ビリーフ編・「こどもであってはいけない」③


 

(前回からの続き) 

「子供であってはいけない」という
ビリーフを持つもののパターンを
説明するのに、

私から見た姉の話をご紹介すると、
ビリーフがどんな形で
作られていくのかが分かると思います。

 

 

さて、さっきの場面に戻りましょう。

映像では、
①パジャマのボタンをうまくとめられ
なかった4歳の私に、

いつもなら手際よくボタンを
とめてくれている筈の姉が、
唇を噛み締めて泣いている。

 

②その姿をフリーズして見ている
わたし。

ちゅうことは、
姉を泣かせた犯人がいるはずだ。
目の前の映像では二人しかいないが、
原因は母の様だ。

私の知らないところで、
姉は母に怒られていた。

 

その場面の黒幕に母がいることに
気付いたのは、
つい1年前くらいのことだ。

何故なら「子供であってはいけない」の
ビリーフを持つクライアントさんの
セッションが度重なって、
初めて気づかされたのですメモ

 

姉は優等生でした。

近所でも評判の美人で、スタイルも
良く、勉強が出来るだけでなく
機転の利く娘だったはなまる

 

お風呂上がりの髪の長い姉が、
肩紐のついた透明色のスリップを
身につけ、

髪の毛をとかしている
姿をみると、

ちっこい私からしたら、
曲線の芸術を観ている様で、

まるで天女が降りてきたのかと
思える程、姉は女性輝いていた感情

 

よだれ。。ぽたぽた

 

みいる

(私、天女様に見とれちゃっていましゅ)

 

私の家は出版社に勤務する
平均的な収入の
サラリーマンの父と、

専業主婦の母に、
3人娘の5人家族でした。

しかし問題だったのは、
父は結核で何度も入退院を
繰り返していた。

 

退院すると、直ぐにまた不摂生をし、
入院中も懲りずにお酒を飲んでいた
らしい。

仕事は休まずに行ってくれたが、
夜のお付き合いが絶えなくて、

麻雀やお酒、女性遊びやらと、
平日私は父を見たことはないし、
お酒臭くない父を知らない。

 

母親は結核は贅沢病とか
言っていたが、

まだまだ致死率の高い病気で、
家族は不安だった。

と言うより、母親の不安が経済の
不安だった。

「お父さんはいつ死ぬか分からない
病気だから、
贅沢は出来ないのよ感情

と私たちは聞かされて育ちました。

同じ話を聞かされていても、
姉妹3人はそれぞれ受け取り方が
かなり違ったのは興味深い。

 
このせいで、私は物の良さを
見るより先に、

「これ、いくら?って値段を
一番先に心配する子になった。

 

お金

(お父さんが死んだら、生きてはおれん)

 

ビリーフって環境で作られるとは
言えないんです。

その状況の中で、
自分がどう受け取ったかどうかで、
人生が変わってくるのですね。

 

 

父親が入院をしている時は、
父の看病で母が家を空けるからなのか、

姉が親代わりで小さい妹達の
面倒を見る事になります。

姉が高校に入る時、
定期代がかかるからと言われお金
自分のレベルより低い徒歩圏内の
高校を選びました。

 

部活も入らず、学校から帰って家事を
こなし、成績が優秀でも短大に行く事も
許されなかった。

 

姉は両親に反発する事は多分一度も
無かったと思います。

確かこれは夢では無いと思うが、
姉が高校生の時のことです。

 

姉がお風呂に入っていたところを、
父親が後から入った姿を私は
ちゃいました。

姉は、さっと胸を隠して顔が曇った
けれど、父に何も言い返せなかった。

 

父親は、ニヤッと笑いながら
姉の気持ちを無視してお風呂に
入って行ったのだった。

私は母親に言いつけたが、
母親はたいして気にも留めようとは
しなかった。

この時から私は父親のニヤケタ顔顔
インプットされて、
「父はイヤらしい男だ顔というレッテルが
張りついてしまった。

 

で、こんな決断をしました。

私が結婚する相手は・・・、

お酒に飲まれない人、

弱いものいじめをしない人、
ヒステリーじゃない人、
権力に屈せず、
女にだらしなくない人。

などなどと・・・・・

 

 

 

父みたいな人間と正反対の男性と
結婚すれば、

私は絶対に幸せになれる
と決めていた。
(全て否定語と悪口の連発ですね)

 

きっと、母が話す父親の悪口
聞き続けていなければ、

私はここまで父親をダメな人間だとは
思わなかっただろう。

その極端なわたしの決断が、
その後の人生を左右していくのは
言うまでもない。

 

(続く)