私に影響を与えた人⑧

 

(前回の続きです)

Kちゃんは次男の小学生時代の同級生の母であり、
私にガッツが有った時代のバレーボールチームの
新人同士であり、

親友と呼ぶに等しい人となる。

親友と呼ぶに等しい人・・って、
「ナニコレ・・回りくどい言い方をしているよなぁ」
て書いておきながら思った。

「親友」と定義した時点で、
他の友人との親しさをランク付けしてしまうみたいで、
少しだけ抵抗が有った。

だから、今までKちゃんを「親友だ」という
位置づけもせずにいたが、
ここで敢えて「親友」といって紹介したい。

大人になってから親友を作るなんて、
なかなか難しいと思っていたけれど・・・、

これまた思うに、

一緒にいた時間や、
思い出の多さとかが絶対なる信頼関係を
作るわけじゃないんだな~って。

いかに自分をさらけ出しても、
どんなに世間にみっともないことをしたとしても、

ただ、ありのままの自分を認めてくれて
受け入れてくれて、

そして質の高い時間をいかに共有できたかが
重要であり、

出来ることなら似たような価値観で、
互いが同じ方向に向かって行けているのなら、
とても楽しい事だろう

 

images (1)

(お帰りなさい。いつも私の心の中にあなたの
居場所はあるんだよ)

 

Kちゃんとは、10年近く会っていなかったけど、

10年会わなかった間に、
私が色々とアホなことをしてきたストーリーを、
言いにくい事も含めて素直に話せたものだ。

「那旺ちゃんが幸せならいいよ。
それで十分だよ」

って、Kちゃんは優しく微笑んで
新しい私を招き入れてくれた。

 

images (2)

(あなたが幸せならそれでいいんよ

 

先週、次男と一緒にKちゃんの家に
行ってきた。

次男とKちゃんが会うのは、
20年ぶりになるだろうか。

Kちゃんは、前よりももっともっと、
幸せになっているように見えた。

パワーと輝きと充実感が感じられる。

次男もきっと同じように見えた事だろう。
明るい表情や張りのある声を聞いただけで、
誰が彼女をステージ4の乳癌と骨まで全身転移した、
癌患者なんて、思うだろうか。

 

Kちゃん:
「4月にさぁ、いい加減この私もお別れだわ!
って
思ってね、

救急車で運ばれて覚悟を決めたんだけど、

だって、今までにない痛さだったから、
気を失いかけたのよ。

でも、普段薬飲んだことが無かったから、
一番弱い痛め止めが効いちゃってさ、
復活しちゃったわ。

緩和ケアの医者もびっくりよ

こんなに元気な末期患者なんてあり得ないって。

噂っていつの間にか広がるもので、
広島から友人達が最期のお別れに
続々と来ちゃってさ、

こんなに元気なもんで、
お部屋が個室だったから、
6~7時間くらいお喋りして帰ったよ。

まるでサロンでお茶会みたいになったから
楽しかったわ。
みんな、拍子抜けしてた~。(ワッはっはっは

それにしても那旺ちゃん流石だね、
私が退院したら直ぐにメールが来たからさ。
こうやってちゃんと分かるんだね!

私、裸とかも見られるのが嫌だから、
看護師さんが着替えとか入浴のケアとか
してくれるというのに、

断っちゃってね。
看護師さん、やることないって言ってた。

自分のことが自分で出来なくなったら
神様に召し上げてくださいって頼んであるからね」

 

・・・・こ~んな調子です。

 

「階段は降りるのに一苦労になってきたよ。
先日、主人と車椅子でラーメンを食べに行ったら、
お店の人に、『足を骨折されたんですか?』

って、聞かれたから、

『これでも全身の骨まで転移した末期患者なんですよ~。』

って答えたら、

お店の人は、どうやってリアクションしたらいいか
分からなくなったみたいで、慌てさせちゃったよ。」

 

まさに、昔のKちゃんのまんまです。
彼女は全く変わらない。
一貫しているのだ。

 

「こうやって主人も退職したから、
一緒にいてくれて、最近は食事の支度も
任せちゃっているんだ。

助かるわホント。。

ご縁ね。この人で良かったって思ってる。

那旺ちゃんちに1回だけ家出をしたもんね!

あの時、ベルを押したら旦那さんが出てきて、
那旺ちゃんはメリーちゃんの散歩に行っていたのに、

那旺ちゃんの旦那さんは、扇風機をあててくれて、
冷たいものも出してくれて、・・・

私を追い返さなかった。

那旺ちゃんが反対の立場だったら、
家の主人だったら、何も対応なんてしなかっただ
ろうに、

何にも言わずに受け入れてくれて、
私、あの時の恩は忘れないんだ。

で、嫌な顔一つしないで、
なにも聞かずに泊めてくれた。。

私、本当に嬉しかった。」

 

彼女からこの話は何度も聞く。
隣で一緒に煙草を吸いながら聞いている
旦那さんも、

そんなことあったなぁ風で、
聞けるような態勢になっているようで・・・。

 

Kちゃん:「この人こうやってタバコ吸うじゃない?
私が癌になったのって、
煙草のせいじゃないかと思っているのね。

他に、癌になる理由がないからなぁ~」

 

那旺:
「確かに・・今時遺伝って~のも、
古い科学の話だしさ、

Kちゃんが性格的に癌になるタイプとは思えない
って私も思っているんだけどさ~」

 

と、隣のソファーで一応換気扇を付けながら
煙草をくゆらせる亭主を二人で見る。。

 

ダウンロード (1)

(アノヒト・・ハンニンっすか?疑惑。。)

 

images (3)

(聞こえないふりの亭主

 

那旺:
「いや、一つだけ気になる理由があるんだ~。

今更ねぇ、理由を知ったり犯人捜しをしたって、
どうなる訳でもないんだけど、

私はそれが怪しいって思っているの。

だから、検証のために今からインタビューするから、
答えてくれる?」

 

Kちゃん:
「もちろんよ。。なんでも聞いて!」

 

(続く)