新年早々、死に方プロジェクト②

 

新年早々、死に方プロジェクト

なんで私が死に方構想に興味を持ち出したかというと、
すでに17、8年も前になるだろうか、
アロマの先生の下で学んでいる頃のことです。

アロマの先生から聞いた話ですが、
臨終を迎える前からアロマでボディをマッサージを
してあげると、亡くなった後も死後硬直しないらしいのです。

それを聞いた生徒さんが、亡くなろうとしているお父様に
試みたそうです。
結果は、先生の仰る通りだったそうな。

他にも、ある生徒さんは、
嫁姑の問題で、姑を恨み、大変悩まれていた方でしたが、
アロママッサージを通してお姑さんとの仲が良くなり、
お姑さんが亡くなる前も、亡くなった後もずっとマッサージを
されていたそうです。
やはり死後硬直はなく、亡くなった後のご遺体から、
一筋の涙汗を流したそうです。

私はこの話をご本人から直接伺って、
なんて愛ある素敵な話なんだろうと、感動したものです。

これが、死に方プロジェクトを考え出したきっかけでした。

尊厳ある生まれ方も死に方も私たちは選ぶ権利があるのだ!

そう考え出したら、次から次へと尊厳ある死に方
セレモニーのアイディアが溢れ出てくるのです。

散骨にするとか、音楽葬とかもそれなりに素敵だけれど、
もっともっと崇高な、神聖なる光のワーク的な死に方って、
あるんでないかい?
どんなもんかいな?って思うんよ!!

新年早々まだ続く。
なぜなら、死に方は生き方の始まりだから、
元旦に相応しい話題なのかも…