2016年。。ありがと♪


 

わ〜ぃ、今年もあとちょっとだね!

 

振り返るといい年だった。
私にとっての1年間の感覚は、
およそ5年以上に匹敵する訳で、

振り返ったところで、頭がグジャグジャで、
ほとんど記憶にないです。

 

%e8%aa%b0%ef%bc%9f

(スンマセン。「私は誰でしたっけねぇ〜」みたいな)

 

 

それにしても〜・・、
去年よりも・・一昨年よりも・・、どんどん幸せ度が増してくるぅ。
きっと来年は今年よりももっと幸せなんだろうな〜。

とは言っても、
実態は、独りぼっちの年末でございますし、
誰が来るわけでもないお正月を過ごし〜の、
誰も私を招いてくれる人もおらず、

お正月に生存確認の電話をくれる
希少価値のアシスタントくんが存在している!

・・っうくらいなもので・・。

あれれ??
な〜んという可愛そうな境遇の私なんじゃろか!

 

 

旅行に行く訳でもなく(去年一人旅を決行したが、
ちっとも面白くなかった

何か趣味に没頭する訳でもなく、

恋をしている訳でもなく、

思い返せば、
「うなぎを食べれている素敵な私に浸る会」をするのが
唯一の楽しみくらいで〜、

何が幸せかって言われると、わかんね〜だ。

 

かつての私は、
あんなに独りぼっちが寂しくて惨めで切なくて、

かといって、人がいると、一人になりたくて・・。

と言ったわけのわからない奴だったのに、
人間って変わるものだのぅ。

私にとって本当の幸せって、
周りに人がいてくれることじゃなかった
んだね〜。

 

私がいてくれるだけで十分だったのだ。
(っと、誰かが言っている変な言葉・・
何言っているかわかるかな?)

 

自分が自分を幸せにしてあげない限り、
欲しいものが山盛り揃っていても、
それだけじゃ、気がつくと虚しくて不満が募ってしまうものなんや〜。

 

**************

 

引っ越しをしてからというもの、
一戸建ての北側を選んじゃった私のお部屋は
寒くて寒くて・・ブルブル

(セッションルーム・2部屋ある中の施術部屋は、
見晴らしのいい南東の角部屋で暖かなのに)

 

お布団に入っても頭が冷え冷えで朝が起きれない私。
だから・・、

「すぐにまた引っ越したる!」

って決断したのだけど・・・、

 

私はやっぱりついている

 

「寒くて凍え死んだるで〜」っと、こうやって文句を
言いまくっていたら、

 

古くからの友人で生体エネルギーでログハウスを
造っているOさんが、

山梨から生体エネルギーの木で出来たベッドを
作成し、持ってきてくれたのだ〜。

すっごい忙しい人なのに、何とか日程を工面して、
私に暖かな年を越させてあげようと思ってくれたようで、
本当にありがたいのう。

 

寒さを少しでもしのごうと、
雨戸を閉めて、床にはコルクを敷き詰めて・・っと、
エアコンが嫌いだからつけたくないです)

コルクの床にお布団を敷いて湯たんぽ入れて寝ていたわけです。

寝る前までは、99パーセント電磁波カットの電気毛布
で温めておいて、
電気毛布をつけて寝ると脳梗塞の原因になると言われて、
寝る時は電気を消すようにしたけど、

そんなら電磁波カットの高額電気毛布を買った
意味はあったのだろうか??と。)

御嶽山にいた時は、浴槽にはあんまり浸からないで、
シャワーだけで済ませていた私ですが、
こっちでは浴槽に浸かるのは必須になりました。

 

しか〜し、やっぱりその道のプロって凄いね〜

 

私の寝室は、なんだか変な設計の縦長部屋で、
ベッドを置く場所はないに等しく、
そういう発想はどうしても却下された。

ところがOさんは、

部屋奥の収納庫みたいな場所→階段の下になる場所があって、
そこに6個ほど置いてあったクリアーボックスの上に、
生体エネルギーで出来た木を工作して、

ベッドを造ってくれちゃいました。

 

生体エネルギーって、やっぱり凄いです。

うちのまな板は生体エネルギーの木で造ってあるけど、
もう15年は経つが、お魚を調理した後に、
しっかり洗わなくても生臭くないのね。

 

しかし、生体エネルギーの浄水器もすごかった。
気学で吉方位に行くために、
75日つつじケ丘のウイークリーマンションに仮宿した時のこと。
(これを仮吉方取りという)

そこでは酷い生臭いゲロ水道水に圧倒されて、
市販の浄水器(東レだったかな?)をとりあえず付けてはみたが、
何も全く変わらなかった。

もしや、タンクに動物が死んでいる(こわんじゃないだろうか?
っと、震えおののいてしまいました。

そんな時に、またOさんが助けてくれて、
元の住んでいた西大井に置いてきた生体エネルギーの浄水器を
つつじケ丘に移動させてくれたのだ。(また山梨から飛んできてくれた)

 

そしたら、なななんと

今まで通りの美味しい水に変化してしまった。

この時ほど、この浄水器の凄さやありがたさを
思い知ったことはない。(もちろんOさんにも)

生体エネルギーの浄水器の効能はそれだけじゃないのね。
(今回はなご〜なるから説明しない)

てな訳で、私のお部屋はO様様のご慈悲で
すっかり快適になっております。

見た目は、ただの木の上にお布団を敷いただけなのに、
暖かいのだ〜。

お布団の中がヌクヌクなだけでなく、
部屋の空気がほっこり柔らかくなっています。

 

%e3%81%ac%e3%81%8f%e3%81%ac%e3%81%8f

(ワシ。。幸せでごにゃんす

 

 

%e3%81%ac%e3%81%8f%ef%bc%92

(今年も・・これ以上いうことはおまへん。。

 

 

あ〜〜〜これでまた生き延びた〜。
(今、魔女歴では582歳

 

快適になった私は、
これからも幸せを運ぶお仕事が出来るでしょう。

 

私はやっぱり運がいい!

 

でもね、引っ越してから変なアクシデントは
続きまくっております。
・・最終的にはうまくおさまるのだが・・パワーを使いますぅ。

 

気学的には、来年2月頭までは最悪の星廻りの私です。

 

発想を変えて、
「凶と言われる星の巡り通りにそれが顕現している」のなら、
やっぱりこの作用は強運になるのかもしれないね〜。

 

さ〜て、来年は酉年。
歓びの雄叫びを〜、ご一緒に、せーの〜

 

コッコっこっこ・こけこっこ〜

4次元目指してこけこっこ〜

 

%e3%81%93%e3%81%93

(今、こっこにおるでな〜。。・・来年もよろちく

 

那旺