隠し場所は鳩尾(みぞおち)だもんね/その2


前回からの続きで、

10年以上前、
魔法学校の先輩から、かなりヘンテコりん
なセッションを受けた事がある。

60歳前後の一見普通に見える、
いかにも上品そうな先輩なのですが、

最初は優しい笑顔でお話しをしているんです。

で、そうこうしていると、
彼女独特のワークが始まるんですね。

突然、ソプラノ声で歌い出したり、
多分祝詞(のりと)のつもりなんでしょうか、

そして、
ヒラヒラと踊りだしたりして、
多分、巫女さんが踊っているつもり
なんでしょうか、

かと言って、まるで浪曲師の様な
ドスの利いた話っぷり🤓で、

彼女なりに見えているらしいものを
低い声👺で話し出す。

ドスな上品先輩:
「那旺さん、あなたの龍が苦しがって

います。

早くここから出してって!
お腹の中で息も出来ないって!

もがいているのです。

ウゥ、く・る・し・い〜🙀」

っと浪曲師の様に、身振り手振りで、

まるで彼女が「息ができない龍」になった
かの様な仕草で、
もがいている姿を実況中継しとる。

 

お姉たま。大丈夫どすか?

(笑いたいけど、笑えない。それで
もがき苦しむ私😹)

で、彼女はさらにこう言う。

上品そうな先輩:
「那旺さん、この龍をお腹から出して
あげていいですか?

もう自由になりたいって言っています」

まだ、低い声。。(し〜ん

 

私が「どうぞお願いします」

と言うと、
その後、まだまだ踊りの様な身振り
は続き、

どうやら私の中にある龍さんを
お腹から救い出しているみたいで、
先輩は、う〜んう〜ん😣と唸っている。

これが上品そうなご婦人がおやりになって
いると、
尚更滑稽で、目の置き場😎がない。

面白すぎて笑って😂まう。

だから・・バレないために
伏し目がちに様子を見るのじゃ〜。

 

(有り難そうにしながら、笑いをこらえる技)

 

で、さらに、

上品そうな先輩:
「あ〜〜〜〜、龍が、
ヴァ〜〜〜〜〜龍が、
これ、虹色の神龍です。
あ〜〜〜〜、ウツクシや〜〜〜〜

さらに、

上品そうな先輩:
「あっ、感謝してこっちを振り返っています。


那旺さんご覧になれますか?

あなたの手足になって働きますって
この虹色の神龍が言っていますが
どうしますか」

那旺:
「どうぞよろしくお願いします」

とりあえず、那旺は言ってみる。

 

先輩は、モソモソと私の神龍さんと
約束を取り交わしているみたいで、

「うん。うん。」

と言って、彼女なりに納得したら、

まるで今までのことが何にも無かったかの様に
あっという間に普通の上品なご婦人に変身して、

もとの談話に戻った。

 

よくわかんね〜。

 

(この世界・・よくわかんね〜

 

まぁこの後、他にも、
色んな人の稀有なセッションを
見て来た私なので、

既に免疫は出来ているのだが、

こんなに先輩たちの行為を
恥ずかしいと思っていた私なのに、

今となっては、
クオーレテラピーアソシエイツに於いて、
龍絡みのセッションを、

超自然にやっとるではないか〜。。

 

で、やっとこさっと本題に入る訳だが、

何故かは判明していないが、
やっぱり龍のセッションになると
「鳩尾」がキーワードになるのよね〜。

(少し続く)

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録
*********************