて、
あらかじめ死期が近づいているのが
わかっていたにせよ、

葬式のことを考える気持ちも余裕も
無いのが本当のところかもしれない。

 

たとえ余裕があったにせよ、
生きているうちから葬式の話を
出すのははばかられるじゃないですか〜。

そうなると、葬儀屋や僧侶の言いなりです。

 

images-12

 

何もいえね〜。。

 

 

最近は、互助会とか色んな葬式事業が
増えているので、問題は少ないかも
しれないけれど・・・。

例えば、もう30年前にはなりますが、
祭壇を50センチ大きくしただけで、

30万円から50万円、次は突然100万円に
パンフレットには記載されていて、

30万円の祭壇はやけにちゃっちゃく見えて、
かといって、50万円が凄いわけでもなく、
祭壇って使い回しですよね。

高輪からワンメーターの僧侶を乗せる
ハイヤー代は、5万円でした。

何よそれ!誰が決めるんや??

 

お坊さんに、
「いくらお包みすればいいですか?」
と聞くと、

指を1本出した。

10万円じゃないですからね。
100万円ですよ。

 

Unknown-5

(ぼく、聞いてないじょ〜)

聞かなきゃ良かったです。
マジで。

結局父の葬式代は、280万円位
かかりました。

私もまだ若かったもので、状況がわからず
業者や僧侶の言いなりです。

ある意味、双方は連携しているので、
こちとら、どうにもなりません。

 

父が亡くなったのは病院です。
検査入院でした。
前の日までピンピンしていました。

食欲もしっかりあり、
明日の朝早くに検査するとの連絡を
前夜にもらい、

帰らぬ人になりました。

 

「病院では、心臓が悪かったので
仕方ないです」とか、
言われただけでした。

前夜にベッドの下に5万円お金が
入った袋があるから取りに来てと
父のことづてがあったけれど、

死人に口無し。

取られてしまっていました。

なんだか、病院から墓場までは
虚しい気持ちの連続です。

人間っぽい感じがどうしても
しないんですね〜。

そのあと、母と義理兄の葬式を出して、
やっぱり、なんか違うんだよな〜って
感じています。

理想かもしれないけれど、
死期が近づいてきたら、
暖かい方達に見守られて

アロマオイルでマッサージされて、
ヒーリングされて、

励まされて、
美しい音楽と祝詞で見送って
もらいたいものだと私は思いました。

葬式坊主や神主や、
バカ高い祭壇なんかは要らない。

美しい音楽と香りと倍音のある
声に包まれて、

皆さんが幸せに死を全うさせたら、

どんなにステキでしょうか!
成仏すること間違いなしです。

Unknown-6

心震える祝詞の言霊に乗って、
極楽浄土の道へ・・す〜ぃす〜ぃ。。

そんなセレモニーができる、ヒーラーと
カウンセラーを育てていきたいと
私は夢見ています。

 

<完>