霊能者シリーズ・23・忍耐ハットリくんでしゅ。

 

<前回から続く>

ホテルでは一人部屋。

好き放題リラックスしまひょ。
っときたら、おおビックリ

お電話が・・

 

先生の当時のアシスタントが、

「那旺ちゃん、何やってんの?」

 

私:「お風呂入っている最中だよ」

 

アシスタント:
「何でお風呂なんか入ってるの?
先生もみんなも待っているのに。」

 

私:「え!!そんな約束したっけ?」

 

アシスタント:
「そんなの、約束してなくても
集まるに決まっているでしょ。
も~相変わらずおバカなんだから」

 

私:「そんな法律あったんだ~。
知らんかった。

頼む、聞かなかったこと
しといて。 
私、眠いし。。」

アシスタント:
「もう、バレているよ。
先生の部屋で電話してるんだから。」

 

先生:「那旺ちゃん、どういうこと?」

 

っと、大御所が電話に出て来くさった。

(おっ!言葉を間違えた。
「出てくださった」だったぜぃ。

 

 

私:「け~~、了解いたしやした」

 

 

私のリラックスタイムが消滅してまう。

 

っという、文句ったれの
思いを切り換えて~。。

 

 

えっへん、

参上いたしました。

 

はっとりくん

にんにん。忍耐ハットリくんでしゅ。

 

先生の部屋には、6~7人の
主要メンバーが・・そこに・・。

 

 

あれ~あれれれ

 

みんなどうしたニンニン

 

顔色悪いね

 

何かあったの

 

先生:「那旺ちゃん、あなたには
この状況が分からないの?」

 

私:「みんなが頭に、氷や水晶を
乗せているのだけは、見ればわかる」

 

そこにいる全員:
「ダメだこりゃ~~」

っと・・・・・・・。

 

心の中の私の声。。

「来いと言われたから
来たのに、

みんな辛気臭い顔しちゃって、
挙句の果てに、

駄目だこりゃ!、ってか?」

 

<まるで空気が読めない扱いの
レッテルを貼られた私はまだ続く>