隠し場所は鳩尾(みぞおち)だもんね/その11

 

前回からの続きです。

このテーマをざっと読み返して見た

で、わかったことは、

「隠し場所は鳩尾(みぞおち)だもんね/その1」
の前に、

「お客様の感想(みぞおち)編」があり、
そこから発展しつつ、
このテーマになったらしい。

で、テーマの流れとしては、

 

抱え込んでいる感情(怒り・悲しみ・恐れ等)
は、体の中の各臓器に保存され、
様々な臓器達は配分された感情を担当します。

その中でどうにもこうにも解決できない、
絶対に隠し続けなきゃならない問題を担当
しなきゃならないのが、

「みぞおちドン」

なのだ。

NHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん

(ただ、「ドン」だけの響きで書いただけ)

(二人で入水自殺・・泣けるで〜)

・・みたいに・・。

西郷ドンは力があるからこそ、
辛い役目を担当させられてしまうもんね。

 

😣ででで、話が逸れないうちに、

ココ、みぞおちドンは、
凄〜くスピリチュアルな居場所なのです。

 

そこには、考えても考えても、
どうにも検討のつかない
恐れ😨が封印されている。

妙な、エネルギー体の感覚だけが
記憶に残っていて、

人生を支配される様なことが起こる。

ソレを長年隠し通して生きていると、
進むべき道から知らず知らずに遠ざかって
しまう。

そう言う感覚は、
大抵はご先祖様の居残り感情と
繋がっていることがある。

 

前世や先祖の呪縛的な恐れが
「みぞおちドン」の奥3〜5センチ位の
所に封印されているのだ。

注意:(信じたい人だけ信じてね)

 

(みぞおち見せちゃうど、ワン・チュー・スリー)

 

だからと言って勘違いしないで欲しいのは、
みぞおちにある感覚、

例えば、
石の様に重い感覚とか、

雑巾を絞った様な捻れた感覚とか、

ドキドキした縮こまった感覚とか、

空虚で中身がすっからかんな感覚とか、

いたたまれない様な腹立たしい感覚とか、

それぞれ人によって、
みぞおちに感じる感覚は様々です。

だからと言ってそれが全部、
前世や先祖の呪縛的な恐れだと
言っているのではないのだ。

それどころか、先祖絡みの恐れ
感覚として残っている人の方が極、稀である。

例えば、
他のセラピストさんに
30回とか50回セッションを
やってもらって、

癒されたし多少楽になってはいるが、
「この人生って何かちゃうんだよね!
ほんまもんの自分を生きている感じがしない。

どこかへ魂を置き忘れている様な・・」

もし、そんな違和感があったとしたら、
ちょっと疑っても良いかもしれないです。

 

話をさらに進めていくと、
テーマ10までをご覧いただきますと、

①テーマ1〜2は、
魔法学校の上品な先輩が
私のお腹の中で呻き声をあげて
苦しがっていた蛇を解放した話でした。

でもそれは蛇ではなくて龍神だった。

 

一方、②テーマ3〜4あたりで出て来た話は、

アロマスクールの生徒さんの体に
巻きついた母親の生き霊が蛇と化していて、

それをアロマの先生が解放させた話でした。

 

お二方の共通点は、
舞の様な手つきをしながら、
体に封印された蛇を解放した事でした。

以下の話も既に書かれていて復習です。

私の見解では、

体に巻き付いている蛇と、
お腹(みぞおち)の中にいて、
出られないで苦しがっている蛇とは

ちと、種類が違う様な感じがします。

体に巻き付いている蛇の場合は、
あくまでも人から付けられてしまったもので、

縄みたいな縛りがあり、
しっかりと喰いついているのです。

これこそが「生き霊」です。

私は霊能者では無いし、除霊の専門家でも
無いので実は良くわかっていないのだ。

こんな断定的なことを書いちゃっても
良いものなのかと思ってはおりますが、

これまでに色んな霊能者の方達との
接点があり、

そこで様々な経験をさせてもらい、
魔法学校においては訳のわからない
霊的な訓練を受け、

見えないものを疑いつつも
セッションで何度も体験させられ、

私の中では段々と真実味が帯びているのだ。

さて、やっと本題に入りますと、
②の生き霊の縛りについては既に書いたので、
①のみぞおちの方に入っている蛇の
パターンの話をしましょう。

 

10年前くらいに魔法学校の先輩の
セッションを受けた時の私は、

特に解決したい問題があった訳ではなく、
オリジナルのヒーリングをやってくれる
と聞いて、

興味深げに千葉だったか?
のセッションルームまで行きました。

確か玄関の入り口に、
妙にデコレーションされた井戸がありまして、

どうやら先輩は龍神さんから
「井戸を掘りなさい!」と言うメッセージを貰い、

素直に井戸を掘り起こしたそうで、
そんな因縁なのでしっかりお祀りされていました。

その水を飲むと
「あ〜たら、こ〜たら良い事が起こる」
と言っておられましたが、
私はあんまり真面目に聞いていません。

要するに近所の人とかクライアントさんが
有難って水を汲みに来るとか
言っていた気がします。

たいてい魔法学校の先輩達はユニークな
事ばかり言うので、いちいちビックリすると
疲れるから、いい加減に聞いている訳です。

また話が逸れそうなので戻すとして、

何を言いたいかと言うと、

どうやらこの先輩は「龍のお使い人」らしく、
人間と龍を結びつけるワークもしているよう
でした。

要するにその人に御縁のある龍を付けて
あげるのが先輩のお仕事らしいっす。

で、私の場合は虹色の神龍をお腹の中から
出してくれたと言うセッションでした。
(よくわかんねぇ〜)

(こんなんっけか??)

 

そういえば「龍と繋げる」・・らしいセッションを
している人を2年くらい前にネットで見つけて、
この方はどんなやり方をしているんだろうか?

と、興味だけでスカイプセッションを
したことがあったっけ。

あんまり印象に残っていないので、
その人の名前も顔も覚えていないんだけど、
確かこんなニュアンスなことを言われました。

「もう、とっくに近くにいらっしゃるし、
既にコンタクトもされていますよね。

しかも、もの凄く大きくて、力は強大で、
龍の中でも知識の宝庫の長老みたいな
龍神さんで、・・ご存知ですよね?」

・・で、結局は龍と繋がっているし、
これ以上のことは出来ないと言われ、

龍と繋げてくれるセッションを見られない
まま終わってもうた。

ちぇ、つまんね〜

(これゴジラと化した龍神・・ウッソ〜)

 

このセラピストさんに何個か質問もしてけど、
目新しい回答はなかった気がする。

結局見えないものって、

ロジックというか証拠というものがないから
シャァないね。

 

さらにだんだん思い出してきた。

1時間セッションをしている間、
1分くらいしか上と繋がっていない
チャネラーさんの事を。(前に書いたかなぁ)

 

(なんだかんだと続いちゃう。
飽きちゃった人はごめんなさい)

*********************

セミナーのお知らせです

【直伝霊気(じきでんれいき)前期】

日時:
5月21日(月)10時から17時
5月22日(火)10時から13時

場所:クオーレテラピーアソシエイツ 
最寄駅(JR大崎駅/池上線・戸越銀座駅/
都営地下鉄浅草線・戸越駅/ 大井町線・戸越公園駅)

料金:48,600円(税・テキスト代・修了書代込み)

☆裏技お伝えいたします。

お問い合わせは、

cuore.nao@gmail.com

 

*****************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録
*********************