新年のご挨拶→だども、生まれ方死に方①


新年明けましておめ目でとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

日本の人口でお正月に帰省している人は何%位いるのかしら?
お正月やお盆の帰省ラッシュはまだ一度も体験したことが
ないけれど、体力的に大変そうなイメージ。

それでも、たくさんの人たちが故郷を求めてお帰りになる。

人間って、馴染みのある場所、
無条件に温かく迎えてくれる場所、
自分の好むものを黙っていてもわかってくれる人がいる場所、
自分が帰るのを心待ちしてくれる人がいる場所、
不安なときに道しるべになってくれる人がいる場所、
ただ単純に気持ちいい場所、
など等に、即行、帰りたくなりますよね。

それと同じに生まれてくるときも死ぬ時も一緒だと思います。
だって、まだ体験したことのがないって怖いよね。

そんな時に、温かい手や優しいまなざし、
励ましの声、美味しい食べ物、
ほのかな微香が私たちを迎えてくれる場所が
有ったとしたら、どんなに安心するでしょうか。

私のセッションの中でマトリックス・リバーシング
というものがあります。
すでに私たちは生まれちゃったけど、
もう一度、生まれ変わる儀式をします。
自分が生まれ変わりたいように、
好き勝手にイメージを塗り替えていくセラピーです。
これが、愛があるっちゅうか、ハッピードリームちゅうか、
なんか、やっていて嬉しいんですよね!
セラピーの最後のメインシーン、つまり出産の場面では、
クライアントさんの顔は、ニッコニコニッコニコ。ニコニコ
まるで天使ちゃんおひつじ座です。
そうそう、みんな誰もが天使ちゃんなのだ。
超、かわいいよ~。
(セラピーをされているクライアントさんが
例えひげ面のおでこがやたらと広いおっさんでも)
←おっと~、今年最初の毒舌が始まってしまった。スマン。かお
マトリックス・リバーシングの説明はご興味がある人はHPを見てね。

とりあえず、このセラピーで再誕生をすることにより、
安心安全で無条件に自分を迎え入れてくれる場所創りは
OKとして、
もう一つは、やらねばならねぇのが、
(おっといけねぇ、次郎長言葉になっとる)
故郷に帰りたくなるような死に方なのだ。

私には死に方プロジェクトを以前から温めているのじゃ。
次回につづく。