悩みながら観察すること

前回のブログで、「自分の感情で遊んでみようテクニック」に取り組んでくださった物好きな方って、いらっしゃいますか~?

怒りながら、怒っている自分を観察するって、幽体離脱っぽくて面白かったでしょ?

怒っている自分の行為を観察していると、実は本気で怒れなくなっちゃうみたいですよ。

観察しているときの自分は、怒りの着ぐるみを脱いでいる訳なので、ただ観ているだけ~
強いて言えば、観察しながら
「ありゃ~!」とか、「わわっ~!」とか、「ほほっぅ~」とか・・・。
そんな感嘆詞しか感想は出てこない。

要するに、
人は何かを観察することと悩みを同時に考える事はできない。

笑いながら怒るって出来ないみたいに、
ごみ山の悪臭を嗅ぎながら気持ち良くなることが難しいみたいに、
悩みながら観察することは不可能です。

この法則が解ってくると人間の単純さが愛おしくなってくる。

瞑想をすることは「今ここにいる」のと同じ。

瞑想をすることで、思考を空っぽにし、
自分の呼吸や体の感覚や五感を味わい、
内なる小宇宙に誘われるのもよし。

自分の肉体から抜け出し、
目の前の自分や全体を観察し、意識を大宇宙に広げるのも良いじゃない。

どちらも覚りに近づく方法だと思います。

それを味わいきると、

「私って感情を感じるためにココに生まれてきたんだな~」

「神様、こんなに凄いものを作ってくれて、そして与えてくれてありがとう!」

って、心底思えてきて、嬉しくて涙がとまらなくなるのです

桜アップ