恐いもの・わざとみない、みないバ~②

「私もだいぶシンプルな生き方が
出来るようになってきたなぁ」
思えるようになりました。

なぜかと言う・・・と、

私、変な癖があったんです。

それは~、

「嫌だと分かっているのに・・・、」

「ここは、合わないと気づいて
いるのに・・・、」

「選択する意味がないと知って
いるのに・・・、」

つい、恐いもの見たさでわざわざ
選択しちゃう癖があったのです。

でも、今回の美容院の選択では、
→(ここは前回投稿をみてね)
その変な癖を出さないで済んだわ。

体験する必要のないものは、

「要らないのだ」と
直ぐに決められるって、楽ですね。

こうなれたのも、
IHキネシオロジーセラピーの
お蔭だと思います。

私が、IHキネシオロジーで、
どういうセラピーをしたかというと・・・。

「嫌だと分かっているのに、
何故か首を突っ込みたくなる」
という問題を解決することに
しました。

例えば、
私は「ネズミ」が大嫌いなんです。

↑ いやん、嫌わないでチュウー

 

以前は「ネズミ」という言葉を
聞くだけで、一日中
嫌~な気持ちで過ごし、
食欲もなくなる程でした。

彼らに映画出演なんて
されちゃったら、も~う大変。

(ちなみに、ミッキーマウスは
問題ないです。)

もし、「ネズミ」をどうしても言語で
表現しなきゃならない時は、

「ネ」の付く名前のちっこい動物
としか言えなほど、
恐くてビビッていました。

今はネズミは大丈夫になったのですが、
その克服法については、
また近いうちにお話ししますね。

例えば、道路にネズミらしきものが
落ちていたとしよう。

その物体は動かないのだから
当然、生きていない姿な訳だけど、

ふつう、そんなに怖いんだから、
目を背けるでしょ?

それなのに、私はその正体が
何者なのかを、確認せずには
いられないの。

どうしても気になって仕方ない。

たいていは、
汚れた軍手とか、
何らかの落し物や、
木の葉だったりするのですが、

それを確認した私は、

「あ~軍手だった、良かった!」
という具合に、ほっとして納得する。

でも、これが本当にネズミの場合も
時にはあるのよ~。

そんな時私は、「ぎゃ~~~~」

っと悲鳴をあげて、高速で逃げ走る。

つくづく、馬鹿げた話だと思うのに、
確認せずにはいられないのは何故?

この投稿をご覧になっている方で、
私と同じ性分の人って、いますか?

 <続く>