毒親→改め→ポコ親(その3)

前前回から続ているお話です。

親は無意識に子供に見えない毒蛾の掛かった鍵を手渡してしまっている。

って、どういう事っすか????

(あは〜ん❤︎お母さん、それはどういう事だべ??)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

未熟なポコ親が子供に手渡した鍵によって、
大人になっても見えない鍵を持ち続ける子供は、
人生を生きづらくしている。

心の問題を探求している私は、これに気づいてしまったから、
その原因を白状する事にした。

本来ならば鍛錬したセラピストに息子を委ねたいが、
察知能力の高い彼の性質を頃合良く受け止めつつも解決してくれそうな
セラピストがずっと見つからなかった。

そもそも論だが、
本人がこの問題を悩みとして認識して、解決したいと思っていなければ
論外なのだ。

でも、タイミングさえあえば・・・

きっと・・と、

何年も私はその時を待っていた。

(片目を瞑って片目を開けて〜〜っと、こりゃこりゃ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「一生懸命頑張っているのに何で自分は能力以上の評価を受けないんだろう。
感謝されるどころか頑張れば頑張るほど、痛い目に遭うのは何なん??」

このパターンが毎度続く。
自分は出来る限りの努力をしているのに、
無能で怠けている人の方が評価をされたりしていませんか?

(何だと?ワシが無能とおっしゃるんでゲスか?あんさん)

突然ですが、

私は姉(次女)が嫌いだ!

小さい頃からずうっと我慢していて、
つい数年ほど前まで、私は彼女を嫌っていた。
そして大いに馬鹿にしていた。

私から見たら、姉は意味不明の存在だった。
意味不明とは彼女が自分勝手で理解不能と感じていた。

だから私は嫌いな姉と関わる事をやめました。
自分の安住を求めるためです。
彼女の一つ一つが私をがっかりさせるので、
姉妹だと思う事自体をやめて、会わなければ何も問題は起こらない。

しかし自分の終末を迎えた時、
もし、後悔が残るとしたら、姉を嫌ったまま死ぬことだった。
縁あって姉妹として生まれたものを理解し得ないままで終わらせて
良いものなのか?

親が存命中は、形ばかりは仲良くしているかに見せておいたが、
例え、他界した親の目が無くなったとしても、
親にしてみたら姉妹が仲良くしていたらきっと嬉しいん
じゃないだろうか?と想像してみたのだ。

で、私は姉との交流を一生持つまいと決めていたのを、
とうとう撤回する行動をした。
(ここら辺のエピソードは以前どこかの記事に書いたと思います)

私は自分が産んだ長男が苦手だった。

とにかく嫌だったのだ。
その嫌なところが姉にそっくりだった。

感情的だったり、かと言って自分を守るための正当論は天才的で、
自分勝手なところが苦手で、

私が小さい頃に姉に対して苦情を母親に言うと、
決まって母はいう。

「あの子は気に入らないとかんしゃくを起こすけど、
感情を発散させたら、後まで引かなくて直ぐに忘れて、
さっぱりしているところが良いのよ〜」と。

しかしこちらに何の不備もないのに突然感情をぶつけられた時は、
唖然とするしかないし、
バカと狂気は我慢すべしと言われている様なものだった。

(この人、バカじゃないの〜。あったま悪!)

この時から、姉をバカにして自分はお利口さんだと言う報酬
を得る代わりに、私は姉の身勝手な行動を横目に見ながら、
我慢しなくてはならない鍵を持つ様になった。

で、最終的には身体中、手術で切り傷だらけなのにも関わらず、
病院内で酒をやめない父親と、
脳に血栓があり、狭心症や糖尿病で足が壊死していても、
病院で禁じられているお菓子を買い込んでいる母の介護を、

23歳くらいから一人でする事になってしまった。

何故ならば、私は賢いから一人で我慢しなくてはならない鍵を
持ってしまったからだ。

姉に対する恨みを持ちつつ、理解不能で何の解決策も持たないまま、
姉にそっくりな長男を産んでしまった私は、
やっと姉から逃れたはずなのに、・・・またしも!
これがこの世の学びなんだろうかね〜〜。

私が学ぶだけなら問題はないが、
それをいつの間にか次男に押し付けて鍵を渡してしまった事に、
子育ての時は気づかなかった。

次男は手が掛からなかった。
健康だったし、体も大きく生まれた。

私が長男に手を焼いてイライラしている姿を毎日次男は目撃していた。
時には、愚痴を聞かせていた。

あの子は、姉の産んだ子みたいだ。まるでそっくり。
自分勝手で思いやりがない。
それなのに愛想も良いし、顔も可愛いから、
外ではまるで良い子に思われるだろうが、
そもそも嘘つきだ!

てなニュアンスをかもし出し、長男に姉を投影しまくっていた私は、
そうやってため息をついていた。

きっと口に出さなくてもわかるはずだ。
非言語の私の言葉はあなただけはあんな風にならないでね!

もっと言うなれば、「私の気持ちがわかるなら、
優しいあなたはお兄ちゃんを一緒に嫌いになってね!」

です。。

自分を被害者にして弱々しく見せておきながら、
実はこれを「脅迫」と言います。

親は知らず知らずにこれをやっている。
自分の不満を子供にも荷物として持たすのだ。

そうなると次男は、「自分は甘えてはいけない。
兄貴は手が掛かるしお母さんを苦しめているんだから、
僕は手が掛からない様に
しよう。それがお母さんを喜ばせる方法だ!」

その決断の代わりに彼も私と同様、
我慢して立ち向かわない代わりに、「僕は賢い」
兄貴(目上のもの=社会)をバカにすると言う報酬を得る事になった。

さすがに私も親だから、長男が嫌いなわけじゃない。
可愛くない訳がない。
要するに、自分の思う通りになる時は好きなわけで、
状況や日により、気持ちはコロコロ変わる。

そうなると次男は翻弄されて、
どこへ自分の立ち位置を置いたら良いか分からなくなってしまう。

ビリーフ=信念(苦しい持ち鍵)を掴むプロセスは、
こんな事から始まるのだ。

これは夫婦間の仲が悪い時に、母親が夫を悪者に仕立てて、
子供を味方に付ける為に、よ〜〜く使用する作戦でもあ〜〜る。

(今回も、暗いっすね・・。)

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************