天使星出身者と地底人出身者/その3・ポジティブ投影

(前回の続き)

指名手配・・こんな人知りませんか?

(エゲツナイ地底人を捕まえてくだせ〜)

 

Wo〜〜〜WANTED

 

 

異様に自分の事を宣伝したり、

鼻につくような気取り方をしたり、

凄く親切そうにしたり、

「愛が愛が」と美しぶったり
している奴は、

要注意だ

騙されてはいけませぬ!

 

相手のプロフィールとか、
盛った話をそのまま信じて、
自分を下げる必要はありません。

人を尊重・尊敬するのは決して悪く無いっす。
でも、

崇拝してはなりません。

 

そういうのをポジティブ投影と言います。

その時点で、平等な立場が保てなくなり、
コントロールの映像の中に入ってしまいます。

(お主、どちら様でござんすか?)

 

相手の言葉をそのまま信じるのではなく、
自分を信じましょう。

自分を信じるって、どういう意味ですか?

呑んべい仙人:

「そうじゃな〜、自分の感覚に入って
いけば良いのじゃよ。
ハートに聞いてもかまへん。

なんか、ハートがチクリとしたり、
鳩尾がギュギュッとしたり・・・と、
ケツの穴がもぞもぞしたり、

頭は「そうだそうだ!」とさも偉そうに言うけど、

心は、「なんかちゃうんだけどな〜」って感じたら、

100%ハートに従って良いのじゃ。
それが悟りに向かう早道だでの〜」

 

私はAさんのモーレツな自己宣伝を
聞いた時、

この人、こんなに頑張らなくたって良いのに。
戦わなくても良いのにね〜。

たとえあなたが凄い人じゃなくても、
あなたはあなたで存在できるんだよ!

と、心が呟いた。
そして、この人、嘘ついてる。

そのうち嘘がバレるのに。(未来予言)

自分も騙しているけど、同じ様に人も
騙してる。

今のうちに自分からバラしちゃったら
楽なのに・・なぁ。

と思ったけど、
そんな事を私が面と向かって言えるのは、
彼女が濡れ鼠みたいになって、
私を訪ねて来た時だけだ。

ある講座で、講師に向かってAさんはこう言った。

Aさん:
「私、本当に感激です。
ずっと私が探して来た答えを頂きました。
こんな奥の深い事を私は聞けて、
ハートが嬉しくて張り裂けそうです」

私はそれを聞いて唖然としてしまった。

 

(崇拝されているあんさんが、そんなんでしたの?)

かつてAさんと一緒だったスクールでは、
まさにその教えこそが大基本だった。

そして私達はその大基本を教えるティチャーに
なっていたはずなのに、

それを知らずして、生徒に何を教えていたのだ!

Aさんからはそのスクールでは実績が記録になる
ほどあると聞いたけど、

いくら数多くの生徒に教えていたとしても、
教えの大基本を理解せずに伝えていたのなら、
テクニックばかりの中身のない講座になってしまう。

それでは人は変われない。
変われなくて良いメリットはAさんにしかない。
生徒が変わらなければ、ずっと依存して
離れない。

離れなければ、ずっとお金が搾取できる。

例えば、他の講座で3万円で教えてくれる内容を、
彼女のところでは50万円かかったと
かつての生徒から聞いた事がある。

かなり批判的な言葉の羅列を
お許しくださいまし。

私が伝えたいことは、
Aさんがどうのとか言いたいわけじゃない。

自己価値が低い(嘘をつかないといられない)人に
何かを学んでも、テクニックは受け取れる。・・が、
成長はなかなか期待できないだろう。

ハートのない学びはスカスカだ。

今のこの時代、
どんどんと真実が露呈される周波数に
移行している。

移行するには、

今まではかなりの痛みが伴ったが、
それをしていたら、誰も怖がって
扉を開けたいなんて思わない。

クオーレテラピーのクライアントさんは
変態なのか、
殆どの人はちゃんと痛みに向き合ってくれる。

天使星出身者なのでこの世が苦しすぎて、
仕方ないからなのでしょう。

しかし、私たちは運がいい。
吉報な情報があるのです。

さて〜、この流れで唐突ではありますが、

「フィボナッチ音叉ヒーリング」は、
そこらへんの痛みにも優しくアプローチしてくれて、

ジンワリとフェイドアウトしていきます。

アトランティス時代の叡智が、
今ここに出現した。←(って何言っているかワカンね〜)

ピンと来た人だけ受け取って下さいまし。

とりあえず、このテーマは終わりますが、

次回は、この記事の中にも有った
ポジティブ投影について書いてみます。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************