ビリーフ編・「こどもであってはいけない」④

 

「子供であってはいけない」という
ビリーフを扱おうとしているのに、

 

書いているうちに、
他にも色んなビリーフの話が
飛び交っていることに気付き、

ついつい他の話題に飛びついて
しまいそうな私です。

 

 

飛ぶ着く

(「飛びついてはいけない」はぁ??
ソレってビリーフじゃにゃいにゃんけ!)

 

思考があっちこっちと、
すぐに飛んでしまうわたしは、

お医者さんのところへ
行ったら薬を処方されてしまう
かもしれないね。

 

クライアントさんに、

ADHDとか、境界性人格障害とか、

そういった病名(ある意味レッテル)が
付いている方が来てくださいますが、

彼らがビリーフを手放して
自己価値を復活させたら、
いったいどんな感じになるでしょう

 

本来は潜在的にパワーが有り余って
いる方が多く、

多分、天使星(インディゴ星)から
来てくれたゲストじゃないの天使ちゃんマーク
って思う時がある。

一般人より、ちょっとだけヤンチャな
所もあり、同時にピュアです。

ただ、社会や親に潰されてしまい、
元気をなくしている場合が有りますが、

 

本来のパワーを取り戻す事が出来たら、
「この日本はまんざらじゃなくなる」と、
想像するだけでわくわくします。

 

 

頭の固い概念だらけの大人を
プッシュプッシュする役目の天使星の
使者たちが、

これから、どんどん目覚めて欲しい
ものだと心から応援しています。

 

 

azi

(へへ~ぃ、こんなことも出来ちゃうんだぞ~)

 

さ~て、
話を戻しましょうか~。

 

ところで、
土日にインテグレイティッド・ヒーリングの
(別名IHキネシオロジーともいう)

 

講座を再受講してきました。
3年ぶりです。

 

私は色んなキネシオロジーを学んで
来た中で、IHキネシは特別に好き
なのね。

 
再受講してみて初めて、
一回目の受講では気づかなかった、
IHキネシの奥行きの深さを
しっかりと感じて来ました。

以前学んでいた時は、
色んな手法を覚えるだけで精一杯
だったけど、

その後沢山のセッションを積み
重ねて来てはいるものの、

まだもう一歩の実力だなぁと
思っていた。

ところが、

今回でしっかりツボにはまった感が
あったから、めっちゃ嬉しいのだ。

 

そもそも何でIHの再受講をしたかというと、

ディプロマプロテクショナーを
取得する気になったからなの。

 

ディプロマ資格取得の為には、
再受講は最低条件なんですね。。

 

私のHPには、様々な資格が羅列
されているけれども、

プロフィールには実際とった資格
の半分くらいしか載せていないと思う。

つまり、資格って言ったって、
決まった単位を受講しただけでも
賞状は普通に貰える訳で・・・~~。

単純に、いかにお金と時間を掛けたか!
っちゅうことだもんね。

でも、本当の資格と言うのは
取得した先にあって、
クライアントさんが私達に本当の
資格をくれるのだと思うわけよ。

クライアントさんとセラピストの両方が
幸せになれたかで、
セラピストが初めてディプロマ
の称号を貰えるのじゃ~。

と、いいつつも、

資格とかにあまり価値を感じていない
私が、

なんでIHキネシのディプロマ資格を
取るために再受講したかというと、

天使星の来客であるクライアントさん
が後押しをしてくれたのです。

 

今は細かい事は言えないけど、

「私は、やらにゃ~あかんのじゃマーク

っと奮起させるきっかけを
与えてくれたんですね~。

天使星の人は、そばにいる人を
どんな形であれ、
やる気にさせてくれるみたいです。

概念だらけになっちまった古い精神
をもった地球人たちを、

救いに来てくれてありがとね~。

 

決めつけをするエゴ大人に
つぶされちゃダメだよ。

決めつけ大人は恐れが多いから、
天使星の人を利用したり脅かしたり
するからね。

天使(インディゴ)星から来た
可愛い天使ちゃんたち、

あなたの存在を大いに尊重します。。

 

 (今日は訳の分からない、
自己マン記事ですまんっす)