MK-5



私たちの身体を作っている60兆個の細胞には、

それぞれに特殊な音色が存在しています。

そして音色の乱れとして、なにか変調が来そう!

どうも体調が悪い!などの兆候が出てきます。

その乱れた音色の変化を最新の音調装置MK-5を使って

正確に検知・分析します。

『身体の各部分の細胞の音色を調律することで、健康を維持しましょう!』

そしてトーンダウンしている身体の各部位を

理想的な音色に調律していくことができます。

 


【経 緯】ロシアで軍事医療として開発

旧ソ連軍540万人の兵士のうち、

医師不足と食料事情から多くの兵士が

何らかの体調不良を訴え問題になっていました。

約200名の科学者と医師によって開発され、

将校以上の健康管理の手段の一つとして

開発利用されたのがMK-5の原型です。

その後、宇宙飛行士Dr.ポリヤコフは宇宙での健康管理にMK-5を使用。

438日間の宇宙滞在期間で見事に体調管理を成功させて話題になりました。

keiraku4

ヴァレリー・ヴラジーミロヴィチ・ポリャコフ


 


【原 理】

超低音波(高振幅振動)を利用して

共鳴体内の細胞へ1,8HZ~8,2HZの超低音波を送信。

細胞内に格納されているエネルギーの容量を細胞・遺伝子レベルまで計測

「異状は身体のエネルギーシステムの不均衡から起きる」という

伝承医学の考え方から創られており、

身体内部で起きているエネルギーシステムの変化を探知して

健康状態を診断、自覚症状が起きる前の早期予防を警告します。

 gennri
 


【操 作】

①ヘッドフォンを装着して座るだけ

②気になる箇所を選びオートチェック

③全身230箇所以上をリサーチ、未病の根源を探します 。

sousa1 

 

※所用時間は90分〜2時間の予定したいます。
オート機能にてスキャンしますので人によって時間が異なります。
「おまかせコース」でお申し込みくださいませ

 【 体 験 談 】

●主婦 Oさん(58歳・女性・東京)               

私は 今年の2月21日に右目 23日に左目の 白内障手術をしました。
手術は成功し、視力も良くなりました。
眼鏡の煩わしさから 開放され、快適に思えていたのも束の間、
夜の10時頃になると、目がとても疲れてしまいます。
窓越しに夜景を見ると、一点の灯りが乱反射して暗闇に見えるその姿は、夜のお花畑そのものでした。
綺麗ではあるけれど、まだ目が完全に 良くなっていないと、毎日不安にかられました。

病院に行っても、
不思議ですね? 様子をみましょう と言われ、
3種類の目薬(感染予防など)を 処方されるだけでした。

手術後 2ヶ月程たった頃、クオーレテラピーアソシエイツさんの MK5セラピーに 出会いました。
ヘッドフォンをつけて パソコン画面を見ているだけなのに、
自分の不調を瞬時に見つけて 整えてくれる。
不思議な事に、お医者様に言われ、
自分でも把握している体の不調とぴったり一致していました。

何故こんな物で解るのか?
不思議な気持ちで家に帰り、夜景を見てびっくり!
あの乱反射が全くなくなっていました。
2~3日したら戻るのでは?と、不安でしたが、
あれから3ヶ月以上たっても全く問題ありません。

魔法をかけられた様な気分ですが、 科学は発達しているんだと実感しました。
日本では数限られたこの治療に出会えた事に、感謝の気持ちで一杯です。
有り難うございました。
LATEST WORK